交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 下肢・足趾の後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


■下肢・足趾の後遺障害click!

■(1)下肢の切断障害click!

■(2)足趾の切断障害click!

■1)股関節の機能障害click!

■2)膝関節の機能障害click!

■3)足関節の機能障害click!

■4)足趾の機能障害click!

■5)下肢の神経麻痺click!

6)下肢の動揺関節

6)下肢の動揺関節


主として膝関節のACL前十字靱帯、PCL後十字靱帯の断裂により、動揺関節が出現しています。

等級

内容

8級7号

1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
動揺関節で労働に支障があり、常時固定装具の装着を絶対に必要とする程度のもの

10級11号

1下肢の3大関節中の1関節の機能に、著しい障害を残すもの
労働に多少の支障はあっても、固定装具の装着を常時必要としない程度のもの

12級7号

1下肢の3大関節中の1関節に機能の障害を残すもの
通常の労働には固定装具の装着の必要性がなく、重激な労働等に際してのみ必要のある程度のもの
習慣性脱臼や弾撥膝がこれに該当します。

動揺関節が認められるときは、ストレス・レントゲン検査で左右差を立証します。

テロスSE使用によるストレスXP撮影

これまでの経験則では、以下が認定されています。
10mm以上の動揺性で8級7号
8〜10mmの動揺性で10級11号
5〜8mmの動揺性で12級7号

膝の動揺関節は、 ACL前十字靱帯、 PCL後十字靱帯の断裂で発症しています。
MCL内側側副靱帯の断裂でも、側方左右の動揺性で12級7号が認定されていますが、MCLの部分断裂で、MCL靱帯損傷にとどまるものは、動揺関節として、後遺障害の対象になりません。


■7)下肢の短縮障害click!

■8)下肢の関節に人工骨頭や人工関節が置換されたときclick!

■9)下肢の奇形障害click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト