交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 鼻・口の後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


■第3節:鼻の後遺障害click!

■1鼻の欠損click!

■2嗅覚の脱失click!

■鼻の後遺障害等級表click!

■第4節:口の後遺障害click!

■1咀嚼の機能障害click!

■2言語の機能障害click!

3歯牙の障害

第 4 節 口の後遺障害
 
3 歯牙の障害
 

歯の後遺障害では、事故以前の虫歯なども含め、加重障害として等級が認定されています。
そして、加重障害の計算は、単純な差引ではなく、とても複雑なものです。

まず、基本的な用語を学習します。

1)補綴、ほてつとは?
対象の歯を削り、人工のもので補ったことを補綴と呼び、以下の2つに分類されます。

仝鯆婿故で受傷した歯の体積の4分の3以上を、治療上の必要から削ったもの、

交通事故受傷ではないが、治療の必要から、健康な歯の4分の3以上を削ったもの、

※ここでいう歯とは、歯茎の上、見える部分=歯冠部のことです。

交通事故で歯を欠損、抜歯した後に、喪失した歯の部分に人工歯を設置するブリッジがあります。
ブリッジでは、両サイドの健康な歯を削り、橋のように3本がつながった人工歯を被せて固定します。

 

これがブリッジです。
 

インプラント          部分入れ歯
 

2)欠損?
交通事故により、歯が折れたもの、

3)抜歯?
交通事故により、歯がぐらつき、治療上の必用から歯を抜いたもの、

 
大人の歯、つまり永久歯は上が14、下が14の計28本の歯です。
歯の後遺障害等級は、10級3号〜14級2号まで、5段階で評価されています。
 

歯牙の障害

10 級 4 号

14 歯以上に対し歯科補綴を加えたもの、

11 級 4 号

10 歯以上に対し歯科補綴を加えたもの、

12 級 3 号

7 歯以上に対し歯科補綴を加えたもの、

13 級 5 号

5 歯以上に対し歯科補綴を加えたもの、

14 級 2 号

3 歯以上に対し歯科補綴を加えたもの、

では、後遺障害等級を決める加重計算を説明します。

1)まず、交通事故で障害された歯と交通事故により補綴を余儀なくされた歯の本数をカウントします。
次に、事故前からの既存障害歯の本数をカウントし、2つを合計した本数を算出します。

※既存障害歯
交通事故以前に、虫歯で大きく削られた歯、金属や冠で治療したもの、
クラウン、入れ歯、インプラント、抜けたまま放置されている歯のことです。

2)合計の本数を現存障害歯として、上表から後遺障害等級を求めます。

3)次は、交通事故以前からの既存障害歯の本数について、上表から後遺障害等級を求めます。

4)現存障害歯の自賠責保険金−既存障害歯の自賠責保険金=加重後の自賠責保険金となります。

Q 鈴木さんは、虫歯の治療で4本に金属を被せ、他の2本は抜けたまま放置していました。
そして、本件交通事故により、2本の歯を根元から歯折しました。
1本はインプラント、もう1本は、両サイドの歯を大きく削り、ブリッジで補綴する治療となりました。
歯の後遺障害等級をお教えください?

1)既存障害歯は、虫歯の4本、抜けたままの2本で6本となります。
交通事故による障害歯は、インプラント1本、ブリッジによる3本の補綴で4本となります。

2)現存障害歯は、6+4=10本であり、等級表から11級4号となります。

3)既存障害歯は、6本ですから、5本以上で7本以下、つまり13級5号となります。

4)11級、331万円−13級、139万円=192万円が加重障害後の自賠責保険金となります。

誤った判定?
仝鯆婿故で折れたのは2本だから、14級の3本以上に該当せず、非該当ですよ?

▲屮螢奪犬3本、インプラントで1本、合計4本ですから、14級2号になります?

事故後の合計障害歯は10本、ここから事故前の障害歯6本を引くと4本になり、14級2号です?

上記の誤りは、私のHPの間違った掲載が原因となっています。
私のHPでは、「歯科補綴を加えたもの? なにやら難しい表現ですが、交通事故で現実に喪失した歯の本数が対象です。
見えている部分の4分の3を失ったときも対象に含まれます。
事故で2本の歯を喪失し、両サイドの歯にブリッジを架けると、都合4本の歯に補綴を実施したことになるのですが、
失った歯は2本ですから、後遺障害には該当しません。」 このような間違った掲載を長らく続けてきたのです。

ところが、これらの間違った掲載が、そのまま多くの法律事務所のHPにコピペされているのです。
現在でも、ほとんどの法律事務所では、間違いだらけの理解がなされています。
弁護士のHPに、「交通事故で現実に喪失した歯の本数が対象です?」
こんな記載を発見したときには、パクリ、恥知らずですから、相談をしてはなりません。

Q 山崎さんは、自転車で走行中に自動車と衝突しました。
6カ月後の後遺障害では、右橈骨遠位端粉砕骨折による右手関節の可動域制限で10級10号、
歯も本件事故で3本を喪失したのですが、元々の虫歯も7本あり、歯は合計10本で11級4号、
採集後遺障害等級は、併合により9級となりました。
さて、本件の自賠責保険金はいくらになるでしょうか?

1)歯の後遺障害では、既存障害歯の7本の12級3号が差し引かれることになります。
併合9級、自賠責保険金は、616万円です。
616万円−224万円=392万円が、振り込まれる保険金?

2)ちょっと待って、併合される前の10級10号の自賠責保険金は461万円です。
歯の後遺障害を申請したばかりに、併合で9級となっても、保険金は392万円?
ええ、やぶ蛇なの? 69万円も目減りしているじゃないの?

3)安心してください。
歯の加重障害を適用して保険金を差し引くよりも、歯の後遺障害を抜きにして、
他の障害が併合されたことによる保険金が、被害者に有利な計算となれば、
加重分の保険金を差し引かない特別なルールが適用されているのです。

つまり、本件では、10級10号を認定して、461万円を支払い、併合11級は却下されます。
歯を除いた障害の併合等級か?
歯を加えた加重障害か?
この選択は、常に、被害者に有利な方で認定されているのです。

4)しかし、これは、自賠法の規定であり、交通事故に長けた強い弁護士であれば、
併合9級として、後遺障害慰謝料690万円を主張、堂々と請求しなければなりません。
歯の喪失では、訴訟であっても、逸失利益は認められていません。
逸失利益のみ、10級をベースに、フル期間を請求することになります。
先のコピペ弁護士に、そんな実力はありません。

5)最後になりますが、親知らず=3大臼歯、乳歯の喪失は、当然のことですが、評価の対象外です。
歯の後遺障害診断では、専用の後遺障害診断書を使用します。
これも覚えておいてください。


■4嚥下障害・味覚の脱失・味覚の減退click!

■5特殊例click!

■6口の後遺障害等級click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト