交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 鼻・口の後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


■第3節:鼻の後遺障害click!

■1鼻の欠損click!

■2嗅覚の脱失click!

■鼻の後遺障害等級表click!

■第4節:口の後遺障害click!

■1咀嚼の機能障害click!

■2言語の機能障害click!

■3歯牙の障害click!

■4嚥下障害・味覚の脱失・味覚の減退click!

5特殊例

第 4 節 口の後遺障害

 

5 特殊例

特殊例

10 級 3 号

気管カニューレの抜去困難症である場合、

6 級 2 号

半永久的に抜去が困難な気管カニューレの抜去困難症である場合、

 

気管カニューレ

気管カニューレの抜去困難症の取扱いです。 35 年間で、 1 例の経験です。
一般的には気道確保の目的で気管切開とし気管カニューレ、通称 T チューブを挿管するのですが、稀に、気管切開の位置や管理上の問題で抜去ができなくなるケースがあります。
気管や咽頭を受傷しても、同様のことが考えられます。

この場合は、 10 級 3 号が認定されます。
半永久的に抜去が困難な場合は、 6 級 2 号が認定されます。

 


■6口の後遺障害等級click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト