交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 胸腹部臓器の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1.胸腹部臓器の外傷と後遺障害についてclick!

■2.肺挫傷 (はいざしょう)click!

■3.皮下気腫、縦隔気腫 (ひかきしゅ、じゅうかくきしゅ)click!

■4.気管・気管支断裂 (きかん・きかんしだんれつ)click!

■5.食道の仕組みclick!

■6.外傷性食道破裂 (しょくどうはれつ)click!

■7.咽頭外傷(いんとうがいしょう)click!

■8.横隔膜の仕組みclick!

■9.外傷性横隔膜破裂・ヘルニアclick!

■10.心臓の仕組みclick!

■11.心膜損傷、心膜炎 (しんまくそんしょう、しんまくえん)click!

■12.冠動脈の裂傷click!

■13.心挫傷、心筋挫傷 (しんざしょう、しんきんざしょう)click!

■14.心臓・弁の仕組みclick!

■15.心臓、弁の損傷click!

■16.大動脈についてclick!

■17.外傷性大動脈解離 (だいどうみゃくかいり)click!

■18.心肺停止 (しんぱいていし)click!

■19.過換気症候群 (かかんきしょうこうぐん)click!

■20.肺血栓塞栓、肺脂肪塞栓 (はいけっせんそくせん、はいしぼうそくせん)click!

■21.外傷性胸部圧迫症click!

■22.腹部臓器の外傷click!

■23.実質臓器 肝損傷 (かんそんしょう)click!

■24.実質臓器 胆嚢損傷 (たんのうそんしょう)click!

■25管腔臓器 肝外胆管損傷 (かんがいたんかんそんしょう)click!

■26.膵臓の働きclick!

■27.実質臓器 膵臓の損傷click!

■28.脾臓の働きclick!

■29.実質臓器 脾臓損傷 (ひぞうそんしょう)click!

■30.管腔臓器 胃の働きclick!

■31.外傷性胃の破裂 (いのはれつ)click!

■32.小腸の働きclick!

■33.管腔臓器 小腸穿孔 (しょうちょうせんこう)click!

■34.大腸の働きclick!

■35.管腔臓器 大腸穿孔、大腸破裂click!

■36.腹壁瘢痕ヘルニアclick!

■37.腹膜・腸間膜の障害click!

■38.腎臓の働きclick!

■39.腎挫傷、腎裂傷、腎破裂、腎茎断裂click!

■40.尿管、膀胱、尿道の働きclick!

■41.尿管外傷 (にょうかんがいしょう)click!

■42.膀胱の外傷click!

■43.尿道の外傷click!

■44.外傷性尿道狭窄症click!

■45.神経因性膀胱click!

■46.尿崩症 (にょうほうしょう)click!

■47.脊髄損傷と排尿障害click!

48.実質臓器 副腎の損傷

実質臓器 副腎の損傷
 
  

副腎は、両方の腎臓の上に帽子のように乗っている左右1対の臓器で、大きさは4〜5cmです。
副腎は、皮質と髄質に分かれていて、非常に大切な50種類のステロイドホルモンを産生しています。
ヒトが生きていくために重要なホルモンは、コルチゾール、アルドステロン、DHFA、アンドロステンジオンで、
副腎で産生されるホルモンは、体内で濃度が一定に保たれ、分泌量が調節されています。
両方の副腎の機能が低下すると、内服によるステロイド・ホルモンの補充が必要となります。

1)ステロイド・ホルモンの機能、欠乏したときの症状

.灰襯船勝璽
糖代謝、蛋白代謝、脂質代謝や電解質作用を有しており、このホルモンが不足すると、
色素沈着、食欲不振、体重減少、易疲労、悪心・嘔吐、腹痛、下痢などの症状が出現します。

▲▲襯疋好謄蹈
副腎皮質から分泌されるステロイド・ホルモンで、腎臓からのナトリウム排泄を抑制し、
血液中のナトリウムとカリウムのバランスを制御しており、このホルモンが不足すると、
低血圧、低ナトリウム血、高カリウム血、脱水、代謝性アシドーシスを呈し、ショック状態に陥ります。

DHFA
性ステロイドで、女性にとっては貴重な男性ホルモンです。
このホルモンが不足すると、腋毛・恥毛の脱落、性欲減退、勃起障害、無月経となります。

ぅ▲鵐疋蹈好謄鵐献ン
性ステロイドで、やがて男性ホルモンのテストステロン、女性ホルモンであるエストロンになります。
このホルモンが不足すると、DHFAと同じで、腋毛・恥毛の脱落、性欲減退、
男では、勃起障害、女性では、無月経となります。
アンドロステンジオンは、筋肉増強剤のサプリメントとして、大リーガーのマグワイアが使用、
ホームランを増産したことで有名ですが、現在は禁止薬物となり、市販はされていません。

2)問題点

上記の通り、副腎は、ヒトが生きていくための重要なステロイド・ホルモンを産生しており、
外傷による2つの副腎の摘出では、生涯、コルチゾールを主体とした補充療法が生命維持のため必要となります。
もちろん、副腎皮質の機能の低下でも、補充療法が必要となります。
補充療法中に、副腎皮質ホルモンが不足すると、急性副腎皮質不全を招くことも予想されます。

しかし、厚生労働省は、この状況で治癒とすることは適切でないとして、
労災保険における後遺障害等級認定を否定していますが、
交通事故となれば、症状固定を否定することはできません。

3)交通事故による副腎の摘出

自転車やバイクと自動車の衝突では、腹部に対する強い打撃で、腎臓や副腎の破裂が起きています。
これまでにも複数例を経験していますが、交通事故で1側の腎臓や副腎を摘出することはあっても、
両側の摘出は経験していません。
正常な副腎が1つ残れば、機能が半減することはほとんどなく、
むしろ、1つの副腎が2つ分の働きをすると報告されており、これらを信用して、後遺障害を無視してきました。
しかし、残った副腎に、相当なストレスがかかることは予想されるのです。
将来には、加齢の要素もあり、副腎の機能が徐々に低下していく可能性は十分に考えられるのです。

腎臓では、糸球体濾過値=GFRの値により、後遺障害等級の認定をしていますが、
副腎では、そのような設定はなされていません。

4)副腎皮質の機能低下による後遺障害のキモ?

”腎の機能検査で、フォローすることを怠らないこと、
副腎の機能検査は、血液検査が主体です。

※ACTH検査
ACTH=副腎皮質刺激ホルモンの測定は、早朝空腹時に安静にした状態で採決をします。
起床直後から午前中にかけて分泌量が増加し、午後になると減少するに血内変動が見られます。
また、ストレスを受けると数値は上昇します。
ACTHの測定は通常、コルチゾールの測定と併せて行われます。

ACTH=副腎皮質刺激ホルモンの基準値は、早朝安静時で7.4〜55.7pg/ml

※コルチゾール検査
コルチゾールの測定は、午前8〜10時に採血を行なって調べます。
分泌量は、朝、起床したときが最も多く、午後から夜にかけては徐々に減っていきます。

尿中の遊離コルチゾールの測定を行なうこともあります。 24時間の蓄尿を行うことにより、
コルチゾールの1日の分泌量を評価できます。

血中コルチゾールの基準値は、4.0〜23.3ug/ml
尿中コルチゾールの基準値は、26.0〜187.0μg/日

これら以外では、空腹時血糖値検査、血清中のカリウム、
ナトリウムの濃度を調べる血液検査が行われています。

副腎機能検査で異常が認められるとき、検査値に異常はないとしても、
吐き気や腹痛、嘔吐、発熱、関節痛、食欲不振、急激な血圧の変化、衰弱、悪寒、発疹、
心拍数が高く不安定などの症状が出現したときには、主治医とも相談の上、
日常生活、仕事上の具体的な支障を明らかにして後遺障害診断を受け、申請することになります。
等級は、9級11号、11級10号のいずれかが想定されます。


■49.急性副腎皮質不全 (きゅうせいふくじんひしつふぜん)click!

■50.男性の生殖器click!

■51.女性の生殖器click!

■52外傷性心室中隔欠損症、VSIclick!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト