交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 胸腹部臓器の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1.胸腹部臓器の外傷と後遺障害についてclick!

■2.肺挫傷 (はいざしょう)click!

■3.皮下気腫、縦隔気腫 (ひかきしゅ、じゅうかくきしゅ)click!

■4.気管・気管支断裂 (きかん・きかんしだんれつ)click!

■5.食道の仕組みclick!

■6.外傷性食道破裂 (しょくどうはれつ)click!

■7.咽頭外傷(いんとうがいしょう)click!

■8.横隔膜の仕組みclick!

■9.外傷性横隔膜破裂・ヘルニアclick!

■10.心臓の仕組みclick!

■11.心膜損傷、心膜炎 (しんまくそんしょう、しんまくえん)click!

■12.冠動脈の裂傷click!

■13.心挫傷、心筋挫傷 (しんざしょう、しんきんざしょう)click!

■14.心臓・弁の仕組みclick!

■15.心臓、弁の損傷click!

■16.大動脈についてclick!

■17.外傷性大動脈解離 (だいどうみゃくかいり)click!

■18.心肺停止 (しんぱいていし)click!

■19.過換気症候群 (かかんきしょうこうぐん)click!

■20.肺血栓塞栓、肺脂肪塞栓 (はいけっせんそくせん、はいしぼうそくせん)click!

■21.外傷性胸部圧迫症click!

■22.腹部臓器の外傷click!

■23.実質臓器 肝損傷 (かんそんしょう)click!

■24.実質臓器 胆嚢損傷 (たんのうそんしょう)click!

■25管腔臓器 肝外胆管損傷 (かんがいたんかんそんしょう)click!

■26.膵臓の働きclick!

■27.実質臓器 膵臓の損傷click!

■28.脾臓の働きclick!

■29.実質臓器 脾臓損傷 (ひぞうそんしょう)click!

■30.管腔臓器 胃の働きclick!

■31.外傷性胃の破裂 (いのはれつ)click!

■32.小腸の働きclick!

■33.管腔臓器 小腸穿孔 (しょうちょうせんこう)click!

■34.大腸の働きclick!

■35.管腔臓器 大腸穿孔、大腸破裂click!

■36.腹壁瘢痕ヘルニアclick!

■37.腹膜・腸間膜の障害click!

■38.腎臓の働きclick!

■39.腎挫傷、腎裂傷、腎破裂、腎茎断裂click!

■40.尿管、膀胱、尿道の働きclick!

■41.尿管外傷 (にょうかんがいしょう)click!

■42.膀胱の外傷click!

■43.尿道の外傷click!

■44.外傷性尿道狭窄症click!

45.神経因性膀胱

神経因性膀胱
 

腎臓でつくられた尿は、尿管を通過して膀胱に流れ込みます。
膀胱は、筋肉組織の袋ですが、尿を漏らすことなく貯めておく=蓄尿と、
貯まった尿を体外に排泄する=排尿の2つの機能を有しています。
蓄尿は、長時間にわたって無意識に働き、一方、排尿は、短時間の周期で意識的に行われています。
このことは、膀胱の働きを中心とした排尿の仕組みですが、相反する2つの働きは、膀胱の筋肉、
排尿筋や尿道括約筋に対する複雑な神経系統のコントロールによって調節されているのです。

具体的には、膀胱壁の伸展により生じた蓄尿の情報=尿意は、仙髄の排尿中枢を経由し、
脊髄を通って大脳にある排尿中枢へ到達します。
また、排尿中枢からの指令も脊髄を通って膀胱や尿道括約筋に伝達されます。

蓄尿量が少ないときは、膀胱排尿筋の収縮を抑制し、膀胱の出口を閉じる命令が伝達され、
無意識な状態であっても、尿は漏れることなく貯められるのです。

膀胱に 350ml以上の尿が貯まると、尿意が急速に高まり、準備ができると膀胱排尿筋を収縮させると同時に、
尿道括約筋を緩める命令が伝達され、スムーズな排尿が開始されるのです。

では、この神経系統のコントロールが障害されると蓄尿や排尿はどうなるのでしょうか?

大脳、脊髄、末梢神経の部位が外傷で損傷されると、膀胱の働きは確実に障害されます。
膀胱は、腎臓でつくられた尿を貯めておき、一定量が貯まると排尿しますが、
その蓄尿や排尿をコントロールする神経系統に損傷や機能的な異常が起きることでスムーズな排尿ができなくなります。
この症状は、神経因性膀胱と診断されています。

神経因性膀胱では、今まで無意識で行っていた排尿が、できなくなる排尿異常が出現します。
症状の程度は、神経系=大脳、脳幹、脊髄、末梢神経の、どの部位が障害されているかで異なるのですが、
大脳では、頭部外傷が、脊髄では、脊髄損傷、頚髄症、頚椎症が、末梢神経の障害としては、
腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症などが代表的です。
蓄尿や排尿をコントロールしている神経系の障害で最も多いのは、外傷性脊髄損傷です。

排尿困難による残尿や尿閉の結果、尿路感染や尿路結石、尿が膀胱から尿管、
腎臓へと逆流する膀胱尿管逆流症などが起こり、
それらの症状が長引くと腎機能の低下を招くリスクが高くなります。


■46.尿崩症 (にょうほうしょう)click!

■47.脊髄損傷と排尿障害click!

■48.実質臓器 副腎の損傷click!

■49.急性副腎皮質不全 (きゅうせいふくじんひしつふぜん)click!

■50.男性の生殖器click!

■51.女性の生殖器click!

■52外傷性心室中隔欠損症、VSIclick!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト