交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 下肢・足趾の後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


■1:下肢の総論click!

■下肢の欠損障害click!

下肢関節の機能障害

下肢・足趾の後遺障害

 

●下肢関節の機能障害

( 1 )下肢の用を全廃したもの

股・膝・足関節の完全強直とは、健側に比して患側の運動可能領域が 10 %以内に制限され、足趾の障害が加わるもの、股・膝・足関節の完全麻痺、およびこれに近い状態で足趾の障害が加わるものを言います。
これらは両下肢で 1 級 6 号が、 1 下肢で 5 級 7 号が認定されます。

関節の用を廃したものとは、関節の完全強直またはこれに近い状態にあるもの、神経麻痺等により自動運動不能またはこれに近い状態にあるものを言います。
人工骨頭または人工関節を挿入置換したものは、認定基準改正により排除されました。
1 下肢の 2 関節の用廃は 6 級 7 号が、 1 関節の用廃は 8 級 7 号が認定されています。

関節の機能に著しい障害を残すものとは、健側に比して患側の可動域が 2 分の 1 以下に制限されているもので、 10 級 11 号が認定されます。

関節の機能に障害を残すものとは、健側に比して患側の可動域が 4 分の 3 以下に制限されているもので、 12 級 7 号が認定されます。

( 1 )股関節

部位

主要運動

参考運動

股関節

膝屈曲

伸展

外転

内転

合計

外旋

内旋

正常値

125 °

15 °

45 °

20 °

205 °

45 °

45 °

8 級 7 号

15 °

5 °

5 °

5 °

30 °

 

 

10 級 11 号

65 °

25 °

25 °

5 °

120 °

25 °

25 °

12 級 7 号

95 °

15 °

20 °

10 °

145 °

35 °

35 °



8 級 6 号 関節の強直
関節の強直とは、関節の完全強直またはこれに近い状態を言います。これに近い状態とは、関節の可動域が、原則として健側の可動域の 10 %程度以下に制限を受けているものを言います。
股関節の屈曲の正常値は 125 °で 10 %は 12.5 °となりますが、判定は 5 °単位で切り上げますから、この場合は 15 °以下となります。
整形外科医が作成した後遺障害診断書に屈曲 97 °? 
こんなのを見かけますが、角度の計測は 5 °単位の切り上げで記載します。 

このケースでは 100 °いつの場合でも末尾の数字は 0 か 5 になります。

主要運動が複数ある関節では、いずれの主要運動も全く可動しないまたはこれに近い状態になったときに限って、 8 級 7 号が認定されます。 
股関節では、膝屈曲・伸展・外転・内転でそれを立証しなければなりません。
主要運動が複数ある関節とは、肩関節と股関節です。

10 級 11 号、 12 級 7 号 関節の機能障害
股関節では、主要運動、つまり膝屈曲・伸展・外転・内転のいずれか一方が 2 分の 1 以下、 4 分の 3 以下に制限されていることが認定の要件となります。

参考運動を評価の対象とするケース
股関節の屈曲が 70 °で健側の屈曲が 130 °であるとき、 130 ÷ 2 = 65 ° 65 + 10 = 75 °となり、患側の可動域はこれを 5 °下回ります。このケースでは、参考運動である外旋・内旋の 1 つが 2 分の 1 以下であれば、 10 級 11 号が認定されます。

股関節の屈曲が 100 °で健側の屈曲が 130 °であるとき、 130 ÷ 4 × 3 = 97.5 ° 97.5 + 5 = 102.5 °となり、患側の可動域はこれを 2.5 °下回ります。このケースでは、参考運動である外旋・内旋の一つが 4 分の 3 以下に制限されているときは、 12 級 6 号が認定されます。

下肢の股関節では、主要運動の可動域が 2 分の 1 以下、又は 4 分の 3 以下をわずかに上回る場合、当該関節の参考運動が 2 分の 1 以下または 4 分の 3 以下に制限されているときは、 10 級 11 号、 12 級 7 号が認定されます。
そして、このわずかとは?股関節で著しい機能障害 10 級 11 号の判断では 10 °股関節で機能障害 12 級 7 号の判断では 5 °とされています。

( 2 )膝関節

部位

主要運動

膝関節

屈曲

伸展

合計

正常値

130 °

0 °

130 °

8 級 7 号

15 °

5 °

20 °

10 級 11 号

65 °

5 °

70 °

12 級 7 号

100 °

5 °

105 °

膝関節に参考運動はありません。

( 3 )足関節

部位

主要運動

足関節

背屈

底屈

合計

正常値

20 °

45 °

65 °

8 級 7 号

5 °

5 °

10 °

10 級 11 号

10 °

25 °

35 °

12 級 7 号

15 °

35 °

50 °

足関節に参考運動はありません。

主要運動の合計値は 65 °で骨折・脱臼した方が 50 °以下であれば 12 級 7 号が認定されます。

足関節の 4 分の 3 は 48.7 °ですが 5 °単位で切り上げますから 50 °となります。
小数点を巡る攻防で緊迫した場面ですが、信頼している主治医が目検討で 45 °?となると、この瞬間にラストハードルを跳び越え、非該当の谷底に真っ逆さまです。
37 歳男子であれば、地方裁判所支払基準で 1770 万円がトンデトンデトンデトンデ、消えてなくなって何もかもが終わるのです。痛い目にあって、支障も残して後遺障害が非該当になるのです。
普通は、しばらく立ち直ることができません。

下肢の機能障害では、以下の 4 つのハードルが設定されています。
5 級 7 号、下肢の用を全廃したもの? 8 級 7 号、関節の用を廃したもの?
10 級 11 号、関節の機能に著しい障害を残すもの? 12 級 7 号、関節の機能に障害を残すもの?

受傷後 6 ヵ月を経過した症状固定の段階、つまり後遺障害診断を受けるときの状態で、等級が判定されているのです。

その後のリハビリで改善が得られても、すでに認定された等級には、何の影響も与えません。この点をじっくりと考えてください。

10 級は 2 分の 1 以下の制限で、 12 級は 4 分の 3 以下の制限ですが、 3 、 5 年も経過すれば、ほぼ全員に改善が認められています。このことを医学では、日にち薬?と説明しています。

等級の認定は先のハードルを憲法にして厳格に適用されます。

八百屋さんで終業間際に白菜を買ったら、おまけでにんじんをくれた?これはよくある光景ですが、 Nliro 調査事務所の爺さんでは、それを期待しても笑われるだけです。おまけが考慮されることは一切ありません。

12 級 7 号が対象の被害者は、これを外すと、ラストハードルで、もう後がありません。

取り憑かれたようにリハビリ通院を続け、ビッコ引き引き非該当では、泣いても泣き切れません。

そして、日にち薬で改善は得られますが、 10 級を獲得した被害者が 5 年後に全力疾走していた? 

こんなことはあり得ないのです。ショボイ改善で、支障は一生続くのです。

結論は、受傷から 6 ヵ月を経過したら症状固定として後遺障害診断を受ける!これに尽きます。


■下肢の奇形障害click!

■2:下肢の後遺障害等級click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト