交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 胸腹部臓器の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1.胸腹部臓器の外傷と後遺障害についてclick!

■2.肺挫傷 (はいざしょう)click!

■3.皮下気腫、縦隔気腫 (ひかきしゅ、じゅうかくきしゅ)click!

■4.気管・気管支断裂 (きかん・きかんしだんれつ)click!

■5.食道の仕組みclick!

■6.外傷性食道破裂 (しょくどうはれつ)click!

■7.咽頭外傷(いんとうがいしょう)click!

■8.横隔膜の仕組みclick!

■9.外傷性横隔膜破裂・ヘルニアclick!

■10.心臓の仕組みclick!

■11.心膜損傷、心膜炎 (しんまくそんしょう、しんまくえん)click!

■12.冠動脈の裂傷click!

■13.心挫傷、心筋挫傷 (しんざしょう、しんきんざしょう)click!

■14.心臓・弁の仕組みclick!

■15.心臓、弁の損傷click!

■16.大動脈についてclick!

■17.外傷性大動脈解離 (だいどうみゃくかいり)click!

■18.心肺停止 (しんぱいていし)click!

■19.過換気症候群 (かかんきしょうこうぐん)click!

■20.肺血栓塞栓、肺脂肪塞栓 (はいけっせんそくせん、はいしぼうそくせん)click!

■21.外傷性胸部圧迫症click!

■22.腹部臓器の外傷click!

■23.実質臓器 肝損傷 (かんそんしょう)click!

■24.実質臓器 胆嚢損傷 (たんのうそんしょう)click!

■25管腔臓器 肝外胆管損傷 (かんがいたんかんそんしょう)click!

■26.膵臓の働きclick!

■27.実質臓器 膵臓の損傷click!

■28.脾臓の働きclick!

■29.実質臓器 脾臓損傷 (ひぞうそんしょう)click!

■30.管腔臓器 胃の働きclick!

■31.外傷性胃の破裂 (いのはれつ)click!

■32.小腸の働きclick!

■33.管腔臓器 小腸穿孔 (しょうちょうせんこう)click!

■34.大腸の働きclick!

■35.管腔臓器 大腸穿孔、大腸破裂click!

■36.腹壁瘢痕ヘルニアclick!

■37.腹膜・腸間膜の障害click!

■38.腎臓の働きclick!

■39.腎挫傷、腎裂傷、腎破裂、腎茎断裂click!

■40.尿管、膀胱、尿道の働きclick!

■41.尿管外傷 (にょうかんがいしょう)click!

■42.膀胱の外傷click!

■43.尿道の外傷click!

44.外傷性尿道狭窄症

外傷性尿道狭窄症
 

尿道狭窄症は男性に多くみられる疾患で、外傷により、尿道粘膜を挫傷、
これが修復される過程で尿道粘膜や尿道粘膜を取り囲む尿道海綿体に線維化、瘢痕化という異常が起こり、
尿が通る内腔が狭くなる病態です。
症状が重いときは、自力で排尿ができなくなり、
尿道や膀胱にカテーテルを入れた状態で生活しなければならなくなり、
放置すれば、尿路感染症や腎機能障害に至ることも予想されます。

尿道狭窄症の治療方法は狭窄の原因、狭窄の長さ、部位によって変わります。
これまでは、狭窄が1カ所で1cm未満の短いものは、まず尿道拡張ブジー、
尿道内視鏡で観察しながら狭窄部の内尿道を切開する内尿道切開術=経尿道的治療を行うのが一般的でした。
後遺障害の認定基準も、経尿道的治療を前提として組み立てられています。
しかし、経尿道的治療は短期的には有効でも、長期的には、かなり高率で再狭窄するのです。
再狭窄では、再度経尿道的治療を行っても効果は得られません。
逆に、狭窄は複雑なものとなり、治り難くしているのです。

交通事故外傷を原因とする狭窄、1cmを超える長い狭窄、複数部位の狭窄では、
経尿道的治療で治癒することはなく、尿道狭窄症を治癒させる方法は、
尿道を作り直す手術、つまり尿道形成術を行うことになります。

ゞ杭部切除、尿道端々吻合術

狭窄している部分を切除して、残った正常な尿道同士を縫い合わせるという非常にシンプルな方法で、
膀胱に近い中枢側の球部尿道狭窄症に適応しています。
球部尿道は、恥骨の裏側でカーブしており、長さに余裕があります。
2cm程度の狭窄であれば、尿道端々吻合術で修復することが可能です。


尿道の出口寄りの末梢側球部尿道や陰茎部分の振子部尿道の狭窄では、
1cm程度の短い狭窄であっても、切除することにより陰茎の変形、
勃起に伴う陰茎の伸縮により血液の流れが悪くなり再狭窄を来す可能性が高いので、
尿道端々吻合は適応となりません。

後部尿道形成術

交通事故による後部尿道外傷は、骨盤骨折の10%に合併すると報告されています。
直腸、膀胱などの多臓器損傷を伴っていることが多く、まずそちらの治療が優先されます。
受傷直後は、尿の出口となる膀胱瘻を作成しておき、外傷が落ち着いてから尿道形成術を行います。
尿道形成術のタイミングは、尿道の炎症や感染がなくなり、瘢痕化が完了したときで、
一般的には受傷から3〜6カ月が望ましいとされています。
手術は瘢痕部分を切除して尿道端々吻合を行いますが、
断裂した膜様部尿道や前立腺が頭側へ持ち上がっていることが多く、
うまく吻合するためにいろいろな工夫が必要になります。
球部尿道の尿道端々吻合に比べると、手間と時間のかかる難しい手術となっています。

8腔粘膜を利用した尿道再建術

振子部尿道狭窄症や2cmを超える長い球部尿道狭窄症では狭窄部切除、尿道端々吻合が不可能であり、
代用組織を利用して尿道を再建することになります。
狭窄部分を尿道の走行に沿って縦方向に切開し、尿道の代用となる組織をパッチとして縫い合わせて、
尿道の内腔を拡張させるオペが実施されています。

狭窄部の瘢痕化が強く、内腔が極端に狭いときは、
尿道下裂の修復術後に生じた狭窄などの複雑なときは、オペを2回に分けて行います。
まず、狭窄した尿道を切除したあとに代用組織を貼り付けるオペを先に行い、 6カ月〜1年を経過した段階、
貼り付けた代用組織がしっかりと体に馴染んだところで尿道の形に作り直すオペが行われます。

尿道の代用になる組織として、口腔粘膜が注目されています。
口腔粘膜には、複数のアドバンテージがあります。
口腔粘膜は少々熱いものや硬いものに触れても問題なく、口腔には多くの雑菌が繁殖していますが、
口の粘膜が雑菌に感染して腐ってしまうことはありません。
つまり、口腔粘膜は頑丈で感染に強く、さらに、粘膜を採取しても、創は口の中に隠れているので、
外観からは分からず、美容的に問題になることもありません。
オペ後は、口の中がひきつれる感覚、口腔内の痺れの訴えがなされますが、
6カ月の経過で、これらの症状は消失しています。
口腔粘膜の採取による後遺障害はありません。

尿道狭窄症はさほど頻度の高い疾患ではなく、尿道形成術の治療経験を持つ医師は少なく、
現在でも、経尿道的治療が中心的に行われています。
完治することのない経尿道的治療ではなく、尿道形成術に特化している治療先を紹介しておきます。

治療先 防衛医科大学校病院 泌尿器科
所在地 〒359-8513 埼玉県所沢市並木3-2
TEL 042-995-1211
医師 堀口 明男
治療実績は国内最多で、毎週木曜日、金曜日が外来初診日となっています。

治療方法は、日進月歩、被害者としては敏感にならなければなりません。


■45.神経因性膀胱click!

■46.尿崩症 (にょうほうしょう)click!

■47.脊髄損傷と排尿障害click!

■48.実質臓器 副腎の損傷click!

■49.急性副腎皮質不全 (きゅうせいふくじんひしつふぜん)click!

■50.男性の生殖器click!

■51.女性の生殖器click!

■52外傷性心室中隔欠損症、VSIclick!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト