交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 胸腹部臓器の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1.胸腹部臓器の外傷と後遺障害についてclick!

■2.肺挫傷 (はいざしょう)click!

■3.皮下気腫、縦隔気腫 (ひかきしゅ、じゅうかくきしゅ)click!

4.気管・気管支断裂 (きかん・きかんしだんれつ)

気管・気管支断裂 (きかん・きかんしだんれつ)
 

気管は空気を口から肺へ送り込む導管です。
気管の外傷は、少数例ですが、呼吸に関わることであり、重症例では死に至る深刻なものです。

交通事故では、バイクの運転者に多く、頚部に直接外力が加わる、転倒時に、頚部を強く打撲する、急激に頚部が引き伸ばされたときや、自動車であっても、高速で走行中の衝突事故で、体に大きな外力が作用し、体内で引き千切られるように断裂すると考えられています。

症状は、血痰や呼吸困難ですが、頚部皮下気腫や縦隔気腫を伴うことが最大の特徴です。
受傷直後から、これらの症状が現れ、進行していくので、救急搬送を急がなければなりません。

血痰、呼吸困難、頚部皮下気腫が認められると、気管断裂が強く疑われます。
胸部CT、気管支鏡検査により確定診断がなされています。

損傷が軽度であれば、自然に回復することもありますが、中程度以上の単独損傷では、緊急オペにより、気管断裂部の修復術が実施されます。

多臓器損傷が合併しているときは、気管内挿管や気管切開を行って、損傷部を越えて気管内チューブを健常部にまで挿入し、換気を確保します。 全身状態が落ち着いてからオペが実施されます。
外傷後の瘢痕を剥がすように、気管断裂部にアプローチするのですが、頚部には、動静脈や神経、食道が走行しており、当然、専門医の領域です。

頚部気管の完全断裂症例は、救命が非常に困難な外傷であり、進行性の呼吸困難で窒息の危険があるときは、事故現場で気管切開が実施されることもあります。

気管・気管支断裂における後遺障害のキモ?

1)滅多に遭遇しませんが、呼吸器内科の医師は、後遺障害の知識と経験則に乏しく、
協力を得るのに、毎回、大変な苦労をしています。
医師に任せておけば、後遺障害が認定される? そんな錯覚はしないことです。

2)経験則です。
52歳男性、原付バイクを運転中に、2トントラックに追突された交通事故です。
被害者は、左前方にはね飛ばされ、街路樹に激突しました。
傷病名は、多発肋骨骨折、フレイルチェスト、肺挫傷、気管断裂、頚部皮下気腫、
左肩鎖関節脱臼骨折グレード靴任△蝓40日の入院を伴う重傷でした。
症状固定段階では、息苦しさ、運動時の息切れ、かすれ声、
左肩鎖関節部の変形と左肩関節の運動障害を確認しています。
スパイロメトリー検査では、%肺活量が60%、1秒率は70%であり、
肺が空気を取り入れる容量が少なくなっていること、
弾力性を失っていることで、息苦しさ、息切れを立証しました。

かすれ声=嗄声(させい)については、気管挿管もしくは抜去時に、
声帯に損傷を受けたものと推定されるとのことで、
そのことについて、後遺障害診断書に記載をお願いしました。

左肩鎖関節の脱臼骨折は、MRIでグレード靴確認できました。
被害者は、体重80kgの小太りで、左肩鎖関節部の鎖骨の出っ張りがあまり目立たないのです。
2カ月間で15kgのダイエットを指示し、裸体で明らかに変形が確認できるようにしました。
左肩関節の他動値は、外転が120°内転0°で右に比較して4分の3以下を達成しています。

弁護士による被害者請求の結果、呼吸器の障害は11級10号、かすれ声は12級相当、左鎖骨の変形で12級5号、
左肩関節の運動障害で12級6号、併合10級が認定されました。

交通事故受傷によるかすれ声は、12級相当であることを覚えておくことです。

※スパイロメトリー検査
呼吸の呼気量と吸気量を測定し、呼吸の能力を判定しています。

※肺活量
空気をいっぱい吸入して、いっぱい吐いたときの量です。
通常、年齢と身長によって計算した予測正常値と比較し、%肺活量として表します。

※1秒率
肺活量を測定するときに、最初の1秒間に全体の何%を呼出するかの値です。
肺の弾力性や気道の閉塞の程度を示します。
弾力性がよく、閉塞がないと値は大きくなります。

スパイロメトリー検査 おおよその目安

%肺活量

1秒率

レベル・障害の状態

80以上

70以上

正常

79以下

70以上

拘束性 肺の弾力性低下、胸部拡張障害、呼吸運動の障害

80以上

69以下

閉塞性 気道閉塞、肺気腫

79以下

69以下

上記の2つが混合したもの


■5.食道の仕組みclick!

■6.外傷性食道破裂 (しょくどうはれつ)click!

■7.咽頭外傷(いんとうがいしょう)click!

■8.横隔膜の仕組みclick!

■9.外傷性横隔膜破裂・ヘルニアclick!

■10.心臓の仕組みclick!

■11.心膜損傷、心膜炎 (しんまくそんしょう、しんまくえん)click!

■12.冠動脈の裂傷click!

■13.心挫傷、心筋挫傷 (しんざしょう、しんきんざしょう)click!

■14.心臓・弁の仕組みclick!

■15.心臓、弁の損傷click!

■16.大動脈についてclick!

■17.外傷性大動脈解離 (だいどうみゃくかいり)click!

■18.心肺停止 (しんぱいていし)click!

■19.過換気症候群 (かかんきしょうこうぐん)click!

■20.肺血栓塞栓、肺脂肪塞栓 (はいけっせんそくせん、はいしぼうそくせん)click!

■21.外傷性胸部圧迫症click!

■22.腹部臓器の外傷click!

■23.実質臓器 肝損傷 (かんそんしょう)click!

■24.実質臓器 胆嚢損傷 (たんのうそんしょう)click!

■25管腔臓器 肝外胆管損傷 (かんがいたんかんそんしょう)click!

■26.膵臓の働きclick!

■27.実質臓器 膵臓の損傷click!

■28.脾臓の働きclick!

■29.実質臓器 脾臓損傷 (ひぞうそんしょう)click!

■30.管腔臓器 胃の働きclick!

■31.外傷性胃の破裂 (いのはれつ)click!

■32.小腸の働きclick!

■33.管腔臓器 小腸穿孔 (しょうちょうせんこう)click!

■34.大腸の働きclick!

■35.管腔臓器 大腸穿孔、大腸破裂click!

■36.腹壁瘢痕ヘルニアclick!

■37.腹膜・腸間膜の障害click!

■38.腎臓の働きclick!

■39.腎挫傷、腎裂傷、腎破裂、腎茎断裂click!

■40.尿管、膀胱、尿道の働きclick!

■41.尿管外傷 (にょうかんがいしょう)click!

■42.膀胱の外傷click!

■43.尿道の外傷click!

■44.外傷性尿道狭窄症click!

■45.神経因性膀胱click!

■46.尿崩症 (にょうほうしょう)click!

■47.脊髄損傷と排尿障害click!

■48.実質臓器 副腎の損傷click!

■49.急性副腎皮質不全 (きゅうせいふくじんひしつふぜん)click!

■50.男性の生殖器click!

■51.女性の生殖器click!

■52外傷性心室中隔欠損症、VSIclick!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト