交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 胸腹部臓器の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


1.胸腹部臓器の外傷と後遺障害について

胸腹部臓器の外傷と後遺障害について
 

胸腹部臓器の外傷と後遺障害について、本格的に取り組みます。
胸腹部臓器の外傷と後遺障害は、自賠法では、以下の5つに分類されています。
仝撞朶
⊇朶調
J部臓器
と臟器
ダ舷4

複数の臓器に障害を残すときは、併合によって、障害等級が認定されています。
複数の臓器に障害を残し、常時や随時の介護を必要とする重症例では、別表気適用されています。

この30数年間、胸腹部臓器の外傷と後遺障害のサポートは、誰よりも多くを経験してきました。
しかし、なんといっても、症例数は圧倒的に少なく、その都度、必死に学習して立証するのですが、
等級獲得後、時が経てば、それらの努力も、すっかり、忘れてしまうことを繰り返してきたのです。
忘れてしまったことを引っ張り出しながら、記事出しを続ける、苦難の道が続きます。

呼吸器の仕組みについて

ヒトは、息をしながら、美味しいものを食べて、命を長らえています。
生命を維持するには、酸素と栄養素を体内に取り込むことが必要不可欠です。
酸素を体内に取り込むのは呼吸器系、栄養素を取り込むのは消化器系の仕事です。

ところが、ここに2つの問題があります。
取り込まれた栄養素は、吸収されると、酸化して二酸化炭素=炭酸ガスを発生させます。
体内に炭酸ガスが充満すると、さまざまな障害を引き起こすことになります。
ヒトが生きるには、酸素を取り込み、不要となった炭酸ガスを排出し続けなければならないのです。

さらに、酸素は、栄養素と違って、体内に備蓄することができません。
酸素の供給が停止すると、大脳で8分、小脳で13分、延髄・脊髄では45〜60分を経過すれば、
組織は死滅し、生命を失います。
したがって、呼吸器系は、24時間、酸素を取り込み、炭酸ガスを排出し続けており、
生命を維持する上で、非常に重要な役割を担っているのです。

肺は、心臓を挟んで左右に1つずつあります。
心臓の位置が、やや左寄りで、左肺は右肺に比較すれば、小さくなっています。
肺は、右が上・中・下葉の3つ、左は上・下葉の2つに分かれています。
両肺は、横隔膜の上に乗っており、支えられています。

肺は、空気の吸入と排出を行い、肺胞で、酸素を血液中に取り込み、
血液中の二酸化炭素=炭酸ガスを排出するガス交換を行っています。
気道の大部分と肺胞の全部は、肋骨、脊椎、肋間筋、横隔膜に囲まれてできた、
胸郭の籠の中に収納されており、胸郭は、収縮・拡張を繰り返し、
肺の中に空気を取り入れ、押し出すポンプの役目を果たしています。

気道とは、空気中の酸素を肺胞に導き入れ、肺胞内の二酸化炭素を外界へ排出する導管のことです。
気道は、口腔⇒鼻腔・副鼻腔⇒咽頭⇒喉頭⇒気管⇒気管支⇒細気管支という経路となっています。

胸膜は、肺を直接包み込んでいます。
左右の肺に挟まれた胸腔の正中部は縦隔と呼ばれ、心臓、胸腺、気管、気管支、食道、大動脈、大静脈、胸管、
神経などの器官が存在しています。


■2.肺挫傷 (はいざしょう)click!

■3.皮下気腫、縦隔気腫 (ひかきしゅ、じゅうかくきしゅ)click!

■4.気管・気管支断裂 (きかん・きかんしだんれつ)click!

■5.食道の仕組みclick!

■6.外傷性食道破裂 (しょくどうはれつ)click!

■7.咽頭外傷(いんとうがいしょう)click!

■8.横隔膜の仕組みclick!

■9.外傷性横隔膜破裂・ヘルニアclick!

■10.心臓の仕組みclick!

■11.心膜損傷、心膜炎 (しんまくそんしょう、しんまくえん)click!

■12.冠動脈の裂傷click!

■13.心挫傷、心筋挫傷 (しんざしょう、しんきんざしょう)click!

■14.心臓・弁の仕組みclick!

■15.心臓、弁の損傷click!

■16.大動脈についてclick!

■17.外傷性大動脈解離 (だいどうみゃくかいり)click!

■18.心肺停止 (しんぱいていし)click!

■19.過換気症候群 (かかんきしょうこうぐん)click!

■20.肺血栓塞栓、肺脂肪塞栓 (はいけっせんそくせん、はいしぼうそくせん)click!

■21.外傷性胸部圧迫症click!

■22.腹部臓器の外傷click!

■23.実質臓器 肝損傷 (かんそんしょう)click!

■24.実質臓器 胆嚢損傷 (たんのうそんしょう)click!

■25管腔臓器 肝外胆管損傷 (かんがいたんかんそんしょう)click!

■26.膵臓の働きclick!

■27.実質臓器 膵臓の損傷click!

■28.脾臓の働きclick!

■29.実質臓器 脾臓損傷 (ひぞうそんしょう)click!

■30.管腔臓器 胃の働きclick!

■31.外傷性胃の破裂 (いのはれつ)click!

■32.小腸の働きclick!

■33.管腔臓器 小腸穿孔 (しょうちょうせんこう)click!

■34.大腸の働きclick!

■35.管腔臓器 大腸穿孔、大腸破裂click!

■36.腹壁瘢痕ヘルニアclick!

■37.腹膜・腸間膜の障害click!

■38.腎臓の働きclick!

■39.腎挫傷、腎裂傷、腎破裂、腎茎断裂click!

■40.尿管、膀胱、尿道の働きclick!

■41.尿管外傷 (にょうかんがいしょう)click!

■42.膀胱の外傷click!

■43.尿道の外傷click!

■44.外傷性尿道狭窄症click!

■45.神経因性膀胱click!

■46.尿崩症 (にょうほうしょう)click!

■47.脊髄損傷と排尿障害click!

■48.実質臓器 副腎の損傷click!

■49.急性副腎皮質不全 (きゅうせいふくじんひしつふぜん)click!

■50.男性の生殖器click!

■51.女性の生殖器click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト