交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 鼻・口の後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


■第3節:鼻の後遺障害click!

■1鼻の欠損click!

■2嗅覚の脱失click!

■鼻の後遺障害等級表click!

■第4節:口の後遺障害click!

■1咀嚼の機能障害click!

2言語の機能障害

第 4 節 口の後遺障害

 

2 言語の機能障害

ちなみに、人の発声器官は咽頭です。
咽頭には、左右の声帯があり、この間の声門が、筋肉の働きで狭くなって、呼気が十分な圧力で吹き出されると、声帯が振動し、声となるのです。

この声は口腔の形の変化によって語音に形成され、一定の順序に連結されて、初めて言語となります。 語音を一定の順序に連結することを綴音というのです。

語音はあいうえおの母音と、それ以外の子音とに区別されます。
子音はさらに、口唇音・歯舌音・口蓋音・咽頭音の 4 種に区別 されます。

4 種の子音とは、
仝唇音(ま、ぱ、ば、わ行音、ふ)
∋舌音(な、た、だ、ら、さ、ざ行音、しゅ、じゅ、し)
8蓋音(か、が、や行音、ひ、にゅ、ぎゅ、ん)
ぐ頭音(は行音) を説明しています。

言語の機能を廃したものとは先の 4 種の語音のうち、 3 種以上の発音が不能になったものを説明しています。 3 級 2 号が認定されます。

言語の機能に著しい障害を残すとは、 4 種の語音のうち 2 種が発音不能になった状況又は綴音機能に障害があり、言語のみでは意思を疎通させることができない状況を説明しており、 6 級 2 号が認定されます。

言語の機能に障害を残すものとは、 4 種の語音のうち 1 種の発音不能のものを説明しており、 10 級 3 号が認定されます。

声帯麻痺による著しいかすれ声は、 12 級相当となります。

咀嚼の機能の著しい障害( 6 級 2 号)と言語機能の障害( 10 級 2 号)の組み合わせは併合して 5 級相当となります。

咀嚼の機能の用を廃したもの( 3 級 2 号)と言語の機能の著しい障害( 6 級 2 号)の組み合わせは併合すると 1 級になりますが、これでは序列を乱しますので 2 級相当にされます。


■3歯牙の障害click!

■4嚥下障害・味覚の脱失・味覚の減退click!

■5特殊例click!

■6口の後遺障害等級click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト