交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 脊柱・その他の体幹骨の外傷の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1.骨折の分類?click!

■2.脊柱の圧迫骨折?click!

■3.脊柱の圧迫骨折 プロレベルclick!

■4.脊柱の圧迫骨折 プロレベルclick!

■5.脊柱の圧迫骨折 プロレベルclick!

■6.肋骨骨折?click!

■7.肋骨多発骨折の重症例 外傷性血胸?click!

■.8.肋骨多発骨折の重症例 フレイルチェスト、Flail Chest、動揺胸郭?click!

■9.鎖骨骨折?click!

■10.肩鎖関節脱臼(けんさかんせつだっきゅう)?click!

11.胸鎖関節脱臼?

11.胸鎖関節脱臼?
 

大型バイクでツーリング中、山間部左カーブ地点でセンターラインオーバーの対向車との衝突を避けるため、
右に急ハンドルを切り、崖下に落下した被害者で、この傷病名を初めて経験、
崖下に転落した際に、立木に右肩部をぶつけたとのことです。
診断書には、右胸鎖関節前方脱臼、第1肋骨骨折と記載されていました。

胸鎖関節は、鎖骨近位端が胸骨と接する部分で、先に説明した肩鎖関節の反対に位置しています。
胸鎖関節は、衝突や墜落など、肩または腕に対して働く後方への介達外力により発生するとされ、
この際、鎖骨近位端が、第1肋骨を支点として前方に脱臼することが多いと言われています。

受傷から2カ月経過、クラビクルバンド固定を外して1週間で、交通事故無料相談会に参加されました。
鎖骨の近位端部は、少しですが前方に飛び出しており、上半身裸で確認ができました。
突出部に圧痛が強く、右肩は下垂し、右肩関節の外転運動は85°でした。

自宅近くの整形外科・開業医に転院、リハビリ治療を続けた結果、
受傷6カ月目で、脱臼部の圧痛の緩和、外転の可動域が120°まで改善したので症状固定を選択、
右鎖骨近位端の変形と痛みで12級5号、
右肩関節の機能障害で12級6号、併合11級が認定されました。

胸鎖関節脱臼における後遺障害のキモ?

1)肩関節の可動域
受傷2カ月目の外転運動は85°2分の1以下で10級10号に相当するものでした。
しかし、4カ月間のリハビリ治療で、外転120°まで改善したのです。
これ以上リハビリを続ければ、180°はあり得ないとしても、135°以上は確実です。
135°以上なら、機能障害は非該当になることから、絶妙なタイミングで症状固定を選択したのです。
関節の機能障害では、プロの目利きが必要なのです。

2)肩関節から最も離れた部分の脱臼で、どうして肩関節に機能障害を残すのか?
相談当初から、このことに疑問を感じていました。
そこで、右鎖骨全体のCTを実施、3Dで右鎖骨の走行に変化が生じていることを立証したのです。
鎖骨の走行に変化が生じていれば、肩関節に機能障害を来しても不思議ではありません。
ここが立証の決め手であったと自負するところです。

肩関節は、上腕骨頭が肩甲関節に遠慮がちに寄り添う構造です。
肩甲骨は、鎖骨にぶら下がっている形状で、胸郭=肋骨の一部に乗っかっています。
つまり、肩鎖関節と胸鎖関節、肩甲骨の胸郭付着部は3本の脚立の脚となっているのです。
胸鎖関節の脱臼により脚立の脚が1本ぐらついたのです。
それを理由として、胸鎖関節から最も遠い位置の肩関節に機能障害が発生したのです。
この理屈をご理解ください。

3)右鎖骨近位端の変形


胸鎖関節脱臼で鎖骨が突出したのは、○印の部分です。

受傷4カ月目では、突出もあまり目立たなくなっていました。
圧痛も、以前よりは改善に向かっているとの報告です。
被害者はライダーにしては、やや太り気味の体格で、デブが変形を目立たなくしているのです。
そこで、私は炭水化物の摂取を向こう2カ月間中止とするダイエットを指示しました。
「デブで12級5号を失うのか、ダイエットで確実に取り込むのか?」 迫ったのです。
真面目な被害者はダイエットに専念、体重を2カ月で10kg落としました。
痩せることで、胸鎖関節部の突出は浮き上がってきたのです。

併合11級の認定で弁護士に委任、この被害者は2000万円の損害賠償金を手にしました。


■12.肩甲骨々折 (けんこうこつこっせつ)?click!

■13.骨盤の仕組みclick!

■14.骨盤骨折の軽症例?click!

■15.骨盤骨折の重症例?click!

■16.骨盤骨折に伴う出血性ショック?click!

■17.骨盤骨折における後遺障害のキモ?click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト