交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 後遺障害等級別アプローチ
交通事故外傷と後遺障害


■後遺障害等級別アプローチclick!

■別表気1、2級?click!

■2別表狂絨箴祿嘉級1級click!

■3別表狂絨箴祿嘉級2級click!

■4別表狂絨箴祿嘉級3級click!

■5別表狂絨箴祿嘉級4級click!

■6別表狂絨箴祿嘉級5級click!

■7別表狂絨箴祿嘉級6級click!

■8別表狂絨箴祿嘉級7級click!

■9別表狂絨箴祿嘉級8級click!

10別表狂絨箴祿嘉級9級

等級別後遺障害のアプローチ

 

 

10 別表供仝絨箴祿嘉級 9 級

9

1 両眼の視力が 0.6 以下になったもの、

2 一眼の視力が 0.06 以下になったもの、

3 両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの、

4 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの、

5 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの、

6 咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの、

7 両耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話声を解することが出来ない程度になったもの、

8 一耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することが出来ない程度になり、他耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの、

9 一耳の聴力を全く失ったもの、

10 神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することが出来る労務が相当な程度に制限されるもの、

11 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することが出来る労務が相当な程度に制限されるもの、

12 一手の親指又は親指以外の 2 の手指を失ったもの、

13 一手の親指を含み 2 の手指の用を廃したもの又は親指以外の 3 の手指の用を廃したもの、

14 一足の第一の足指を含み 2 以上の足指を失ったもの、

15 一足の足指の全部の用を廃したもの、

16 生殖器に著しい障害を残すもの、

616

35

26

9-1 両眼の視力が 0.6 以下になったもの、

 9-2 一眼の視力が 0.06 以下になったもの、

 9-3 両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの、

受傷後、見ようとする部分が見え難い、目前や周りが見え難い等の自覚症状から、気付くことが多いのですが、視野とは眼前の 1 点を見つめている時に、同時に見ることの出来る外界の広さのことです。


視野障害があれば、宮本武蔵の二刀流、佐々木小次郎の燕返しもあり得なかったと思われるのです。

眼で見た情報は、網膜から後頭葉の視中枢に伝達されます。

この視覚伝達路に損傷を受けると、視力や視野に異常が出て来るのです。

右目で捉えた実像と、左眼で捉えた実像は、それぞれ視神経を通じて、大脳の視中枢に運ばれますが、左右の視神経は途中で半交差します。これにより、左右の目で感知された情報を脳内で合体させ、更に物体を立体的に見ることが出来るのです。 視野は、ゴールドマン視野計検査で立証します。


日本人の正常な視野の平均値

 

上 60

上外 75

外 95

外下 80

下 70

下内 60

内 60

内上 60

計 560

右眼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左眼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右図は日本人の正常な視野の平均値を説明しています。

8 方向の角度の正常値は合計で 560 °となります。

この合計値が 60 %以下、つまり 336 °以下となった場合、視野狭窄と認められます。

1 ガンで 3 級 2 号、両眼で 9 級 3 号が認定されます。

半盲症、交叉半盲、同側半盲、 4 分の 1 半盲と呼ばれていますが、視覚伝達路が視神経交叉又はその後方で損傷を受けると、注視点を境に両眼の視野の左半分や右半分を欠損します。 

両眼視野の 4 分の 1 を欠損するものも半盲症と説明します。

視野変状には視野欠損と暗点があります。

視野欠損とは不規則な欠損を、暗点とは盲点以外の視野に出来る島状の欠損を説明します。

後遺障害の対象は盲点以外の絶対暗点となります。

 

ゴールドマン視野計の他にフリッカー検査があります。

この検査は視神経障害の診断に有効な力を発揮します。
フリッカー検査の正常値は 40 〜 50c/s 、検査値が 26 〜 34c/s であれば、再検査が必要となります。

前後 3 回の検査を受け、数値の最も低いものを記載します。
25c/s 以下であれば、著しい低下となり、視野狭窄で後遺障害の認定対象となります。

9-4 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの、

瞼に著しい欠損を残すものとは、瞼を閉じた時に角膜を完全に覆うことが出来ない状況を説明しています。

単眼で 11 級 3 号、両眼で 9 級 4 号が認定されます。

瞼の一部に欠損を残すものとは、瞼を閉じれば角膜は完全に覆うことが出来るものの、白目が露出する状況を説明しています。単眼で 14 級 1 号、両眼で 13 級 3 号が認定されています。

瞼の欠損は、外貌の醜状障害としても捉えることが可能です。
両方の観点から捉え、何れかの上位等級を認定することになります。

 9-5 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの、

鼻の欠損とは、鼻軟骨部の全部又は大部分の欠損を説明しています。
機能に著しい障害を残すとは、嗅覚の脱失又は鼻呼吸の困難を説明しています。

鼻の欠損は、耳と同じく、外貌の醜状として捉えることが出来ます。
女性の場合、鼻の欠損は、外貌の醜状で捉えれば 7 級 12 号に該当します。
この場合、先の 9 級 2 号と併合するのではなく、上位等級である 7 級 12 号が認定されるのです。

9-6 咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの、

咀嚼の機能に障害を残すものは、ご飯、煮魚、ハム等は問題がないが、たくあん、ラッキョウ、ピーナッツ等は駄目のケースを説明しており 10 級 2 号が認定されます。
何れも先の原因が医学的に確認できることを認定の条件としております。

言語の機能に障害を残すものとは、 4 種の語音の内、 1 種の発音不能のものを説明しており 10 級 2 号が認定されます。 咀嚼と言語の両方の機能に障害を残した場合は 9 級 6 号が認定されます。

9-7 両耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話声を解することが出来ない程度になったもの、

両耳が 60dB 以上または 50dB 以上で、かつ、最高明瞭度が 70 %以下であれば 9 級 7 号が認定されます。

 9-8 一耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することが出来ない程度になり、他耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの、

1 耳が 80dB 以上で、かつ、他耳が 50dB 以上であれば 9 級 8 号が認定されます。

 9-9 一耳の聴力を全く失ったもの、

90dB 以上のものであれば 9 級 9 号が認定されます。

9-10 神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することが出来る労務が相当な程度に制限されるもの、

1 従来の脳損傷=低次脳機能障害では、一般的労働能力は残存しているが、神経系統の機能又は精神の障害のため、社会通念上、その就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの、つまり、身体的能力は正常であっても、脳損傷に基づく精神的欠損症状が推定される場合、てんかん発作や眩暈発作発現の可能性が、医学的他覚所見により証明出来る場合あるいは軽度の四肢の単麻痺が認められ、高所作業や自動車運転が危険であると認められる場合が、これに該当します。

2 高次脳機能障害では、就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの?

一般的労働能力は残存しているが、神経系統の機能又は精神の障害のため、社会通念上、その就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの=一般就労を維持できるが、問題解決能力などに障害が残り、作業効率や作業維持力などに問題があるものと説明しています。

3 抗痙攣剤を内服する限りにおいては、数ヶ月に 1 回程度若しくは完全に発作を抑制しうる場合、又は発作の発現はないが脳波上明らかにてんかん性棘波を認めるもの、=通常の労働は可能であるが、その就労する職種が相当な程度に制限を受けるものは 9 級 10 号が認定されます。

 

外傷性てんかんの後遺障害等級

1 級 1 号

てんかん発作のため、常時介護を要するもの、

2 級 1 号

十分な治療にかかわらず、意識障害を伴う発作を多発、平均して週に 1 回以上するもの、

3 級 3 号

十分な治療にかかわらず、発作に伴う精神の障害のため、終身労務に服することが出来ないもの、

5 級 2 号

十分な治療にもかかわらず、発作の頻度又は発作型の特徴などのため、一般 平均人の 4 分の 1 程度の労働能力しか残されていないもの、

「てんかんの特殊性からみて、就労可能な職種が極度に制限されるもの、」

7 級 4 号

十分な治療にもかかわらず、 1 ヶ月に 1 回以上の意識障害を伴う発作があるか、又は発作型の特徴のため、一般 平均人の 2 分の 1 程度の労働能力しか残されていないもの、

「てんかんの特殊性からみて、就労可能な職種が著しく制限されるもの、」

9 級 10 号

抗痙攣剤を内服する限りにおいては、数ヶ月に 1 回程度若しくは完全に発作を抑制しうる場合、又は発作の発現はないが、脳波上明らかにてんかん性棘波を認めるもの、

「通常の労働は可能であるが、その就労する職種が相当な程度に制限を受けるもの」

12 級 13 号                                       

発作の発現はないが、脳波上に明らかにてんかん性の棘波を認めるもの、

4 頭痛・頭重感の発生のメカニズムは多様ですが、交通事故外傷でこれを捉える場合、

‘部の挫傷や創傷の部位から生じる疼痛、
動脈の発作性拡張で生じる血管性頭痛、片頭痛はこれの代表的なものです。
7柯堯頭部の筋より疼痛が発生する筋攣縮性頭痛、
じ綏柯交感神経の異常により発生する頚性頭痛、
ゾ絨矛杰牲个猟砲澆梁膰綟神経痛と後頭部から額面や眼にかけての三叉神経痛あります。
当然に、これらを具体的に立証しない限り、後遺障害等級の認定はありません。
最近、片頭痛にはトリプタン系の治療薬で著名な改善が得られています。

事故受傷後、頭痛が継続している被害者は、脳神経外科や脳神経内科を受診し、原因を突き止める必要があります。一般的な労働能力は残存しているが、激しい頭痛により、時には労働に従事することが出来なくなる場合があるため、就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるものは 9 級 10 号が認定されます。
私は、頭痛で 9 級 10 号を未だ経験していません。

5 めまい・失調・平衡機能障害で、一般的な労働能力は残存しているがめまいの自覚症状が強く、かつ、他覚的に眼振その他平衡機能検査の結果に明らかな異常所見が認められるものは 9 級 10 号が認められます。

 6 疼痛性症候群、 CRPS 、 RSD 、カウザルギーで、一般的な労働能力は残存しているが、疼痛により時には労働に従事することが出来なくなるため、就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるものは 9 級 10 号が認定されます。

 7 脊髄損傷で、一般的労働能力はあるが、明らかな脊髄症状が残存し、就労の可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるものは 9 級 10 号が認定されます。

9-11 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することが出来る労務が相当な程度に制限されるもの、

胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することが出来る労務が相当な程度に制限されるもの、=社会通念上、その就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるものは 9 級 11 号の認定です。

1 呼吸器の障害は、別表気 1 級 2 号を参照して下さい。

2 循環器=心臓機能の障害では、おおむね 6METs を超える強度の身体活動が制限されたもの、
=平地を健康な人と同じ速度で歩くのは差し支えないものの、平地を急いで歩く、健康な人と同じ速度で階段を上がるという身体活動が制限されるもの、
MET s(メッツ)とは、安静座位の酸素摂取量= 1METs = 3.5ml/KG/min の何倍の酸素摂取量にあたるかを示す単位のことです。 運動・作業強度の単位として用いられる指標です。

3 ペースメーカを植え込んだもの、
巷では、埋め込んだと言いますが、医学では植え込んだと説明します。 
ペースメーカーではなく、ペースメーカです。

4 心臓の弁を置換、房室弁または大動脈弁を置換し、継続的に抗凝血薬療法を行うもの、

5 食道の狭窄による通過障害を残すもの、

6 胃の障害では、消化吸収障害+ダンピング症候群が認められるもの、消化吸収障害+胃切除後逆流性食道炎が認められるもの、

7 残存する空腸および回腸の長さが 100 儖焚爾箸覆辰燭發痢
どうして計測するの? 小腸の生体での長さは 3m です。 切除した長さで判断します。
計測しないでバケツに捨てられる? 前もってお願いしておかなければなりません。

8 小腸または大腸の皮膚瘻を残すもので、瘻孔から漏出する小腸または大腸の内容がおおむね 100ml/ 日以上のもの、皮膚瘻とは組織の不快部分に形成された膿瘍を原因として皮膚の表面に通じている穴、瘻孔のことです。

9 用手摘便を要するもの、手で掻き出している状況

10 便失禁を残すものでは、常時おむつの装着が必要なもの、

11 肝臓機能障害では、ウィルスの持続感染が認められ、かつ GOT ・ GPT が持続的に低値を示す肝硬変の場合、

12 膵臓の障害では、外分泌機能の障害と内分泌機能の障害の両方が認められるもの、

13 腹壁瘢痕ヘルニア等を残すものでは、常時ヘルニアの脱出・膨隆が認められるもの、または立位でヘルニアの脱出・膨隆が認められるもの、

14 腎臓を亡失、 GFR 値が 51 〜 70ml/ 分を示すもの、
腎臓は失っていないが、 GFR 値が 31 〜 50ml/ 分を示すもの、
腎臓の障害は、腎臓の亡失と腎臓を失っていないものに分類、糸球体濾過値で後遺障害等級を認定することになりました。 以前は腎機能に問題があっても、亡失以外は門前払いの状況でした。 親切な改正と考えています。
GFR の値は、小数点以下を切り上げます。 このことも、主治医はご存知ありません。
いつの場合でも、知っている被害者だけが、有利に事を進められるのです。

15 尿路変更術では、尿禁制型尿路変更術を行ったもの、禁制型尿リザボアおよび外尿道口形成術を除きます。

16 排尿障害では、残尿が 100ml 以上のもの、

17 尿失禁では、切迫性尿失禁または腹圧性尿失禁のため、常時パッド等を装着しているが、パッドの交換を要しないもの、
膀胱の畜尿量は 200 〜 300ml あり、 150ml で軽い尿意、 250ml で強い尿意が起こります。
排尿は、 1 日 1500ml 、昼間の覚醒時で 4 、 5 回、夜間の就寝時で 2 回、合計 7 回の排尿が成人の平均と言われています。 昼間の覚醒時で 8 回以上、夜間の就寝時で 3 回以上の排尿を頻尿と説明します。
くしゃみ等の生理的な反射や階段の昇り降りなどの動作をきっかけに、お腹に力が加わったときに起きる尿失禁を腹圧性尿失禁、前触れもなく尿がしたくなり、その高まりが急なためトイレまで間に合わなくて失禁してしまうのが切迫性尿失禁といいます

18 生殖器の障害では、

 ̄茎の大部分を欠損したもの=陰茎を膣に挿入することが出来ないと認められるものに限る、
∨峙障害を残すもの、
射精障害を残すもの、
ょ憾狭窄を残すもの=陰茎を膣に挿入することが出来ないと認められるものに限る、
ノ沼Δ陵餞匹諒頂燭泙燭鰐着を残すもの、頚管に閉鎖を残すものまたは子宮を失ったもの=画像所見により、認められるものに限る、

9-12 一手の親指又は親指以外の 2 の手指を失ったもの、

9-13 一手の親指を含み 2 の手指の用を廃したもの又は親指以外の 3 の手指の用を廃したもの、

9-14 一足の第一の足指を含み 2 以上の足指を失ったもの、

9-15 一足の足指の全部の用を廃したもの、

9-16 生殖器に著しい障害を残すもの、

9 級 11 号胸腹部臓器の障害で説明しています。


■11別表狂絨箴祿嘉級10級click!

■12別表狂絨箴祿嘉級11級click!

■13別表狂絨箴祿嘉級12級click!

■14別表狂絨箴祿嘉級13級click!

■15別表狂絨箴祿嘉級14級click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト