交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 胸腹部臓器の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1.胸腹部臓器の外傷と後遺障害についてclick!

■2.肺挫傷 (はいざしょう)click!

■3.皮下気腫、縦隔気腫 (ひかきしゅ、じゅうかくきしゅ)click!

■4.気管・気管支断裂 (きかん・きかんしだんれつ)click!

■5.食道の仕組みclick!

■6.外傷性食道破裂 (しょくどうはれつ)click!

■7.咽頭外傷(いんとうがいしょう)click!

■8.横隔膜の仕組みclick!

■9.外傷性横隔膜破裂・ヘルニアclick!

■10.心臓の仕組みclick!

■11.心膜損傷、心膜炎 (しんまくそんしょう、しんまくえん)click!

■12.冠動脈の裂傷click!

■13.心挫傷、心筋挫傷 (しんざしょう、しんきんざしょう)click!

■14.心臓・弁の仕組みclick!

■15.心臓、弁の損傷click!

■16.大動脈についてclick!

■17.外傷性大動脈解離 (だいどうみゃくかいり)click!

■18.心肺停止 (しんぱいていし)click!

■19.過換気症候群 (かかんきしょうこうぐん)click!

■20.肺血栓塞栓、肺脂肪塞栓 (はいけっせんそくせん、はいしぼうそくせん)click!

■21.外傷性胸部圧迫症click!

■22.腹部臓器の外傷click!

■23.実質臓器 肝損傷 (かんそんしょう)click!

■24.実質臓器 胆嚢損傷 (たんのうそんしょう)click!

■25管腔臓器 肝外胆管損傷 (かんがいたんかんそんしょう)click!

■26.膵臓の働きclick!

■27.実質臓器 膵臓の損傷click!

■28.脾臓の働きclick!

■29.実質臓器 脾臓損傷 (ひぞうそんしょう)click!

■30.管腔臓器 胃の働きclick!

■31.外傷性胃の破裂 (いのはれつ)click!

■32.小腸の働きclick!

■33.管腔臓器 小腸穿孔 (しょうちょうせんこう)click!

■34.大腸の働きclick!

■35.管腔臓器 大腸穿孔、大腸破裂click!

■36.腹壁瘢痕ヘルニアclick!

■37.腹膜・腸間膜の障害click!

■38.腎臓の働きclick!

■39.腎挫傷、腎裂傷、腎破裂、腎茎断裂click!

■40.尿管、膀胱、尿道の働きclick!

■41.尿管外傷 (にょうかんがいしょう)click!

■42.膀胱の外傷click!

43.尿道の外傷

尿道の外傷
 
腎臓からスタート、下降を続け、尿管、膀胱の外傷を解説してきました。
今回は、最下部に位置する尿道を解説します。

/胸夘尿道と球部尿道は、前部尿道、
K賤揺尿道とち偉腺部尿道は、後部尿道と呼んでいます。

尿道外傷は、男性に圧倒的で、挫傷、部分的破裂、完全破裂の3つに分類されています。
後部尿道の外傷は、骨盤骨折に合併することがほとんどで、前部尿道の外傷は、
会陰のまたがり損傷=騎乗型損傷に起因することが多いと報告されています。
合併症には、尿道の狭窄、感染症、勃起不全や失禁などがあります。

尿道口からの出血が、最も重要な尿道外傷の徴候であり、この他の徴候としては、
会陰、陰嚢、陰茎の斑状出血、浮腫、直腸内診で確認される前立腺の高位浮遊などがあります。

逆行性尿路造影法により確定診断がなされています。

挫傷では、経尿道カテーテルを10日間程度、留置することで安全に治癒することができます。
部分破裂であれば、恥骨上カテーテル留置による治療が最善とされています。
後部の部分破裂では、カテーテルを用いて一次的な尿道再形成を試みるときもあります。
完全破裂となれば、恥骨上膀胱瘻造設術により、
ドレナージして治療する方法が簡便かつ安全性の高い治療方法です。
尿道の瘢痕組織が安定化するまで、3〜6カ月間を待機して、根治術が選択されています。

※騎乗型損傷
またがり損傷とも呼ばれ、なにか、硬いもので股間=会陰部を打撲することで発症します。
恥骨との間で球部尿道が挫滅し、挫滅した尿道は線維化、瘢痕化を起こし、
高い確率で球部尿道狭窄症を発症します。
自転車のサドルで、鉄棒やフェンスに跨がろうとして誤って手足を滑らせて会陰部を強打、
風呂場や温泉で湯船に入る際に足を滑らせて会陰部を打撲、これらが、典型的な受傷のパターンです。
受傷直後は尿道が強く挫滅を受けていますので、修復手術や、尿道にカテーテルを通すなどの治療ではなく、
膀胱瘻=下腹部に小さな穴を開け、膀胱に直接カテーテルを留置することで、
尿の出口を確保することが最良の選択です。
受傷後3〜6カ月を経過して、炎症が治癒してから尿道形成術が実施されています。

※骨盤骨折に伴う後部尿道外傷
後部尿道外傷は、交通事故によって起こる骨盤骨折の10%に認められると報告されています。
尿道は膜様部で骨盤に固定されているのですが、骨盤が左右から圧迫される、
捻るような大きな力が加わると後部尿道が断裂してしまうのです。
騎乗型損傷に同じく、受傷から、3〜6カ月を経過した後に、尿道形成術が実施されています。

尿道外傷は、挫傷、部分的破裂、完全破裂の3つに分類されています。
挫傷であれば、経尿道カテーテルの留置により、後遺障害を残すことなく改善が得られています。
部分的破裂では、恥骨上カテーテル留置による治療が最善とされています。
後部尿道の部分破裂、完全破裂では、一時的に尿道瘻が形成されますが、3〜6カ月後には、
尿道形成術が選択され、後遺障害を残すことなく改善が得られています。

もちろん、交通事故では、重篤な不可逆的損傷も予想されるところから、
尿道損傷に伴う排尿障害についても個別的に検証していかなければなりません。

尿道外傷における後遺障害のキモ?

1)排尿の機能障害
排尿とは、貯留した尿を意図的に排出することであり、
排尿機能障害は、排尿困難、残尿感あるいは尿閉などの症状として出現します。

々眦戮稜喃⊂祿欧認められるものは9級11号が認定されます。
高度の排尿障害とは、
残尿が100ml以上であることが超音波画像検査=ウロダイナミクス検査で立証されていることを意味しています。

中等度の排尿障害が認められるものは11級10号が認定されます。
中等度の排尿障害とは、残尿が50ml以上100ml未満であることが、
超音波画像検査=ウロダイナミクス検査で立証されていることを意味しています。
尿道狭窄のため、糸状プジーを必要とするもの、

G道狭窄のため、糸状プジー第20番が辛うじて通り、ときどき拡張術を行う必要のあるものは、
準用により14級相当が認定されています。

※糸状(しじょう)プジー

金属製、ゴム製などの細い管または棒で、主として尿道などの狭い体管腔に挿入、
狭窄部分の拡張を行う目的で使用されている医療器具のことで、
尿道狭窄の拡張では、金属ブジーが使用されていますが、狭窄が著しいときは、
糸状ブジーを挿入して順次拡張していく誘導ブジー法が行われています。


■44.外傷性尿道狭窄症click!

■45.神経因性膀胱click!

■46.尿崩症 (にょうほうしょう)click!

■47.脊髄損傷と排尿障害click!

■48.実質臓器 副腎の損傷click!

■49.急性副腎皮質不全 (きゅうせいふくじんひしつふぜん)click!

■50.男性の生殖器click!

■51.女性の生殖器click!

■52外傷性心室中隔欠損症、VSIclick!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト