交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 胸腹部臓器の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1.胸腹部臓器の外傷と後遺障害についてclick!

■2.肺挫傷 (はいざしょう)click!

3.皮下気腫、縦隔気腫 (ひかきしゅ、じゅうかくきしゅ)

皮下気腫、縦隔気腫 (ひかきしゅ、じゅうかくきしゅ)
 

※胸膜 左右それぞれの肺および胸壁の内側を覆う2枚の薄い膜、
※胸壁 皮膚から胸膜までの壁のようになっている部分で、肋骨や筋膜からなる部分、
※胸郭 胸椎・肋骨・胸骨で囲まれた籠、 ※胸腔 肺と胸壁と横隔膜にはさまれた空間で、胸水がたまるところ、
※縦隔 左右の肺の間の部分、心臓、食道、気管や心臓に通じる大血管などがあるところ、
※気道 鼻腔・副鼻腔⇒咽頭⇒喉頭⇒気管⇒気管支⇒細気管支で構成された空気の通路、
※肺  伸縮する風船のような器官、 ※肺胞 気道の先端にある袋でガス交換の場、
※心膜 心臓を袋のように包んでいる膜で、心のうとも呼ばれる、
※横隔膜 胸郭の下辺をなす筋肉。収縮・弛緩により肺の拡張・縮小を調節する呼吸筋、
※腹腔 腹壁で囲まれ、内部に胃や腸などの消化器が存在する空間、
※腹膜 胃、腸、肝臓などの腹部の臓器および腹壁の内側をおおう薄い膜、

胸部外傷で、損傷した肺や気管から漏れた空気が、皮下組織にたまるのが皮下気腫です。
気管や気管支が断裂したときは、左右の肺に挟まれた部位=縦隔に漏れた空気がたまります。
これを縦隔気腫といいます。

これらは、交通事故外傷、特に胸部の打撲、高所からの転落、挟まれたことによる挟圧外傷で、
肋骨・胸骨の骨折や、肺、気管、気管支、食道などが損傷することで発症しています。

皮下気腫では、胸や頚部に空気がたまり、その部位が膨らみ、強い痛みを訴えます。
膨らんだ部位に触れると、雪を握ったようなサクサクとした感触があります。
また、患部を圧迫すると、プチプチと気泡が弾けるような音を感じます。
症状としては、胸痛や呼吸困難を訴えることがあります。

縦隔気腫は、胸痛、呼吸困難、息切れ、チアノーゼの症状があり、多くで、血痰が確認されています。
いずれも、胸部XP、CT検査で確定診断され、呼吸困難はパルスオキシメーターの測定値、SpO2で確認されています。
軽度なものは、2〜3週間の安静で治癒していますが、進行性で、拡がりの大きい皮下気腫では、
皮膚切開による排気が実施されています。
縦隔気腫では、その原因になる気管・気管支破裂、食道穿孔・破裂が精査され、
内科的な治療で改善が得られないときは、損傷部位の縫合術が必要となります。

※SpO2

パルスオキシメーターの測定値をSpO2と言います。
血液中の酸素の大半は、健康であれば99%近くは、赤血球の中のヘモグロビンによって運ばれます。
血液中のヘモグロビンのうち、実際に酸素を運んでいるヘモグロビンの比率のことであり、単位は%で表示されています。

皮下気腫、縦隔気腫における後遺障害のキモ?

1)皮下気腫もしくは縦隔気腫の傷病名であっても、呼吸障害を残す重症例は少ないのです。
呼吸障害を残しているときは、肺挫傷のところで説明した、以下の3つの検査で立証します。

‘位血酸素分圧と動脈血炭酸ガス分圧の検査結果
▲好僖ぅ蹈瓮肇蝓爾侶覯無擇啗撞杠て颪猟度

1親杏蕾抻邯海侶覯

2)経験則を紹介しておきます。
タクシーを運転中の50歳男性ですが、山間部のカーブ地点で、センターラインをはみ出したゴミ収集車と衝突し、
押し出され、2mほどの崖下に転落しました。 傷病名は胸骨骨折、右血胸、縦隔気腫、頚椎椎間板ヘルニアです。
症状固定段階の症状は、胸部痛、体動時の息切れ、左上肢、左4、5指のしびれでした。

胸部XPで右肺が左肺よりも萎縮していることが確認できました。
体動時の息切れについては、スパイロメトリー検査を受けたのですが、%肺活量が82でした。
これでは非該当なので、運動負荷試験を依頼、その結果、中程度の呼吸障害と判定されました。

胸骨骨折では、裸体で変形が確認できません。
3DCTの撮影と、骨折部の骨シンチグラフィー検査をお願いしました。
3DCTでは、僅かな骨癒合不良を認めましたが、これでは体幹骨の変形には該当しません。
しかし、骨シンチでは、骨折部にホットスポットが認められ、不完全な骨癒合と、
それに伴う胸部痛については立証することができました。

頚椎椎間板ヘルニアは、MRI検査で、C6/7左神経根に僅かな狭窄が認められ、
被害者の自覚症状に一致する画像所見が得られました。

結果、呼吸障害で11級10号、胸部痛で12級13号、頚椎ヘルニアで14級9号、併合10級が認定されました。

3)縦隔気腫では、その原因に、気管・気管支破裂や食道穿孔・破裂が予想されます。
こうなると、後遺障害は別のアプローチで立証しなければなりません。
具体的には、気管・気管支破裂や食道穿孔・破裂で説明しています。


■4.気管・気管支断裂 (きかん・きかんしだんれつ)click!

■5.食道の仕組みclick!

■6.外傷性食道破裂 (しょくどうはれつ)click!

■7.咽頭外傷(いんとうがいしょう)click!

■8.横隔膜の仕組みclick!

■9.外傷性横隔膜破裂・ヘルニアclick!

■10.心臓の仕組みclick!

■11.心膜損傷、心膜炎 (しんまくそんしょう、しんまくえん)click!

■12.冠動脈の裂傷click!

■13.心挫傷、心筋挫傷 (しんざしょう、しんきんざしょう)click!

■14.心臓・弁の仕組みclick!

■15.心臓、弁の損傷click!

■16.大動脈についてclick!

■17.外傷性大動脈解離 (だいどうみゃくかいり)click!

■18.心肺停止 (しんぱいていし)click!

■19.過換気症候群 (かかんきしょうこうぐん)click!

■20.肺血栓塞栓、肺脂肪塞栓 (はいけっせんそくせん、はいしぼうそくせん)click!

■21.外傷性胸部圧迫症click!

■22.腹部臓器の外傷click!

■23.実質臓器 肝損傷 (かんそんしょう)click!

■24.実質臓器 胆嚢損傷 (たんのうそんしょう)click!

■25管腔臓器 肝外胆管損傷 (かんがいたんかんそんしょう)click!

■26.膵臓の働きclick!

■27.実質臓器 膵臓の損傷click!

■28.脾臓の働きclick!

■29.実質臓器 脾臓損傷 (ひぞうそんしょう)click!

■30.管腔臓器 胃の働きclick!

■31.外傷性胃の破裂 (いのはれつ)click!

■32.小腸の働きclick!

■33.管腔臓器 小腸穿孔 (しょうちょうせんこう)click!

■34.大腸の働きclick!

■35.管腔臓器 大腸穿孔、大腸破裂click!

■36.腹壁瘢痕ヘルニアclick!

■37.腹膜・腸間膜の障害click!

■38.腎臓の働きclick!

■39.腎挫傷、腎裂傷、腎破裂、腎茎断裂click!

■40.尿管、膀胱、尿道の働きclick!

■41.尿管外傷 (にょうかんがいしょう)click!

■42.膀胱の外傷click!

■43.尿道の外傷click!

■44.外傷性尿道狭窄症click!

■45.神経因性膀胱click!

■46.尿崩症 (にょうほうしょう)click!

■47.脊髄損傷と排尿障害click!

■48.実質臓器 副腎の損傷click!

■49.急性副腎皮質不全 (きゅうせいふくじんひしつふぜん)click!

■50.男性の生殖器click!

■51.女性の生殖器click!

■52外傷性心室中隔欠損症、VSIclick!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト