交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 胸腹部臓器の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1.胸腹部臓器の外傷と後遺障害についてclick!

■2.肺挫傷 (はいざしょう)click!

■3.皮下気腫、縦隔気腫 (ひかきしゅ、じゅうかくきしゅ)click!

■4.気管・気管支断裂 (きかん・きかんしだんれつ)click!

■5.食道の仕組みclick!

■6.外傷性食道破裂 (しょくどうはれつ)click!

■7.咽頭外傷(いんとうがいしょう)click!

■8.横隔膜の仕組みclick!

■9.外傷性横隔膜破裂・ヘルニアclick!

■10.心臓の仕組みclick!

■11.心膜損傷、心膜炎 (しんまくそんしょう、しんまくえん)click!

■12.冠動脈の裂傷click!

■13.心挫傷、心筋挫傷 (しんざしょう、しんきんざしょう)click!

■14.心臓・弁の仕組みclick!

■15.心臓、弁の損傷click!

■16.大動脈についてclick!

■17.外傷性大動脈解離 (だいどうみゃくかいり)click!

■18.心肺停止 (しんぱいていし)click!

■19.過換気症候群 (かかんきしょうこうぐん)click!

■20.肺血栓塞栓、肺脂肪塞栓 (はいけっせんそくせん、はいしぼうそくせん)click!

■21.外傷性胸部圧迫症click!

■22.腹部臓器の外傷click!

23.実質臓器 肝損傷 (かんそんしょう)

実質臓器 肝損傷 (かんそんしょう)
 

肝臓は、右上腹部に位置する体内最大の臓器です。
重さは成人で1200〜1400gあり、心臓から送り出される血液量の25%に相当する
1分間に1000〜1800mlの血液が流れ込んでいます。

肝臓は判明しているだけで500種類の働きをしていますが、大きくは4つの機能に要約されています。
|製舛寮言と分泌
炭水化物、脂肪、蛋白、ビタミンの代謝・合成・分泌・貯蔵
0漾腸管から血液中に侵入した細菌や異物の補足
だ限琉枴、薬物などの代謝

人間の生命維持活動に重要な機能を果たしているのですが、5分の4を切除しても、
やがて元の大きさに戻るという他の臓器にない復元力も備えています。

交通事故では、バイクの運転者が転倒・衝突する、車やバイクに歩行者がはねられ、
腹部を強打することにより肝損傷をきたしています。
さらに、肝臓は容積が大きく、被膜が薄いことから強打で損傷を受けやすく、
腹腔内臓器の中では、もっとも損傷されることが多い臓器となっています。

肝臓には、肝臓動脈と門脈の2つの大きな血管から血液が流入し、
静脈血は2本の肝臓静脈を通じて下大静脈に流出しています。
肝臓は血流が豊かであり、胸部大動脈や下大静脈など、太い血管と接しているところから、
損傷レベルによっては、大出血および出血性ショックが予想されるのです。

※日本外傷学会における肝損傷の分類

儀 被膜下損傷
肝被膜の連続性が保たれているものであり、腹腔内出血を伴わないもの
“鑠豌七貅

中心性破裂
況 表在性損傷
深さ3儖米發梁蚕であり、深部の太い血管、胆管の損傷はなく、死腔を残さず縫合が可能なもの
祁 深在性損傷
深さ3cm以上の深部に達している損傷であり、単純型では、組織挫滅が少なく、組織の壊死を伴わないもの、
複雑型は、挫滅、壊死が認められ、循環動態の不安定を伴います。
|噂齋
∧雑型

肝損傷における後遺障害のキモ?

1)交通事故による肝損傷では、後遺障害を残しません。
私のHPでは、肝臓の機能障害について、以下の2つを掲示しています。

ウイルスの持続感染が認められ、かつGOT・GPTが持続的に低値を示す肝硬変では、9級、
ウイルスの持続感染が認められ、かつGOT・GPTが持続的に低値を示す慢性肝炎では、11級、

これは、医療従事者の針刺し事故などによるウイルス性慢性肝炎、
これに由来する肝硬変や肝がんを想定した労災保険の認定基準であり、
輸血によるB、C型肝炎に感染することを予想して掲載したものですが、
現在では、献血用血液から感染血液を除くスクリーニング法が採用されており、
輸血後肝炎の発症は激減しています。
もっとも、完全に消失したのではありません。

さらに、GOTはAST、GPTはALTに、呼び方が変更されています。
AST、ALTのいずれも、基準値は、30 IU/L以下です。

※AST、ALT
AST、ALTは、どちらもトランスアミナーゼと呼ばれる酵素で、
人体の構成要素であるアミノ酸をつくる働きをしています。
トランスアミナーゼは肝細胞中に多く存在しているため、
主に肝細胞傷害で血中に逸脱し、酵素活性が上昇します。
このため肝機能検査と呼ばれ、広く使用されています。
ASTとALTの違いは由来する臓器の違いです。
ALTは主に肝臓に、ASTは肝臓のみならず心筋や骨格筋、赤血球などにも広く存在しています。
AST、ALTがともに高値、あるいはALTが単独で高値では、肝障害の可能性が高くなります。
ASTが単独で高値では、心筋梗塞や筋疾患、溶血性貧血など肝臓以外の疾患が予想されます。

2)機↓供↓靴涼噂齋燭任蓮⊇亰譴鮖澆瓩襪箸箸發法肝部分切除や縫合等の治療が行われています。
肝臓は、相当部分を亡失したときでも、比較的短期間で再生するところから、
術後、肝臓の機能が低下したとしても、症状固定段階では、機能は正常に回復するとされています。

靴劉∧雑型で、止血ができないときは、後遺障害どころか、死に至ります。


■24.実質臓器 胆嚢損傷 (たんのうそんしょう)click!

■25管腔臓器 肝外胆管損傷 (かんがいたんかんそんしょう)click!

■26.膵臓の働きclick!

■27.実質臓器 膵臓の損傷click!

■28.脾臓の働きclick!

■29.実質臓器 脾臓損傷 (ひぞうそんしょう)click!

■30.管腔臓器 胃の働きclick!

■31.外傷性胃の破裂 (いのはれつ)click!

■32.小腸の働きclick!

■33.管腔臓器 小腸穿孔 (しょうちょうせんこう)click!

■34.大腸の働きclick!

■35.管腔臓器 大腸穿孔、大腸破裂click!

■36.腹壁瘢痕ヘルニアclick!

■37.腹膜・腸間膜の障害click!

■38.腎臓の働きclick!

■39.腎挫傷、腎裂傷、腎破裂、腎茎断裂click!

■40.尿管、膀胱、尿道の働きclick!

■41.尿管外傷 (にょうかんがいしょう)click!

■42.膀胱の外傷click!

■43.尿道の外傷click!

■44.外傷性尿道狭窄症click!

■45.神経因性膀胱click!

■46.尿崩症 (にょうほうしょう)click!

■47.脊髄損傷と排尿障害click!

■48.実質臓器 副腎の損傷click!

■49.急性副腎皮質不全 (きゅうせいふくじんひしつふぜん)click!

■50.男性の生殖器click!

■51.女性の生殖器click!

■52外傷性心室中隔欠損症、VSIclick!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト