交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 耳の外傷の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1.耳の構造click!

■2.外耳の外傷 耳介血腫 (じかいけっしゅ)click!

■3.耳介裂創 (じかいれっそう)click!

■4.耳垂裂 (じすいれつ)click!

■5.耳鳴りclick!

■6.外傷性鼓膜穿孔 (こまくせんこう)click!

■7.流行性耳下腺炎?click!

■8.側頭骨骨折 (そくとうこつこっせつ)click!

■9.頭蓋底骨折 (ずがいていこっせつ)click!

■10.騒音性難聴 (そうおんせいなんちょう)click!

11.音響性外傷 (おんきょうせいげいしょう)

11.音響性外傷 (おんきょうせいげいしょう)

 

これは、僅かな経験則ですが、交通事故でも発症しています。
高速道路上で発生した20台以上のトラックや乗用車が巻き込まれた多重追突事故で、
タンクローリー車が横転、爆発したときに、乗用車の運転者で経験しています。
このときは、耳鳴りが主症状で、12級相当が認定されています。

ロックコンサートなどの大音響や、爆発、銃声などを聞いた後で、聴こえが悪くなることがあります。
短期間の強大音に晒されたことで、聴力が落ちるもので、音響外傷と呼ばれています。
音響性外傷では、音源に近い方の耳だけに、難聴、耳鳴りが起こります。

軽いときは、1、2日で元に戻ることもありますが、そのまま難聴や耳鳴りを残すことがあります。
難聴は、早期に治療を開始するほど効果が得られ、時間が経過するほど、治りにくくなります。
なるべく早期に耳鼻咽喉科を受診することです。
急性音響性外傷では、早期のステロイド治療が有効です。

ロック歌手の氷室京介さん、53歳は、両耳難聴により引退宣言をしていますが、 25年の長きにわたり、
大音量の中で歌ってきた積み重ねで、騒音性難聴を発症したと、私は、想像しています。

音響性外傷による後遺障害のキモ?

後遺障害として評価されるのは、交通事故に限られます。
多重衝突事故で、爆音などに晒され、耳が聞こえにくいと感じたときは、直ちに、耳鼻咽喉科を受診することです。
多くは、早期のステロイド療法により、改善が得られています。

保険屋さんに確認すると、因果関係を疑い、受診を拒否する傾向です。
拒否されたことを理由に、受診を遅らせると、難聴などは進行し、改善が得られなくなります。
さらに、受診をしていなければ、因果関係が否定され、後遺障害の非該当とされます。

保険屋さんが拒否しても、症状があれば、健康保険で耳鼻咽喉科を受診することです。
であれば、治療効果も得られ、万が一、後遺障害を残したとしても、因果関係で非該当はありません。

どうしてか、保険屋さんが治療費を負担してくれないので通院できなかった?
こんな後ろ向きの被害者が、交通事故無料相談会でも目立ちます。
症状があれば、受診、通院すべきであって、保険屋さんの回答で萎むなど、本末転倒です。


前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト