交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 神経系統の機能又は精神の障害 > 従来の脳損傷
交通事故外傷と後遺障害


 ■神経系統の機能又は精神の障害click!

 従来の脳損傷

脳は大脳・脳幹・小脳から構成されています。
大脳は男子で約 1350g 、女子で約 1250g 、本能的活動・情動・記憶などの中枢となっています。
脳幹は間脳・中脳・橋・延髄と並び、全体として呼吸・心臓活動・
体温調節など基本的な生命現象の中枢です。
小脳は男子で 135g 、女子で 122g 、身体の平衡を保つ中枢です。
脳は人体の中でも最も重要な器官なので、頭蓋骨の中に保護され、
更にその中で硬膜・クモ膜・軟膜の三層の脳膜に包まれて保護されています。
クモ膜下腔は髄液で満たされており、
この髄液により脳はちょうど頭蓋骨という桶の中に浸されているようなもので、
頭蓋骨の外からの衝撃に対して脳を守り、損傷を受けにくくしています。



●後遺障害等級click!


 ■外傷性てんかんclick!

 ■頭痛click!

 ■失調・眩暈・平衡機能障害click!

 ■疼痛性感覚異常(RSD)click!

 ■脊髄損傷click!


前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト