交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 鼻・口の後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


■第3節:鼻の後遺障害click!

■1鼻の欠損click!

■2嗅覚の脱失click!

■鼻の後遺障害等級表click!

■第4節:口の後遺障害click!

1咀嚼の機能障害

第 4 節 口の後遺障害

 

1 咀嚼の機能障害

咀嚼・言語の機能障害

1 級 2 号

咀嚼および言語の機能を廃したもの、

咀嚼機能を廃したもの? 流動食以外は摂取出来ないもの、

3 級 2 号

咀嚼または言語の機能を廃したもの、

言語の機能を廃したもの?  4 種の語音の内、 3 種以上の発音不能のもの、

4 級 2 号

咀嚼および言語の機能に著しい障害を残すもの、

咀嚼機能に著しい障害を残すもの? 
粥食又はこれに準ずる程度の飲食物以外は摂取できないもの、

6 級 2 号

咀嚼または言語の機能に著しい障害を残すもの、

言語の機能に著しい障害を残すもの?  4 種の語音の内、 2 種の発音不能のもの又は綴音機能に障害があるため、言語のみを用いては意思を疎通することができないもの、

9 級 6 号

咀嚼および言語の機能に障害を残すもの、

咀嚼の機能に障害を残すもの? 固形食物の中に咀嚼ができないものがあることまたは咀嚼が十分にできないものがあり、そのことが医学的に確認できるもの、

10 級 3 号

咀嚼または言語の機能に障害を残すもの、

言語の機能に障害を残すもの?  4 種の語音の内、 1 種の発音不能のもの、

咀嚼とは噛み砕くことですが、この機能障害は不正な噛み合わせ、咀嚼を司る筋肉の異常、顎関節の障害、開口障害、歯牙損傷等を原因として発症します。

咀嚼の機能を廃したものとは、味噌汁、スープ等の流動食以外は受けつけないものを説明しており、 3 級 2 号が認定されます。

咀嚼の機能に著しい障害を残すものとは、お粥、うどん、軟らかい魚肉またはこれに準ずる程度の飲食物でなければ噛み砕けないものを説明しており、 6 級 2 号が認定されます。

咀嚼の機能に障害を残すものは、ご飯、煮魚、ハム等は問題がないが、たくあん、ラッキョウ、ピーナッツ等は駄目なケースを説明しており、 10 級 2 号が認定されます。
いずれも先の原因が医学的に確認できることを認定の条件としております。

開口障害を原因として咀嚼に相当の時間を要する場合は 12 級相当となります。


■2言語の機能障害click!

■3歯牙の障害click!

■4嚥下障害・味覚の脱失・味覚の減退click!

■5特殊例click!

■6口の後遺障害等級click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト