交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 神経系統の機能又は精神の障害 > 脊髄損傷 > 後遺障害等級
交通事故外傷と後遺障害


 ■神経系統の機能又は精神の障害click!

 ■従来の脳損傷click!

 ■外傷性てんかん click!

 ■頭痛click!

 ■失調・眩暈・平衡機能障害click!

 ■疼痛性感覚異常(RSD)click!

 ■脊髄損傷click!

●神経学的検査click!

●脊髄不全損傷 後遺障害等級獲得のポイントclick!

後遺障害等級

脊髄損傷の後遺障害等級
1級1号
生命維持に必要な身の回り処理の動作について、常に他人の介護を要するもの。
2級1号
生命維持に必要な身の回り処理の動作について、随時介護を要するもの。
3級3号
生命維持に必要な身の回り処理の動作は可能であるが、終身にわたりおよそ労働に服することは出来ないもの。
5級2号
麻痺その他の著しい脊髄症状のため、独力では一般 平均人の4分の1程度の労働能力しか残されていないもの。
7級4号
明らかな脊髄症状のため、独力では一般平均人の2分の1程度の労働能力しか残されていないもの。
9級10号
一般的労働能力はあるが、明らかな脊髄症状が残存し、就労の可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの。
12級12号
労働には通常差し支えないが、医学的に証明しうる脊髄症状を残すもの。


前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト