交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 胸腹部臓器の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1.胸腹部臓器の外傷と後遺障害についてclick!

■2.肺挫傷 (はいざしょう)click!

■3.皮下気腫、縦隔気腫 (ひかきしゅ、じゅうかくきしゅ)click!

■4.気管・気管支断裂 (きかん・きかんしだんれつ)click!

■5.食道の仕組みclick!

■6.外傷性食道破裂 (しょくどうはれつ)click!

■7.咽頭外傷(いんとうがいしょう)click!

■8.横隔膜の仕組みclick!

■9.外傷性横隔膜破裂・ヘルニアclick!

■10.心臓の仕組みclick!

11.心膜損傷、心膜炎 (しんまくそんしょう、しんまくえん)

心膜損傷、心膜炎 (しんまくそんしょう、しんまくえん)
 

心膜は、心臓を包み込んでいる二重の膜で、内側を心内膜、外側を心外膜と言います。
心内膜と心外膜の間隙は、心膜腔と呼ばれ、15ml程度の心膜液で満たされています。

心膜には、以下の3つの役割があります。
/澗,硫畩蠅米阿を制御する、
⊃澗,硫疆戮粒板イ鯔瓢澆垢襦
G戮らの炎症の波及を防止する、
さらに心膜液は、二重の心膜間での摩擦を軽減しているのです。

心膜損傷は、交通事故や高所からの転落により、
相当に大きな外力や剪断力が胸郭に働いたときに発症すると想定されています。

心膜損傷では、心膜の炎症であり、しばしば心膜液の貯留を伴います。
外傷を原因として、心膜に炎症が起きると、心膜炎と呼ばれる状態になります。
症状としては、胸部痛や発熱、胸部圧迫感を訴えます。

心膜炎が起こると心膜液が増えて心臓を周りから圧迫し、心臓の拡張を妨げることがあり、
短期間に大量の心膜液が貯留すると、心タンポナーデ、重篤な症状に至ります。

診断は、症状、心膜摩擦音、心電図変化およびXPまたは心エコーによる心膜液貯留を検査します。
治療は一般的には、鎮痛薬、抗炎症薬の投与、改善が得られないときは、オペが選択されます。

※心タンポナーデ
心膜腔の限られた空間に、大量に心膜液が貯留すると、心嚢内の圧が上昇し、心臓の拡張が障害され、
全身に送る血液量が少なくなる状態のことをいいます。
症状としては、呼吸困難、胸痛、チアノーゼなどで、放置すると死に至ります。
心破裂や大動脈解離によって、血液が心膜腔に流入、心タンポナーデを発症することもあります。

心膜損傷、心膜炎における後遺障害のキモ?

1)外力により心膜が損傷することは予想されるのですが、心膜が損傷しても、
心臓に大きな損傷がないときは、心膜の損傷は治療されないことが多数例です。
また、心筋挫傷で、外科的治療を行ったときでも、心膜の開口部は閉鎖しないこともあります。

心膜に開口部を残し、心機能に障害を残すときは、後遺障害の対象となりますが、
心機能に障害を残すことは少なく、
心膜損傷の傷病名と心膜に開口部を残すだけでは、後遺障害の認定はありません。

2)ただし、心膜が損傷したことにより、心臓の一部が脱出・嵌頓したときは、
心筋や冠動脈を圧迫、損傷することがあります。
これらは、心筋や冠動脈の障害を立証することで、等級の認定を得ることになります。

※嵌頓、かんとん、嵌頓ヘルニア
腸管などの内臓器官が、腹壁の間隙 から脱出し、元に戻らなくなった状態のこと、

3)心膜の器質的損傷、肥厚、癒着などにより、心臓機能が障害されることがあります。
これは心膜が心臓の拡張を妨げているからであり、心機能の障害のレベルを立証し、
等級の認定を得ることになります。
つまりは、心筋梗塞の症状に準じて、障害の程度が審査されています。
当然のことながら、心膜の器質的損傷は画像所見により確認でき、心機能の低下をもたらすことが、
検査で立証できており、医師が認めるものに限られます。

4)心膜の器質的損傷、肥厚、癒着などにより、心臓機能が障害されているときは、心膜の切除などで、
障害の軽減が実現できることが知られており、治療現場では、積極的に手術適応とされています。
大きな心機能障害を残さないことは、医学的には常識となっているのです。

経験則では、認定等級は、11級10号もしくは9級11号が予想されます。

心膜の器質的損傷、肥厚、癒着などを残し、心機能の低下による運動耐容能の低下が軽度にとどまるものは、
11級10号が認定されています。

心膜の器質的損傷、肥厚、癒着などを残し、心機能の低下による運動耐容能の低下が中等度にとどまるものは、
9級11号が認定されています。


■12.冠動脈の裂傷click!

■13.心挫傷、心筋挫傷 (しんざしょう、しんきんざしょう)click!

■14.心臓・弁の仕組みclick!

■15.心臓、弁の損傷click!

■16.大動脈についてclick!

■17.外傷性大動脈解離 (だいどうみゃくかいり)click!

■18.心肺停止 (しんぱいていし)click!

■19.過換気症候群 (かかんきしょうこうぐん)click!

■20.肺血栓塞栓、肺脂肪塞栓 (はいけっせんそくせん、はいしぼうそくせん)click!

■21.外傷性胸部圧迫症click!

■22.腹部臓器の外傷click!

■23.実質臓器 肝損傷 (かんそんしょう)click!

■24.実質臓器 胆嚢損傷 (たんのうそんしょう)click!

■25管腔臓器 肝外胆管損傷 (かんがいたんかんそんしょう)click!

■26.膵臓の働きclick!

■27.実質臓器 膵臓の損傷click!

■28.脾臓の働きclick!

■29.実質臓器 脾臓損傷 (ひぞうそんしょう)click!

■30.管腔臓器 胃の働きclick!

■31.外傷性胃の破裂 (いのはれつ)click!

■32.小腸の働きclick!

■33.管腔臓器 小腸穿孔 (しょうちょうせんこう)click!

■34.大腸の働きclick!

■35.管腔臓器 大腸穿孔、大腸破裂click!

■36.腹壁瘢痕ヘルニアclick!

■37.腹膜・腸間膜の障害click!

■38.腎臓の働きclick!

■39.腎挫傷、腎裂傷、腎破裂、腎茎断裂click!

■40.尿管、膀胱、尿道の働きclick!

■41.尿管外傷 (にょうかんがいしょう)click!

■42.膀胱の外傷click!

■43.尿道の外傷click!

■44.外傷性尿道狭窄症click!

■45.神経因性膀胱click!

■46.尿崩症 (にょうほうしょう)click!

■47.脊髄損傷と排尿障害click!

■48.実質臓器 副腎の損傷click!

■49.急性副腎皮質不全 (きゅうせいふくじんひしつふぜん)click!

■50.男性の生殖器click!

■51.女性の生殖器click!

■52外傷性心室中隔欠損症、VSIclick!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト