交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 下肢・足趾の後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


■下肢・足趾の後遺障害click!

(1)下肢の切断障害

(1)下肢の切断障害

等級

喪失率(%)

内容

1級5号

100

両下肢を膝関節以上で失ったもの、
仝坿慇瓩砲いて寛骨と大腿骨を離断したもの、
股関節と膝関節との間、つまり大腿部で切断したもの、
I┫慇瓩砲いて、大腿骨と下腿骨を離断したもの、

2級4号

100

両下肢を足関節以上で失ったもの、
”┫慇瓩搬関節との間、つまり下腿部において切断したもの、
足関節において、下腿骨と距骨とを離断したもの、

4級5号

92

1下肢を膝関節以上で失ったもの、

4級7号

92

両足をリスフラン関節以上で失ったもの、
足根骨において切断したもの、中足骨と足根骨とを離断したもの、

5級5号

79

1下肢を足関節以上で失ったもの、

7級8号

56

1足をリスフラン関節以上で失ったもの、

これまでの経験則

1)友人宅前の路上で、自車のトランクにゴルフバッグを積み込んでいるときに、前方不注視の乗用車が追突し、その際、両足を車体と車体の間に挟まれたもので、傷病名は、両側脛・腓骨開放性骨折、右大腿骨開放性骨折など、左下腿骨膝下切断で5級5号が認定されています。

2)路側帯を歩行中に、後方から大型貨物車に跳ね飛ばされ、その上、左下肢を轢過されたもので、傷病名は、左大腿骨開放性挫滅骨折など、左膝上の切断で4級5号が認定されています。

3)加害者のトンネル内における無謀な追い越しで正面衝突となったもので、右大腿骨々幹部開放性骨折、右下腿骨々幹部開放性骨折など、右大腿骨切断で4級5号、併合3級が認定されています。

4)スクーターで檀家に向かう途上の住職が、後方から乗用車の追突により跳ね飛ばされ、左大腿骨顆部開放性粉砕骨折、左膝窩動脈損傷により、左膝上切断となり、4級5号が認定されています。

5)直進中の自動二輪車に対向右折の普通貨物車が衝突し、右大腿骨頚部骨折、右膝関節の脱臼・骨折、右膝窩動脈の断裂により、右下肢膝上切断で4級5号が認定されています。

6)横断歩道を歩行中の被害者に、左折の貨物トラックが衝突、右骨盤マルゲーニュ骨折、内腸骨動脈損傷、出血性ショック、右大腿骨々幹部開放性骨折、右大腿部高度挫滅により、右膝上切断となり4級5号、併合3級が認定されています。

7)原付バイクで山間部を走行中、センターラインオーバーの乗用車と正面衝突したもので、右脛・腓骨開放性骨折、右膝窩動脈断裂などにより、右膝上切断となり、4級5号が認定されています。

8)信号機の設置された交差点で、直進車と対向右折トラックが出合い頭衝突し、そのはずみで、トラックが前方の歩道に乗り上げ、信号待ちの歩行者を跳ね飛ばしたもので、右脛・腓骨開放性挫滅骨折、左膝高原骨折などで、右膝下の切断で5級5号、左膝の用廃との併合で3級が認定されています。

下肢の切断は、歩行者や自転車VS自動車、原付や自動二輪車VS自動車が中心ですが、センターラインオーバーによる車同士の正面衝突でも発生しています。
大腿骨果部骨折、膝関節脱臼、脛・腓骨開放骨折などに合併する膝窩動脈損傷は、血行再建が遅れると、膝上切断となる重症例です。


膝窩とは、膝の後ろのくぼんだ部分、○印です。

切断肢は、XP撮影で容易に立証することができます。

いずれも、連携の弁護士が受任し、地方裁判所支払基準をベースに円満解決としています。
多少の被害者過失があっても、人身傷害保険に加入していれば、穴埋めすることができます。
相手損保との話し合い解決は、選択肢にありません。


■(2)足趾の切断障害click!

■1)股関節の機能障害click!

■2)膝関節の機能障害click!

■3)足関節の機能障害click!

■4)足趾の機能障害click!

■5)下肢の神経麻痺click!

■6)下肢の動揺関節click!

■7)下肢の短縮障害click!

■8)下肢の関節に人工骨頭や人工関節が置換されたときclick!

■9)下肢の奇形障害click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト