交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 後遺障害等級別アプローチ
交通事故外傷と後遺障害


■後遺障害等級別アプローチclick!

■別表気1、2級?click!

■2別表狂絨箴祿嘉級1級click!

■3別表狂絨箴祿嘉級2級click!

■4別表狂絨箴祿嘉級3級click!

■5別表狂絨箴祿嘉級4級click!

■6別表狂絨箴祿嘉級5級click!

■7別表狂絨箴祿嘉級6級click!

■8別表狂絨箴祿嘉級7級click!

■9別表狂絨箴祿嘉級8級click!

■10別表狂絨箴祿嘉級9級click!

■11別表狂絨箴祿嘉級10級click!

12別表狂絨箴祿嘉級11級

等級別後遺障害のアプローチ

 

 

12 別表供仝絨箴祿嘉級 11 級

11

1 両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの、

2 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの、

3 一眼のまぶたに著しい欠損を残すもの、

4 十歯以上に歯科補綴を加えたもの、

5 両耳の聴力が 1m 以上の距離では小声を解することが出来ない程度になったもの、

6 一耳の聴力が 40 儖幣紊竜離では普通の話声を解することが出来ない程度になったもの、

7 脊柱に奇形を残すもの、

8 一手の人差し指、中指又は薬指を失ったもの、

9 一足の第一の足指を含み 2 以上の足指の用を廃したもの、

10 胸腹部臓器に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの、

331

20

15

11-1 両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの、

調節機能は、眼の水晶体が担当しています。
水晶体は、近くの物を見る時は膨張、遠くの物を見る時は縮小して、奥の網膜に像を結ぶのです。
カメラに置き換えて、ピント合せと理解して下さい。

調節力はジオプトリ、 D の単位で表します。

検査にはアコモドポリレコーダーが調節機能測定装置として使用され、調節力が 2 分の 1 以下となったものが後遺障害の対象となります。

 

5 歳年齢ごとの調整力=治癒時の年齢です

年齢

15

20

25

30

35

40

45

50

55

60

65

調節力

9.7

9.0

7.6

6.3

5.3

4.4

3.1

2.2

1.5

1.35

1.3

自動車事故により 1 眼を受傷した場合、他眼との比較で調節力を判断し、両眼を受傷した場合は、上記の年令別調整力値により判断されています。
調節力の 1.5D は、実質的な調節機能を失っている状況を示しています。
従って、被害者の年令が 55 才以上である時は、等級認定の対象になりません。
老眼鏡を愛用している人は、調節力を失った証なのです。

眼球の水晶体を摘出し、調節力が完全に失われた場合は、等級に該当します。
しかし、このケースでも 55 歳以上は排除されているのです。

調節機能障害は少なくとも 3 回以上の検査を重ね、その結果がほぼ一定で、正常な人の 2 分の 1 以下であれば、著しい調節機能障害として単眼で 12 級 1 号、両眼で 11 級 1 号が認定されます。

1 眼に調節力障害を残す 30 歳の被害者を例にすると、
1 眼の近点距離が 35cm 、遠点距離が∞であったとして、
近点の屈折力は、 100 ÷ 35cm = 2.85D
遠点の屈折率は、 100 ÷∞= 0D
調節力は、 2.85D − 0D = 2.85D となり、 6.3D の 2 分の 1 以下となります。
1 2 級 1 号が認定されます。
こんなことは、全く憶える必要はありません。

 運動障害は 10 級で詳細を説明しています。

11-2 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの、

眼瞼の運動障害は、顔面や側頭部の強打で、視神経や外眼筋が損傷されたときに発症します。

Horner 症候群、動眼神経麻痺、眼瞼外傷、外転神経麻痺が、代表的な傷病名です。

≠曚鯤弔犬襦甦竄枴頂拭
≒曚魍ける=眼瞼挙上、
瞬き=瞬目運動、これらが瞼の 3 つの主要運動です。

瞼に著しい運動障害を残すものとは、瞼を閉じた時に、角膜を完全に覆えないもので、兎眼と説明します。 
同じく、瞼を開いた時に、瞳孔を覆うもので、これは、眼瞼下垂と説明します。
単眼で 12 級 2 号、両眼で 11 級 2 号が認定されますが、男女とも、相当に深刻です。

11-3 一眼のまぶたに著しい欠損を残すもの、

瞼に著しい欠損を残すものとは、瞼を閉じた時に角膜を完全に覆うことが出来ない状態です。
単眼で 11 級 3 号、両眼で 9 級 4 号が認定されます。
欠損ですから、運動障害よりは上位の等級となります。
瞼の欠損は、顔面の醜状障害としても捉えられ、比較して上位の等級が認定されています。

11-4 十歯以上に歯科補綴を加えたもの、

11-5 両耳の聴力が 1m 以上の距離では小声を解することが出来ない程度になったもの、

オージオメーター検査で、両耳の聴力が 40dB 以上のものです。

11-6 一耳の聴力が 40 儖幣紊竜離では普通の話声を解することが出来ない程度になったもの、

オージオメーター検査で、一耳の聴力が 70dB 〜 80dB 未満のもの、
スピーチオージオメーター検査で、 50dB 以上、かつ、最高明瞭度が 50 %以下のもの、

11-7 脊柱に奇形を残すもの、

〃枋任箒珊椎の圧迫骨折で椎骨が楔状変形を起こしたもの、
椎間板ヘルニアの手術でヘルニアを除去し、そこに腸骨から骨移植を行い固定したもの、
脊柱管狭窄症、後縦靱帯骨化症等により 3 椎以上の椎弓の切除や拡大形成術を受けたもの、
上記のいずれかに該当する場合は、 11 級 7 号が認定されます。

椎間板の切除術=ラブ法、レーザーによる PLDD では 11 級 7 号の認定はありません。
脊柱固定術を行った脊椎間に癒合が認められないものを除く? 難しく表現されています。

従来は、 銑を原因として脊柱の可動域が 2 分の 1 以下になれば、 6 級 5 号が認定されていましたが、認定基準が改正され、廃止されました。

11-8 一手の人差し指、中指又は薬指を失ったもの、

人差し指、中指、薬指、小指では、指先から、 DIP → PIP → MP の 3 つの関節が存在します。
指を失ったものとは、 PIP より先を失った状態です。

11-9 一足の第一の足指を含み 2 以上の足指の用を廃したもの、

足指の用を廃したものとは、母趾では、 IP 、 MP 関節のいずれかが、その他の足指では PIP 、 MP 関節のいずれかが 2 分の 1 以下の可動域制限を残すものをいいます。
その他の足指の DIP 関節は認定対象ではありません。

11-10 胸腹部臓器に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの、

一般的労働能力は残存しているが、胸腹部臓器の機能の障害が明確であって労働に支障を来すものは、 11 級 10 号が認定されています。

1 呼吸器の障害では、動脈血酸素分圧が 70Torr 以上で動脈血液炭酸ガス分圧が限界値範囲外のレベル、
スパイロメトリーの検査で 55 <% 1 秒量≦ 70 または 60 <%肺活量≦ 80 を示すもの、
呼吸器の障害は、別表気 1 級 2 号で詳しく説明しています。

2 循環器の障害、心臓の機能が低下したものでは、おおむね 8METs を超える強度の身体活動が制限されるもの、

(例)平地を急いで歩く、健康な人と同じ速度で階段を上がるという身体活動に支障がないものの、それ以上激しいか、急激な身体活動が制限されるもの、

MET s(メッツ)とは、安静座位の酸素摂取量= 1METs = 3.5ml/KG/min の何倍の酸素摂取量にあたるかを示す単位のことです。 運動・作業強度の単位として用いられる指標です。

心臓の弁を置換したものでは、房室弁または大動脈弁を置換したもので、抗凝血薬療法を受けていないもの、
大動脈に偽腔開存型の解離を残すもの、

3 胃の障害では、消化吸収障害、胃切除後逆流性食道炎は認められないが、ダンピング症候群を残すもの。
消化吸収障害、ダンピング症候群は認められないが、胃切除後逆流性食道炎を残すもの、

4 小腸を大量に切除したものでは、残存する空腸および回腸の長さが 100 僂鯆兇 300 冖にとなったもので消化吸収障害が認められるもの、消化吸収障害は BMI20 以下で立証できます。

5 大腸を大量に切除したものでは、結腸の全てを切除する等、大腸の殆どを切除したもの、
大腸の生体での長さは、 1.5m です。

6 小腸または大腸の皮膚瘻を残すものでは、瘻孔から少量ではあるが明らかに小腸または大腸の内容が漏出する程度のもの、
皮膚瘻とは組織の不快部分に形成された膿瘍を原因として皮膚の表面に通じている穴、瘻孔のことです。

7小腸または大腸に狭窄を残すもの、
どうやって立証するの? 
小腸は単純 XP で小腸ケルクリングひだ像が認められれば認定されます。
大腸は単純 XP で貯留した大量のガスにより結腸膨起像が相当区間認められれば認定されます。

8 便秘を残すものでは、用手摘便=手で便を掻き出す以外のもの、
小腸または大腸に外傷があって、その結果、便秘になったものが対象です。
外傷性頚部症候群で、生まれつきの便秘を強調して 11 級? そうは問屋が卸しません。
便秘を残すものについては、排便に関する神経の損傷があることが条件となります。
その上で、排便回数が週 2 回以下の頻度で、恒常的に硬便であれば、認定がなされるのです。

9 便失禁を残すものでは、常時おむつの装着は必要ないものの、明らかに便失禁があると認められるもの、

10 肝臓の障害では、ウィルスの持続感染が認められ、かつ GOT ・ GPT が持続的に低値を示す慢性肝炎の場合、

肝臓には 1 分間に 1000 〜 1800ml の血液(これは心臓から送り出される血液量の 25 %に相当します)が流れ込み、有毒物質の解毒、グリコゲン・アミノ酸・タンパク質・脂肪の合成、分解、貯蔵を行っています。

臓は体内最大の臓器で、重さは成人で 1200 〜 1400 gあります。


人間の生命維持活動に重要な機能を果たしており、 5 分の 4 を切り取ってもやがて元の大きさに戻るという他の臓器にない復元力を備えているのです。

11 膵臓の障害では、外分泌機能または内分泌機能の障害のいずれかが認められるもの、
膵臓は脂肪、蛋白、炭水化物を分解するための膵液を生産しています。 

この働きを外分泌機能といいます。
インスリンやグルカゴンは糖や脂質代謝を行うホルモンですが、膵臓はこのホルモンも分泌しています。
このホルモンの分泌を内分泌機能と説明しています。

軽微な膵液瘻を残したことにより、皮膚に疼痛を生じるケースがあります。

これは局部の神経症状として 12 級または 14 級が選択されています。

 12 腹壁瘢痕ヘルニア等を残すものでは、重激な業務に従事した場合等腹圧が強く掛かるときにヘルニアの脱出・膨隆が認められるもの、
ヘルニアとは鼠径ヘルニア、いわゆる脱腸がよく知られています。 
これ以外にも腹壁瘢痕ヘルニア、腹壁ヘルニア等があります。

13 腎臓の障害

泌尿器は、腎臓、尿管、膀胱と尿道で構成されています。
腎臓は背中側の腰の高さにある一対の臓器です。
血液中の老廃物をろ過し、尿を作る体の排水処理場です。

拳よりもやや大きめで 130 gの重さがあり、脾臓と同じくソラマメの形をしています。
余談ですが、腎臓には心臓が送り出す血液の 4 分の 1 が送り込まれ、糸球体でろ過します。
ほぼドラム缶一本 180ml の原尿をろ過し続け、 1 日に 1.5 リットルの尿を排泄するのです。

GFR の値

31 〜 50ml/ 分

51 〜 70ml/ 分

71 〜 90ml/ 分

91ml/ 分

腎臓を亡失

7 級

9 級

11 級

13 級

腎臓を失っていない

9 級

11 級

13 級

-

腎臓の障害は、腎臓の亡失と腎臓を失っていないものに分類、糸球体濾過値で後遺障害等級を認定することになりました。 以前は腎機能に問題があっても、亡失以外は門前払いの状況でした。 親切な改正と考えています。
GFR の値は、小数点以下を切り上げます。 このことも、主治医はご存知ありません。
いつの場合でも、知っている被害者だけが、有利に事を進めることが出来るのです。

14 尿路変更術を行ったものでは、外尿道口形成術を行ったもの、
腎臓で生成された尿は腎盂から尿管を経て膀胱に畜尿され、尿道を通じて体外に排尿されます。
この経路を尿路といいます。 
健常な膀胱の機能は、尿を失禁することなく安定して貯める畜尿機能と、尿意に基づいて自分の意思で残尿なく排出する排尿機能、この 2 つの機能が両立しなければなりません。

非尿禁制型尿路変更とは、排泄口、ストマから絶えず流れ出る尿を袋、パウチで集尿する手術法で、禁制型尿リザボアは、腸管を使用して体内に畜尿可能なパウチを作成、失禁防止弁を有する脚を介して腹壁にストマを形成します。 畜尿機能はあるも排尿機能はなく、ストマから自己道尿を必要とします。
しかし、ストマは小さくパウチの装着は不要です。

これら以外の尿禁制型尿路変更術とは、 S 状結腸に尿管を吻合し直腸に尿を畜尿します。 肛門括約筋により尿禁制が保たれ、人工排泄口、ストマは必要なく、自分の意思で排尿、排便のコントロールが可能となります。

15 排尿障害を残すものでは、残尿が 50 〜 100ml 未満であるもの、

尿道狭窄のため、糸状プジーを必要とするもの、
膀胱は都合のよい時まで尿をためておく貯水池の役目を果たしています。 通常の場合で 250ml 、牛乳瓶 1 本分より少し大目の量を貯蔵可能です。

尿道は読んで字の如しですが、男性で 16 〜 20cm 、女性で 4 〜 5cm の長さです。
男性生殖器、日本人の陰茎の平均的な長さは弛緩時で 8cm です。
これに対して女性の膣の長さは 10cm です。
巷では「大物伝説」が語リ続けられていますが、大きけりゃいい?これは都市伝説の類です。

16 頻尿を残すもの、

17 尿失禁を残すものでは、切迫性尿失禁または腹圧性尿失禁のため、パッドの装着は要しないが下着が少し濡れるもの、

膀胱の畜尿量は 200 〜 300ml あり、 150ml で軽い尿意、 250ml で強い尿意が起こります。
排尿は、 1 日 1500ml 、昼間の覚醒時で 4 、 5 回、夜間の就寝時で 2 回、合計 7 回の排尿が成人の平均と言われています。
昼間の覚醒時で 8 回以上、夜間の就寝時で 3 回以上の排尿を頻尿と言います。

くしゃみ等の生理的な反射や階段の昇り降りなどの動作をきっかけに、お腹に力が加わったときに起きる尿失禁を腹圧性尿失禁、前触れもなく尿がしたくなり、その高まりが急なためトイレまで間に合わなくて失禁してしまうのが切迫性尿失禁といいます。

18 生殖器の障害では、狭骨盤または比較的狭骨盤が認められるもの、

産道狭窄により、正常分娩が不能となったもの、
骨盤骨の奇形障害を伴う場合には、骨盤骨の奇形障害に対する評価を含め、上位等級である胸腹部臓器の障害として認定されています。

胸腹部臓器の障害は症状固定後に悪化する可能性が高いと言われています。
従って、将来の再発を考慮して、全ての検査を受け、検査結果を記録として残しておくことが絶対に必要です。


■13別表狂絨箴祿嘉級12級click!

■14別表狂絨箴祿嘉級13級click!

■15別表狂絨箴祿嘉級14級click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト