交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 胸腹部臓器の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1.胸腹部臓器の外傷と後遺障害についてclick!

■2.肺挫傷 (はいざしょう)click!

■3.皮下気腫、縦隔気腫 (ひかきしゅ、じゅうかくきしゅ)click!

■4.気管・気管支断裂 (きかん・きかんしだんれつ)click!

■5.食道の仕組みclick!

■6.外傷性食道破裂 (しょくどうはれつ)click!

■7.咽頭外傷(いんとうがいしょう)click!

■8.横隔膜の仕組みclick!

■9.外傷性横隔膜破裂・ヘルニアclick!

■10.心臓の仕組みclick!

■11.心膜損傷、心膜炎 (しんまくそんしょう、しんまくえん)click!

■12.冠動脈の裂傷click!

■13.心挫傷、心筋挫傷 (しんざしょう、しんきんざしょう)click!

■14.心臓・弁の仕組みclick!

■15.心臓、弁の損傷click!

■16.大動脈についてclick!

■17.外傷性大動脈解離 (だいどうみゃくかいり)click!

■18.心肺停止 (しんぱいていし)click!

■19.過換気症候群 (かかんきしょうこうぐん)click!

■20.肺血栓塞栓、肺脂肪塞栓 (はいけっせんそくせん、はいしぼうそくせん)click!

■21.外傷性胸部圧迫症click!

■22.腹部臓器の外傷click!

■23.実質臓器 肝損傷 (かんそんしょう)click!

■24.実質臓器 胆嚢損傷 (たんのうそんしょう)click!

■25管腔臓器 肝外胆管損傷 (かんがいたんかんそんしょう)click!

■26.膵臓の働きclick!

■27.実質臓器 膵臓の損傷click!

■28.脾臓の働きclick!

■29.実質臓器 脾臓損傷 (ひぞうそんしょう)click!

■30.管腔臓器 胃の働きclick!

■31.外傷性胃の破裂 (いのはれつ)click!

■32.小腸の働きclick!

■33.管腔臓器 小腸穿孔 (しょうちょうせんこう)click!

■34.大腸の働きclick!

■35.管腔臓器 大腸穿孔、大腸破裂click!

■36.腹壁瘢痕ヘルニアclick!

■37.腹膜・腸間膜の障害click!

■38.腎臓の働きclick!

■39.腎挫傷、腎裂傷、腎破裂、腎茎断裂click!

40.尿管、膀胱、尿道の働き

尿管、膀胱、尿道の働き
 

腎臓が、老廃物をこしとって尿を作ることについては、説明しました。
今回は、尿を膀胱に送る尿管、尿を一時的に貯める膀胱、尿を排泄する尿道について説明します。

その前に、尿は、どのように作られているのか?
どのような過程をたどって、体外に排泄されているのか? 少し触れておきます。

ヒトは、空気を吸入して肺に取り込んだ酸素と、食事で、主に小腸から吸収した栄養分を血液の中に送り込んで、
身体中の細胞に運び、供給を続けています。
細胞は、酸素や栄養分の供給がなければ、死滅することになり、ヒトも生存できません。
血液は、酸素や栄養分を身体中の細胞にくまなく届ける、大変重要な役目を果たしているのです。

血液には、もう1つの重要な役割があります。
それは、身体中の細胞から、不要となって捨てられたものを回収して、腎臓に送り込むことです。
腎臓では、血液中の不要なもの=老廃物を、こし取り、ろ過しています。
これは原尿とよばれ、大人では1日、ドラム缶1杯、150lにもなります。
もし、原尿の全てが尿となって排泄されると、ヒトは脱水症状となり、死に至ります。

原尿の内、水分の大部分は尿細管、集合管で再吸収され、尿は、濃縮されているのです。
利用できる成分=水分、塩分、ブドウ糖、アミノ酸などは、再利用のため体に戻されています。
本当に不要なもの=老廃物だけが、尿となり、尿管を通って膀胱に貯められるのです。
ヒトは、血液中に捨てられた不要なものを、尿として、体外に排泄しているのです。

腎臓は、絶え間なく尿を作っていますが、そのまま排泄されると、通常生活が維持できなくなります。
ですから、膀胱は、腎臓で作った尿を貯めておく袋の役目を果たしています。
そして、尿がある程度貯まったら、体外に排泄することになります。

※尿路、尿の流れ
左右の腎臓から尿管、膀胱、尿道に至る尿の通り道を、尿路と呼びます。
尿は2つの腎臓で絶え間なく作られ、尿管を通って膀胱へと流入しています。
そして膀胱から尿道を通り、男性では陰茎、女性では外陰部を経て体外に排出されています。

※尿管
尿管は長さが30〜40cmの筋肉の管で、その上端は腎臓、下端は膀胱につながっています。
腎臓でつくられた尿は、尿管を通って膀胱に流れ込みます。
尿管は膀胱壁の部分で括約筋を貫通しており、この括約筋は輪状の筋肉組織で、
カメラの絞りのように開いて尿を通過させ、尿が通過すると、ピッタリ閉じるという働きをしています。

※膀胱
膀胱は伸縮性のある筋肉でできた袋状の器官で、尿管を通って流れてきた尿は膀胱にたまります。
膀胱は500mlの容量を有していますが、尿の量に応じて徐々に膨張します。
膀胱に300mlの尿が貯まると、神経信号が脳に送られ、排尿が必要であることを伝えます。

膀胱の出口は尿道につながっていて、出口にある括約筋が開くと、尿は膀胱から流れ出ていきます。
同時に膀胱壁が自動的に収縮し、その圧力によって尿は尿道の中を下方へ押し出されていきます。
腹壁の筋肉が自発的に収縮することで、さらに圧が加わります。
尿管から膀胱への入り口にある括約筋はしっかりと閉じたままで、
尿が尿管を上がり、腎臓の方へ逆流するのを防止しています。

※尿道
尿道は、尿を膀胱から体の外に排出する管です。
男性では、尿道の長さは16〜20cmで、陰茎の先端部で、
女性では3〜4cmの長さで、外陰部で終了しています。


■41.尿管外傷 (にょうかんがいしょう)click!

■42.膀胱の外傷click!

■43.尿道の外傷click!

■44.外傷性尿道狭窄症click!

■45.神経因性膀胱click!

■46.尿崩症 (にょうほうしょう)click!

■47.脊髄損傷と排尿障害click!

■48.実質臓器 副腎の損傷click!

■49.急性副腎皮質不全 (きゅうせいふくじんひしつふぜん)click!

■50.男性の生殖器click!

■51.女性の生殖器click!

■52外傷性心室中隔欠損症、VSIclick!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト