交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 鼻・口の後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


■第3節:鼻の後遺障害click!

1鼻の欠損

第 3 節 鼻の後遺障害

 

1 鼻の欠損

鼻の後遺障害

9 級 5 号

鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの

鼻の欠損とは、鼻軟骨部の全部または大部分の欠損を説明しています。
機能に著しい障害を残すものとは鼻呼吸困難または嗅覚脱失を説明しています。
鼻の欠損は外貌の醜状でも判断が可能です。

鼻の欠損とは、鼻軟骨部の全部または大部分の欠損、機能に著しい障害を残すとは、嗅覚の脱失または鼻呼吸が困難であることを言います。

鼻の欠損は、耳と同じく、外貌の醜状として捉えることができます。

女性の場合、鼻の欠損は、外貌の醜状で捉えれば 7 級 12 号に該当します。
この場合、先の 9 級 5 号と併合するのではなく、上位等級の 7 級 12 号が認定されるのです。

鼻の欠損を外貌の醜状で判断する場合で鼻以外の顔面にも醜状瘢痕が認められる場合は、鼻の欠損と顔面の醜状瘢痕を併せてその程度により、単なる醜状?著しい醜状? これらの判断が行われます。


■2嗅覚の脱失click!

■鼻の後遺障害等級表click!

■第4節:口の後遺障害click!

■1咀嚼の機能障害click!

■2言語の機能障害click!

■3歯牙の障害click!

■4嚥下障害・味覚の脱失・味覚の減退click!

■5特殊例click!

■6口の後遺障害等級click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト