交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 醜状の後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


新基準

第 8 節 醜状障害

 

新基準

自賠責保険 醜状障害の新認定基準

等級

醜状障害の内容

7

12 外貌に著しい醜状を残すもの、

9

16 外貌に相当程度の醜状を残すもの、

12

14 外貌に醜状を残すもの、
15 女性の外貌に醜状を残すものは、削除されました。

14

3 上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの、
4 下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの、

10男性の外貌に醜状を残すものは、削除されました。

醜状障害は、2010年6月10日に京都地裁の違憲判決が確定しており、男女間格差は否定されています。
平成23年5月2日、政令第116号により、以下の修正が加えられました。

(棉臭7級12号の「女子の外貌」を「外貌」に改めること、

∧棉臭9級16号を9級17号に改め、9級16号は、「外貌に相当程度の醜状を残すものとすること、

J棉臭12級14号の「男子の外貌」を「外貌」に改め、14級15号を削除すること、

な棉臭14級10号を削除すること、

この政令は公布日=平成23年5月2日から施行し、自動車損害賠償保障法施行令の規定は、平成22年6月10日以降に発生した自動車の運行による事故について適用する。

 

平成22年6月10日以前の事故日であれば、新基準の適用はありません。
遡及適用は、平成22年6月10日以降に発生した事故日の被害者に限定されており、平成22年6月10日以前の事故日であれば、12級14号、14級10号の認定となります。
自賠責保険に異議申立を行っても、なんの効果も得られません。
地方裁判所に訴訟を提起して争う事案であることを理解してください。


■新基準の検証click!

■(1)醜状障害の総論?click!

■(2)7級12号 外貌に著しい醜状を残すものclick!

■(3)9級16号 外貌に相当程度の醜状を残すものclick!

■(4)12級14号 外貌に醜状を残すものclick!

■コラム 美容整形?click!

■(5)外貌に2個以上の瘢痕や線状痕の場合click!

■(6)上肢・下肢の醜状?click!

■(7)日常露出しない部位の醜状障害?click!

■コラム 乳の値段?click!

■(8)醜状障害の後遺障害等級click!

■コラム 交通事故と美容形成?click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト