交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 神経系統の機能又は精神の障害
交通事故外傷と後遺障害


 神経系統の機能又は精神の障害

神経系は、人体各部の機能を統率し、刺激伝達の経路となる器官で精神作用を営んでいます。
神経系は脳・脊髄で構成される中枢神経系と、脳・脊髄から出る末梢神経系に大別出来ます。
一方、自律神経は、交感神経と副交感神経に分けられます。

交感神経は脳・脊髄神経とは形態的に独立した系統をなしていますが、
副交感神経は脳・脊髄神経の中に紛れ込んでいます。
自律神経は消化・吸収・循環・呼吸・分泌・栄養・生殖等を無意識に支配し生命保持をはじめ、
人体の重要な機能を営みます。
脳の損傷によって生じる症状は、非常に多岐にわたる臨床症状が認められ、
これを神経障害と精神障害に区別して捉えることは、医学的にも不自然かつ危険です。
従って、これらの症状を総合的に判断して等級の認定を行います。

H14-4-1 から施行された新自賠責保険は、「神経系統の機能又は精神の障害」を
「介護を要する神経系統の機能又は精神の障害」
「神経系統の機能又は精神の障害」
「局部の神経系統の障害」
の 3 つに区分、新たに別表第 1 を設定し、等級の編成替えを行いました。

この章では、頭部外傷、高次脳機能障害、外傷性てんかん、頭痛、失調・眩暈、平衡機能障害、
RSD とカウザルギー、脊髄損傷、頚腰椎捻挫の後遺障害等級を説明しています。



●別表click!


 ■従来の脳損傷click!

 ■外傷性てんかんclick!

 ■頭痛click!

 ■失調・眩暈・平衡機能障害click!

 ■疼痛性感覚異常(RSD)click!

 ■脊髄損傷click!


前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト