交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 胸腹部臓器の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1.胸腹部臓器の外傷と後遺障害についてclick!

■2.肺挫傷 (はいざしょう)click!

■3.皮下気腫、縦隔気腫 (ひかきしゅ、じゅうかくきしゅ)click!

■4.気管・気管支断裂 (きかん・きかんしだんれつ)click!

■5.食道の仕組みclick!

■6.外傷性食道破裂 (しょくどうはれつ)click!

■7.咽頭外傷(いんとうがいしょう)click!

■8.横隔膜の仕組みclick!

■9.外傷性横隔膜破裂・ヘルニアclick!

■10.心臓の仕組みclick!

■11.心膜損傷、心膜炎 (しんまくそんしょう、しんまくえん)click!

■12.冠動脈の裂傷click!

■13.心挫傷、心筋挫傷 (しんざしょう、しんきんざしょう)click!

■14.心臓・弁の仕組みclick!

■15.心臓、弁の損傷click!

■16.大動脈についてclick!

■17.外傷性大動脈解離 (だいどうみゃくかいり)click!

■18.心肺停止 (しんぱいていし)click!

■19.過換気症候群 (かかんきしょうこうぐん)click!

■20.肺血栓塞栓、肺脂肪塞栓 (はいけっせんそくせん、はいしぼうそくせん)click!

■21.外傷性胸部圧迫症click!

■22.腹部臓器の外傷click!

■23.実質臓器 肝損傷 (かんそんしょう)click!

■24.実質臓器 胆嚢損傷 (たんのうそんしょう)click!

■25管腔臓器 肝外胆管損傷 (かんがいたんかんそんしょう)click!

■26.膵臓の働きclick!

■27.実質臓器 膵臓の損傷click!

■28.脾臓の働きclick!

■29.実質臓器 脾臓損傷 (ひぞうそんしょう)click!

■30.管腔臓器 胃の働きclick!

■31.外傷性胃の破裂 (いのはれつ)click!

■32.小腸の働きclick!

■33.管腔臓器 小腸穿孔 (しょうちょうせんこう)click!

■34.大腸の働きclick!

■35.管腔臓器 大腸穿孔、大腸破裂click!

■36.腹壁瘢痕ヘルニアclick!

■37.腹膜・腸間膜の障害click!

■38.腎臓の働きclick!

39.腎挫傷、腎裂傷、腎破裂、腎茎断裂

腎挫傷、腎裂傷、腎破裂、腎茎断裂
 

交通事故における腎臓損傷は、それなりの件数が発生しています。
バイクの事故で、身体を壁、電柱、立木などに強く打ちつけることで、腎臓が破裂することもあります。
自動車VS自動車の事故では、シートベルトによる損傷も経験しています。

腎外傷では、あざができる軽度な挫傷から、尿や血液が周辺組織に漏出する裂傷や破裂、
腎動脈が切断される腎茎損傷まで、大雑把には1下の4つがあります。

 


           ´◆            ´             

〆箪、打撲、被膜下血腫 、 ⇔傷、亀裂、 C芭傷、破裂、 た娵埖蚕、

腎外傷では、上腹部、肋骨と股関節の間=脇腹の痛み、脇腹のあざ、血尿、シートベルトによる腎臓付近のあざ、
肋骨下部の骨折による痛みなどの症状を訴えます。
ほとんどの腎外傷で血尿がみられます。
重度の腎外傷で、大量出血があるときは、急激な低血圧によるショック状態に陥ります。
エコー検査、造影CT検査が確定診断に有効です。

腎挫傷、腎裂傷でも軽度なものは、エコー、CTで血腫の大きさを監視しつつ、増大傾向がなければ、
安静下に、水分摂取量をコントロールし、止血薬と抗生物質の投与による保存療法が続けられます。

腎破裂や腎茎部損傷の重度な外傷では、開腹による腎縫合術、腎部分摘出術、腎摘出術が選択されています。

※腎外傷の分類
腎外傷は、DIP=点滴静脈性腎盂造影の所見より、造影剤の排泄が良好で、腎杯、腎孟の全貌が描出されるものは、腎挫傷と診断されています。 造影剤の排泄が良好で、腎孟の全貌は描出されているが、腎杯の一部が欠損しているものは、軽度の腎破裂、造影剤の排泄が障害され、数個の腎杯欠損があり、しかも腎杯も充分に描出されていないものを中等度の腎破裂、造影剤の排泄がかなり障害され、僅かに数個の腎杯が描出されるのみで、腎孟の形態が不明なものは、高度の腎破裂、これらの3つを腎破裂と分類、造影剤の排泄がほとんど認められないものは、血管造影所見、および手術所見で、腎断裂、または腎茎部損傷に分類されています。覚えることではありません。

腎機能が低下すると、吐気、嘔吐、不眠、頭痛、浮腫、易疲労性などを生じます。
腎機能が低下するにつれ、その症状は増悪し、仕事には大きな支障をもたらすことになります。

腎機能のレベル

糸球体濾過値=GFR

正常

91ml/分以上

軽度低下

71〜90ml/分

中程度低下

51〜70 ml/分

高度低下

31〜50 ml/分

腎不全

11〜30 ml/分

尿毒症

10 ml/分以下

※糸球体濾過値=GFR(しきゅうたいろかち)
腎臓の能力、どれだけの老廃物をこしとって尿へ排泄することができるのか?
つまり、腎臓の能力は、GFR値で判断されています
この値が低いほど、腎臓の働きが悪いということになります。

http://www.kyowa-kirin.co.jp/ckd/check/check.html
eGFRは血清クレアチニン値と年齢と性別から、上記のHPで診断してくれます。

余談ですが、私、69歳、男性、クレアチニン0.68のeGFRは、87.8で、正常、または軽度低下のレベルですが、
蛋白尿の所見はなく、これは、年齢、喫煙、高血圧の影響です。
年齢のわりには元気と理解しており、喫煙をやめるなんて、とんでもないこと、全く考えていません。

糸球体濾過値=GFRが30ml/分以下では、透析の準備が必要な状態であり、
腎機能の1つであるホルモンの産生機能の低下による種々の症状を発症するので治療の継続が不可欠となります。
なお、糸球体濾過値=GFRが30ml/分を超えていても、ホルモンの産生機能の低下による高血圧が生じることがあります。

さらに、腎機能の著しい低下により、尿毒症を発症したときは、昏迷、昏睡などの無力症、精神障害、
高度の循環障害等が生じ、仕事をすることが、全くできなくなります。

腎外傷における後遺障害のキモ?

1)一側の腎臓を失ったもの
^貘Δ凌嫗,鮗困ぁ⊃婬’修高度低下していると認められるものは7級5号が認定されます。
腎機能が高度低下しているとは、糸球体濾過値(GFR)が31〜50 ml/分であるものを言います。
高度低下は、腎機能の低下が明らかであって、濾過機能の低下により、易疲労性、
ホルモンの産生機能の低下により貧血を起こし、動悸、息切れを生じるような状態です。

一側の腎臓を失い、腎機能が中等度低下していると認められるものは9級11号が認定されます。
腎機能が中等度低下しているとは、糸球体濾過値(GFR)が51〜70 ml/分であるものを言います。
中等度は、高度に至らないまでも同様の症状が生じる状態です。

また、健常人と腎機能低下の者(血清クレアチニン1.5〜2.4mg/dl)を比較すると、
前者に比べ後者は運動耐容能が有意に低く、嫌気性代謝閾値が約4.3METsという報告がなされています。
この知見を踏まえると、おおむね高度低下では、やや早く歩くことは構わないが、
早足散歩などは回避すべきと考えられています。

0貘Δ凌嫗,鮗困ぁ⊃婬’修軽度低下していると認められるものは11級10号が認定されます。
腎機能が軽度低下しているとは、糸球体濾過値(GFR)が71〜90 ml/分であるものを言います。
軽度低下は、腎機能の予備能力が低下している状態であり、
基本的には無症状ですが、過激な運動は避けるべき状態です、

ぐ貘Δ凌嫗,鮗困辰燭發里13級11号が認定されます。

GFRの値

31〜50ml/分

51〜70ml/分

71〜90ml/分

91ml/分

腎臓を亡失

7級

9級

11級

13級

腎臓を失っていない

9級

11級

13級

-

 

腎臓の障害は、腎臓の亡失と腎臓を失っていないものに分類、
糸球体濾過値で後遺障害等級を認定することになりました。 
以前は腎機能に問題があっても、亡失以外は門前払いの状況でした。 
親切な改正と考えています。

GFRの値は、小数点以下を切り上げます。 このことも、泌尿器科の主治医はご存知ありません。
いつの場合でも、知っている被害者だけが、有利にことを進めることができるのです。

2)腎臓を失っていないもの
/婬’修高度低下していると認められるものは9級11号が認定されます。
腎機能が高度低下しているとは、糸球体濾過値(GFR)が31〜50 ml/分であるものを言います。

⊃婬’修中等度低下していると認められるものは11級10号が認定されます。

腎機能が中等度低下している」とは、糸球体濾過値(GFR)が51〜70 ml/分であるものを言います。

3)慢性腎盂腎炎と水腎症について
腎盂腎炎は、細菌の感染により腎盂腎杯のみならず、腎実質にも病変がおよぶもので、
交通事故受傷では想定され難いものです。

水腎症は、尿路通過障害の結果、腎盂腎杯の拡張と腎実質の萎縮、腎機能障害をきたした状態ですが、
清潔間歇自己導尿が広く行われるようになった今日では、症例が激減しています。

症例ごとに、本件交通事故との因果関係を踏まえながら、個別に対応しています。


■40.尿管、膀胱、尿道の働きclick!

■41.尿管外傷 (にょうかんがいしょう)click!

■42.膀胱の外傷click!

■43.尿道の外傷click!

■44.外傷性尿道狭窄症click!

■45.神経因性膀胱click!

■46.尿崩症 (にょうほうしょう)click!

■47.脊髄損傷と排尿障害click!

■48.実質臓器 副腎の損傷click!

■49.急性副腎皮質不全 (きゅうせいふくじんひしつふぜん)click!

■50.男性の生殖器click!

■51.女性の生殖器click!

■52外傷性心室中隔欠損症、VSIclick!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト