交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 頭部外傷 傷病名と後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


1[頭蓋骨骨]

頭部外傷 傷病名と後遺障害

 

1 頭蓋骨骨折

( 1 )病態

頭蓋骨は、身体の他の部位の骨が関節を形成したり重力に対して体を支えたりしているのとは違って、脳を入れる容器としての役割を担当しています。

頭蓋骨骨折は、陥没骨折と線状骨折の 2 つに分かれます。線状骨折は、鈍的な衝撃により生じ、陥没骨折は、小さな物体等が、かなりのスピードでぶつかったり、比較的鋭利な物体に頭がぶつかったりして生じます。

( 2 )症状

頭蓋骨骨折ですが、骨折そのものが、私生活に支障をきたすことはありません。 
しかし、頭蓋骨骨折に伴って、以下のような可能性が考えられます。

々折を起こす程度の強い衝撃が、頭に加わったという可能性、

硬膜の血管とは中硬膜動脈や静脈洞のことですが、骨折により硬膜の血管が傷つき、硬膜外血腫を発生させる可能性、

9折が副鼻腔等までおよんでいる場合、骨折の他に硬膜、くも膜に損傷があれば、髄液漏を来す可能性、

て蓋骨骨折の中の頭蓋底骨折の場合は、骨折線が、頭蓋底の脳神経が通る穴におよぶ場合が多く、脳神経を損傷している可能性、
骨折部位が頭蓋底の前の方である場合、出血が目の周りに染み出し、医学的にはパンダ目徴候と呼びます。

頭蓋骨と脳神経

陥没骨折・ 線状骨折

頭蓋骨線状骨折  頭蓋骨線状骨折   頭蓋骨線状骨折 、 Towne 像

頭蓋骨陥没骨折


頭蓋骨陥没骨折 

頭蓋骨陥没骨折

( 3 )診断 

最終的な診断は、頭の単純X線にて診断します。
単純 XP 撮影は、正面、左右側面、 Towne 撮影=斜め後ろから撮影したもの、これらの 5 枚を1セットとして、撮影を実施、骨折を検証します。

( 4 )治療

基本的に、線状骨折は、硬膜外血腫や脳損傷等の骨折による二次的な脳の障害がない場合は、保存的に治療します。陥没骨折の場合で損傷が硬膜を破り、脳実質まで及んでいる場合、緊急的に頭皮・粉砕された骨片、壊死した脳組織の除去と皮膚の縫合を行います。

 


■2[脳実質の損傷]click!

■3[びまん性軸索損傷]click!

■4[急性硬膜外血腫]click!

■5[急性硬膜下血腫]click!

■6[慢性硬膜下血腫]click!

■7[外傷性くも膜下出血]click!

■8[脂肪塞栓]click!

■9[植物状態]click!

■10[脳死]click!

■11[脳神経損傷の全て]click!

■12[視神経損傷]click!

■13[動眼神経麻痺]click!

■14[聴神経損傷]click!

■15[嗅神経損傷]click!

■16[顔面神経麻痺]click!

■17[外傷性てんかん]click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト