交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 精神・神経系統の外傷の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


1.背骨の仕組み?

1.背骨の仕組み?

背骨、脊柱は、上から7つの頚椎、12の胸椎、5つの腰椎と仙骨、尾骨の2つ、合計25の椎骨の集合体で構成されています。
この全体を背骨、バックボーン、医学的には脊柱と呼んでいます。

脊柱は、正面からはまっすぐに見えますが、横断面では、ゆるやかなS字状のカーブをしています。
頚椎は前弯し、胸椎は後弯、腰椎は前弯、仙椎は後弯しているのです。
このカーブを、医学では、アライメントと呼んでいます。

脊柱は3つの役割があり、1つは身体を支える柱、バックボーンとしての役割、
2つ目は、体幹を前後左右に曲げる、捻ることができる運動機能の役割です。
荒川静香さんのイナバウワーをイメージしてください。
最後は、脊髄、中枢神経を脊柱管で保護する役割です。
余談ですが、人間には206の骨があります。
206の骨がパズルのように組み合わさり、人間の骨格を形成しているのです。
骨と骨をつなぐジョイント部分を関節といいます。
2つの骨の間には関節腔とよばれる空間があり、摩擦を和らげて、運動の向きと範囲を一定に保っています。

脊柱を構成している椎体骨は、前方部の椎体、後方部の椎弓、棘突起の3つの部位で構成されており、
中央部に脊髄、馬尾神経が通る脊柱管というトンネルが形成されています。
椎体と椎体の間には椎間板が挟まり、互いに連なって柱状になっています。

椎間板は椎体と椎体の間に挟まっている板状の軟骨組織で、弾力性の高い構造であり、
体を動かしたときの衝撃を吸収するクッションの役目を果たしています。
椎間板の働きにより、身体を前後左右に曲げたり、ねじったりすることができるのです。

椎間板の中央には髄核と呼ばれる水分を多く含むゼリー状の柔らかい物質があります。
その周囲を囲むように線維輪と呼ばれる組織が何層にも重なって髄核を守っています。
椎間板はストレスにさらされており、年齢とともに、水分を蒸散し、衝撃を吸収しにくくなります。

68歳ともなると、椎間板はグミから草加せんべいに変節してきます。
しかし、上下の骨も骨密度が落ちてスカスカですからなんとか持ちこたえているのです。
これは、私のことです。


■2外傷性頚部症候群における後遺障害のキモ?click!

■3.外傷性頚部症候群の神経症状について?click!

■4.バレ・リュー症候群click!

■5.腰部捻挫・外傷性腰部症候群?click!

■6.外傷性腰部症候群の神経症状?click!

■7.腰椎横突起骨折click!

■8上腕神経叢麻痺 (じょうわんしんけいそうまひ)click!

■9.中心性頚髄損傷click!

■10.環軸椎脱臼・亜脱臼?click!

■11.上位頚髄損傷?click!

■12.上位頚髄損傷と横隔膜ペーシングclick!

■13.脊髄損傷と排尿障害click!

■14.脊髄不全損傷=非骨傷性頚髄損傷click!

■15.16.脊髄の前角障害、前根障害・後根障害click!

■17.バーナー症候群click!

■18.脊髄空洞症?click!

■19.頚椎症性脊髄症click!

■20.後縦靱帯骨化症 OPLLclick!

■21.後縦靱帯骨化症 OPLLclick!

■22.椎骨脳底動脈血行不全症 (ついこつのうていどうみゃくけっこうふぜんしょう)click!

■23.腰椎分離・すべり症click!

■24.胸郭出口症候群 (きょうかくでぐちしょうこうぐん)click!

■25.頚肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん) 肩凝り? ムチウチ?click!

■26.複合性局所疼痛症候群 (ふくごうせいきょくしょとうつうしょうこうぐん) CRPSclick!

■27.低髄液圧症候群=脳脊髄液減少症=click!

■28.軽度脳外傷 (けいどのうがいしょう) MTBIclick!

■29.梨状筋症候群 (りじょうきんしょうこうぐん)click!

■30.線維筋痛症 (せんいきんつうしょう)click!

■31.仙腸関節機能不全 (せんちょうかんせつきのうふぜん)、AKAclick!

■32.過換気症候群 (かかんきしょうこうぐん)click!

■23.網膜振盪症(もうまくしんとうしょう)click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト