交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 胸腹部臓器の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1.胸腹部臓器の外傷と後遺障害についてclick!

■2.肺挫傷 (はいざしょう)click!

■3.皮下気腫、縦隔気腫 (ひかきしゅ、じゅうかくきしゅ)click!

■4.気管・気管支断裂 (きかん・きかんしだんれつ)click!

■5.食道の仕組みclick!

■6.外傷性食道破裂 (しょくどうはれつ)click!

■7.咽頭外傷(いんとうがいしょう)click!

■8.横隔膜の仕組みclick!

■9.外傷性横隔膜破裂・ヘルニアclick!

■10.心臓の仕組みclick!

■11.心膜損傷、心膜炎 (しんまくそんしょう、しんまくえん)click!

■12.冠動脈の裂傷click!

■13.心挫傷、心筋挫傷 (しんざしょう、しんきんざしょう)click!

■14.心臓・弁の仕組みclick!

■15.心臓、弁の損傷click!

■16.大動脈についてclick!

■17.外傷性大動脈解離 (だいどうみゃくかいり)click!

■18.心肺停止 (しんぱいていし)click!

■19.過換気症候群 (かかんきしょうこうぐん)click!

■20.肺血栓塞栓、肺脂肪塞栓 (はいけっせんそくせん、はいしぼうそくせん)click!

■21.外傷性胸部圧迫症click!

■22.腹部臓器の外傷click!

■23.実質臓器 肝損傷 (かんそんしょう)click!

■24.実質臓器 胆嚢損傷 (たんのうそんしょう)click!

■25管腔臓器 肝外胆管損傷 (かんがいたんかんそんしょう)click!

■26.膵臓の働きclick!

■27.実質臓器 膵臓の損傷click!

■28.脾臓の働きclick!

■29.実質臓器 脾臓損傷 (ひぞうそんしょう)click!

■30.管腔臓器 胃の働きclick!

■31.外傷性胃の破裂 (いのはれつ)click!

■32.小腸の働きclick!

■33.管腔臓器 小腸穿孔 (しょうちょうせんこう)click!

■34.大腸の働きclick!

■35.管腔臓器 大腸穿孔、大腸破裂click!

36.腹壁瘢痕ヘルニア

腹壁瘢痕ヘルニア
 

ヘルニアとは、脱出していることを意味します。
私が小学生の頃は、子どもの脱腸やでべそは、よく目にする日常的なものでした。
脱腸では、狸のキンタマと大はしゃぎして、からかったものです。
わけは知りませんが、クラスでも、脱腸バンドをした男子が確実にいたのです。
正しくは、脱腸=鼠径ヘルニア、でべそ=臍ヘルニアと呼びます。

今の仕事を始めてからは、なんと言っても、頚腰部の椎間板ヘルニアで、多くは、
年齢変性で深刻なものではありませんが、この傷病名を聞かない日はありません。

頭部外傷の死亡例は、ほとんどが脳ヘルニアで、外傷で出血、腫脹した脳が、
逃げ場を失って、延髄部に飛び出すことで死に至るのです。

さて、今回は、手術の跡からの盛り上がり、腹壁瘢痕ヘルニアを学習します。
腹壁瘢痕ヘルニアとは、手術によって腹壁を支える筋膜に欠損部ができ、
ここから腹膜に包まれた内臓が突出するものです。

腹壁を雨戸、筋肉をサッシの窓、腹膜をカーテンに例えると、腸管が、緩んでいたサッシの窓と雨戸を突き破って、
カーテンごと、外に飛び出した状態のことを腹壁ヘルニアと言うのです。

嵌頓(かんとん)ヘルニアは、脱出した臓器が、脱出口で締め付けられた状態のことです。
締め付けられた状態が続くと、血液の流れが妨げられ、脱出した部分が壊死や壊疽に至ることがあり、
放置すると、絞扼性腸閉塞=イレウスで死に至ります。

他の腹壁ヘルニアでは、外傷などによる腹壁の凹みに、内臓、主として、
腸が入り込む、滑り込む形で突出するもので、強い腹圧がかかると簡単に突出します。

嵌頓ヘルニアでは、緊急手術で嵌頓を解除します。
多くは、オペで改善が得られています。

腹壁瘢痕ヘルニア、腹壁ヘルニアにおける後遺障害のキモ?

1)ヘルニアでは、オペで修復することが常識です。
ほとんどは、オペにより完治しており、後遺障害を残すことはありません。
しかし、腹壁の欠損が広範囲で大きく、直接的な縫合が困難であって、オペ後も、腹帯の着用が必要となったものや、
到底、修復が不可能で、オペの適応にならないものが、後遺障害の対象となります。

2)腹壁瘢痕ヘルニアでは、腹部不快感、腹痛、腹部膨満感、亜イレウス症状などがあります。

〃敕戮諒∧普躡ヘルニアを残すものは11級10号が認められています。
軽度のヘルニアとは、重激な仕事で、腹圧が強くかかるときにヘルニア内容の脱出・
膨隆が認められるものを言います。

中等度の腹壁瘢痕ヘルニアを残すものは9級11号が認定されています。
中程度のヘルニアとは、常時、ヘルニアの脱出・膨隆が認められるもの、
または立位をしたときヘルニア内容の脱出・膨隆が認められるものを言います。

3)その他のヘルニア
腹壁ヘルニア、鼠径ヘルニア、および小腸の外傷により生じた隙間に嵌入する内ヘルニアについては、
ヘルニアが脱出する部位や原因は腹壁瘢痕ヘルニアと異なりますが、腹部臓器の脱出という点で共通しており、
´△暴爐犬董等級が認定されています。

最後に、横隔膜ヘルニアについてです。
外傷によって横隔膜に隙間が生じたときは、胸腔が陰圧となっており、胃、腸などの腹腔内臓器が胸腔内に脱出し、
横隔膜へルニアを発症します。
脱出した消化管の通過障害や脱出した腹部臓器により胸部臓器が圧迫を受けることで、
悪心、嘔吐、呼吸困難、心窩部痛、腹痛などの症状が出現し、オペが不可欠となります。
大多数は、オペで改善が得られており、後遺障害を残すことは考えられません。

なお、横隔膜ヘルニアによる呼吸機能の低下は、「胸部臓器 9外傷性横隔膜破裂」 で説明しています。


■37.腹膜・腸間膜の障害click!

■38.腎臓の働きclick!

■39.腎挫傷、腎裂傷、腎破裂、腎茎断裂click!

■40.尿管、膀胱、尿道の働きclick!

■41.尿管外傷 (にょうかんがいしょう)click!

■42.膀胱の外傷click!

■43.尿道の外傷click!

■44.外傷性尿道狭窄症click!

■45.神経因性膀胱click!

■46.尿崩症 (にょうほうしょう)click!

■47.脊髄損傷と排尿障害click!

■48.実質臓器 副腎の損傷click!

■49.急性副腎皮質不全 (きゅうせいふくじんひしつふぜん)click!

■50.男性の生殖器click!

■51.女性の生殖器click!

■52外傷性心室中隔欠損症、VSIclick!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト