交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 眼の外傷の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1.眼の仕組みと後遺障害についてclick!

■2.眼瞼=まぶたの外傷click!

■3.外傷性眼瞼下垂 (がいしょうせいがんけんかすい)click!

■4.外傷性眼瞼下垂 (がいしょうせいがんけんかすい)click!

■5.ホルネル症候群click!

■6.外転神経麻痺 (外転神経麻痺)click!

■7.滑車神経麻痺 (かっしゃしんけいまひ)click!

■8.球結膜下出血click!

■9.角膜上皮剥離 (かくまくじょうひはくり)click!

■10角膜穿孔外傷 (かくまくせんこうがいしょう)click!

■11.前房出血 (ぜんぼうしゅっけつ)click!

■12.外傷性散瞳 (がいしょうせいさんどう)click!

■12.外傷性散瞳 (がいしょうせいさんどう)click!

■13.涙小管断裂 (るいしょうかんだんれつ)click!

■14.外傷性虹彩炎click!

■15.虹彩離断 (こうさいりだん)click!

■16.水晶体亜脱臼 (すいしょうたいあだっきゅう)click!

■17.水晶体脱臼、無水晶体眼click!

■18.外傷性白内障 (がいしょうせいはくないしょう)click!

■19.眼窩底破裂骨折 (がんかていはれつこっせつ)click!

■20.視神経管骨折 (ししんけいかんこっせつ)click!

■21.硝子体出血 (しょうしたいしゅっけつ)click!

■22.外傷性網膜剥離 (がいしょうせいもうまくはくり)click!

■24.外傷性黄斑円孔(がいしょうせいおうはんえんこう)click!

■25.眼底出血 網膜出血・脈絡膜出血click!

■26.眼球破裂 (がんきゅうはれつ)click!

■27.続発性緑内障 (ぞくはつせいりょくないしょう)click!

28外傷性斜視

外傷性斜視

 

斜視には、内斜視、外斜視、上斜視、下斜視の4種類があります。
片目が正常な位置にあるときに、
‘蘯仍襪箸蓮△發κ卻の目が、内側に向いている、
外斜視とは、もう片方の目が、外側に向いている、
上斜視とは、もう片方の目が、上側に向いている、
げ室仍襪箸蓮△發κ卻の目が、下側に向いている状態のことです。

自動車や自転車、歩行中の交通事故などで、頭部、眼部に対する強い打撃により斜視となることがあり、外傷性斜視と呼ばれています。
眼窩底ふきぬけ骨折は、斜視を伴う代表的な傷病名です。
頭部外傷、外傷性くも膜下出血では、外転神経などの視神経が影響を受け、眼球運動に障害が起こることもあります。

斜視の原因の1つに、眼球打撲による眼筋と呼ばれる目の筋肉の損傷があります。
眼球を動かす筋肉を外眼筋と呼びます。
外眼筋には6種類の筋肉があり、それぞれ眼球を下に向かせる上斜筋、眼球を上に向かせる下斜筋、眼球を上内側に向ける上直筋、眼球を下内側に向ける下直筋、眼球を内側に向ける内側直筋、眼球を外側に向ける外側直筋があり、眼球はこれら6つの筋肉の収縮によってバランスを保たれ、一定の視力を持った両眼視を可能としているのですが、外眼筋を構成するこれら6つの筋肉のいずれかもしくは複数の筋肉の損傷により、バランスが崩れると斜視や複視を発症するのです。

脳神経のひとつである視神経は、眼で見たものを脳の中枢へと伝える通路の役割があります。
視神経萎縮症でも、症状の1つに斜視があります。

治療先は、町の開業医ではなく、大学病院にある神経眼科を受診します。
神経眼科では、目の外傷や病気にとどまらず、中枢神経・自律神経・脳神経など、幅広く扱います。
神経眼科を専門とする研究機関である日本神経学科学会は、神奈川県相模原市の北里大学医療衛生学部内に設置されています。

外傷性斜視における後遺障害のキモ?
ー仍襪砲茲覺禝紊留親鮎祿欧認められるときは、ゴールドマン視野計、フェルスター視野計、大型弱視鏡による検査で注視野検査を受けます。

単眼注視野の範囲

正常値

上50

上下50

外50

外下50

下50

下内50

内50

内上50

計400

右眼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左眼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注視野の広さが、2分の1以下に制限されれば、著しい運動障害として、単眼で12級1号、両眼で11級1号が認定されます。

眼球運動障害として後遺障害等級に該当しないものであっても、モノが二重に見える複視の症状があるときは、ヘスコオルジメーター検査を受け、立証します。


 

ヘスコオルジメーター

正面視の複視は、両眼で見ると高度の頭痛や眩暈が生じるので、日常生活や業務に著しい支障を来すものとして10級2号、左右上下の複視は正面視の複視ほどの大きな支障はないものの、軽度の頭痛や眼精疲労は認められるので、13級2号が認定されます。

視神経管骨折などの傷病名では、視神経管萎縮による視力障害と外傷性斜視による眼球運動障害を残すことがあります。
視力障害と眼球運動障害は、個別に立証して、併合による等級を獲得しなければなりません。

 

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト