交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 後遺障害等級別アプローチ
交通事故外傷と後遺障害


■後遺障害等級別アプローチclick!

■別表気1、2級?click!

■2別表狂絨箴祿嘉級1級click!

■3別表狂絨箴祿嘉級2級click!

■4別表狂絨箴祿嘉級3級click!

■5別表狂絨箴祿嘉級4級click!

■6別表狂絨箴祿嘉級5級click!

■7別表狂絨箴祿嘉級6級click!

■8別表狂絨箴祿嘉級7級click!

■9別表狂絨箴祿嘉級8級click!

■10別表狂絨箴祿嘉級9級click!

■11別表狂絨箴祿嘉級10級click!

■12別表狂絨箴祿嘉級11級click!

■13別表狂絨箴祿嘉級12級click!

■14別表狂絨箴祿嘉級13級click!

15別表狂絨箴祿嘉級14級

等級別後遺障害のアプローチ

 

 

15 別表供仝絨箴祿嘉級 14 級

14

1 一眼のまぶたの一部に欠損を残し又は睫毛はげを残すもの、

2 三歯以上に対して歯科補綴を加えたもの、

3 一耳の聴力が 1m 以上の距離では小声を解することが出来ない程度になったもの、

4 上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの、

5 下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの、

6 一手の親指以外の手指の指骨の一部を失ったもの、

7 一手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することが出来なくなったもの、

8 一足の第三の足指以下の 1 又は 2 の足指の用を廃したもの、

9 局部に神経症状を残すもの、

10 男子の外貌に醜状を残すもの、

75

5

4

14-1 一眼のまぶたの一部に欠損を残し又は睫毛はげを残すもの、

これは睫毛の生えている瞼の周縁の 2 分の 1 以上にハゲを残すものに限って認定されます。
単眼で 14 級 1 号、両眼で 13 級 4 号が認定されています。

瞳孔は、通常は光に反応して収縮します。
支配しているのは自律神経ですが、眼に入る光量が低下すると最大 6mm の大きさに散大するのです。

外傷によって瞳孔が開いたままとなり、光に対する反応が消失又は減弱したものを外傷性散瞳といいます。

瞳孔の対光反射は認められるが不十分であり、羞明を訴え労働に支障を来たすものは、単眼で 14 級、両眼で 12 級相当が認定されています。

14-2 三歯以上に対して歯科補綴を加えたもの、

歯牙の障害

10 級 4 号

14 歯以上に対し歯科補綴を加えたもの、

11 級 4 号

10 歯以上に対し歯科補綴を加えたもの、

12 級 3 号

7 歯以上に対し歯科補綴を加えたもの、

13 級 5 号

5 歯以上に対し歯科補綴を加えたもの、

14 級 2 号

3 歯以上に対し歯科補綴を加えたもの、

歯の後遺障害は、 10 級で詳細を説明しています。

14-3 一耳の聴力が 1m 以上の距離では小声を解することが出来ない程度になったもの、

オージオメーター検査で聴力が 40dB 〜 70dB 未満のものです。

14-4 上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの、

14-5 下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの、

いずれも、被害者の手のひらの面積との比較です。
指の部分は除いて計算、長さの比較ではありませんのでご注意下さい。
詳細は、 12 級で説明しています。

14-6 一手の親指以外の手指の指骨の一部を失ったもの、

14-7 一手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することが出来なくなったもの、

遠位指節間関節= DIP 関節のことです。

14-8 一足の第三の足指以下の 1 又は 2 の足指の用を廃したもの、

指にあっては、末節骨の長さの 2 分の 1 以上、その他の足指にあっては、末関節以上を失ったもの、
親指および第 2 指にあっては、中足趾節関節= PIP 関節、または趾関節= MP 関節に、健側に比して運動可能領域が 2 分の 1 以下に制限されたもの、
第 3 、 4 、 5 指にあっては、完全強直又は完全麻痺のもの、

14-9 局部に神経症状を残すもの、

外傷性頚部症候群では、神経系統の障害が医学的に推定されるもので、自覚症状を神経学的検査の異常で説明出来るもの、画像所見が認められても、年令変性所見であった場合は、 14 級 9 号の認定になります。

 14-10 男子の外貌に醜状を残すもの、


前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト