交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 神経系統の機能又は精神の障害 > 外傷性てんかん
交通事故外傷と後遺障害


 ■神経系統の機能又は精神の障害click!

 ■従来の脳損傷click!

 外傷性てんかん

脳挫傷・頭蓋骨陥没骨折後の後遺障害として代表的な症例に「外傷性てんかん」があります。
上記の傷病により、脳の実質部についた瘢痕は、手術による摘出以外にこれを消すことは出来ません。
この瘢痕部から発せられる異常な信号に周りの正常な脳神経細胞が付和雷同して
大騒ぎをしている状態を外傷性てんかんと呼びます。
発作には大発作、焦点発作、精神運動発作がありますが、
発作を繰り返すと周辺の正常な脳神経細胞も傷つき性格変化や知能低下の精神障害を来たします。
高度になると痴呆・人格崩壊に至ります。



このように恐ろしい障害なのですが、
治療方法は発作を押さえる抗痙攣剤の内服による薬物療法が基本です。
発作焦点となっている脳の部分切除方もありますが、
これとて術後、長期にわたる薬物療法が必要となります。
抗痙攣剤は代表的なデパケンRをはじめとしてフェニトイン・カルバマゼピンなどがあります。
これらの内服を続けながら、脳波検査にて、てんかんを示すスパイク波・鋭波の消失を待つのです。
抗痙攣剤を内服中の女性は妊娠を避ける必要があります。

この傷病の被害者の家族が気を付けなければならないのは、発作の回数にこだわるだけではなく、
性格変化・人格低下の高次脳機能障害について日常生活で十分チェックすることです。
概ね性格変化・人格低下は日常生活の中でよほど注意していないと見落とします。
私も本来業務で「小学2年生程度の知能・情緒」と診断された被害者の対応をしたことがありますが、
診断結果 が出るまで判断出来ませんでした。
ごく一般的なのですが、どこかで大きな段落に落込むようです。
つまり、何から何まで小学校2年生ではないのです。



●等級認定のポイントclick!

●後遺障害等級click!


 ■頭痛click!

 ■失調・眩暈・平衡機能障害click!

 ■疼痛性感覚異常(RSD)click!

 ■脊髄損傷click!


前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト