交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 頭部外傷 傷病名と後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


■1[頭蓋骨骨]click!

■2[脳実質の損傷]click!

■3[びまん性軸索損傷]click!

■4[急性硬膜外血腫]click!

■5[急性硬膜下血腫]click!

■6[慢性硬膜下血腫]click!

■7[外傷性くも膜下出血]click!

■8[脂肪塞栓]click!

■9[植物状態]click!

10[脳死]

第 1 節 頭部外傷 傷病名と後遺障害

 

10脳死

( 1 )病態
脳死とは大脳半球や脳幹までも含む全脳髄機能の不可逆的な停止状態を言います。

厚生省研究班による脳死判定基準、
ヾ鐚租脳障害による無呼吸状態であること、
原疾患が確実に診断されていること、
この2つを前提条件として、以下の判定基準をもうけています。

/失睡、意識レベル JCS300、GCS−3、
JCSで300とは、痛みを与えても開眼しない、GCS-3とは、痛みを与えても開眼しない、言語なし、運動なしの状況を言います。

⊆発呼吸の消失、
人工呼吸器を外してチェックする無呼吸テストを必須としています。

F傾Ω把蝓欸贈mm以上
瞳孔が両側とも散大、固定し、瞳孔径は左右とも4mm以上

で彰竿深佑両端 対光・角膜・毛様体脊髄・眼球頭・前庭・咽頭・喉の各反射の消失
ナ臣廓焦
Ν 銑イ両魴錣鯔たし、6時間の経過をみて変化がないこと、ただし、二次性脳障害・6歳以上の小児では6時間以上。

判定者は、脳死判定の経験がある2名以上の医師により行われます。
必須条件は、器質性脳障害、深昏睡で無呼吸、原因疾患の確定、回復不能を満たしていること、
6歳未満の小児、
急性薬物中毒およびその疑い、
RT32℃以下の低体温、
ご寮・高浸透圧性・尿毒症性などの代謝内分泌障害、

 銑い禄外となっています。

コラム 私の経験則?

17年も前のことです。
2トントラックに果物、野菜を積載、千里ニュータウンを中心に販売していた52歳の男性が天神橋筋6丁目の交差点で早朝、出合い頭に衝突をしました。
商品の仕入れで中央市場に向かう途中の事故でした。
トラックは歩道橋の鉄柱に激突、被害者は急性硬膜下血腫で病院に運ばれ、ただちに開頭手術を受けたのですが、すでに高度な脳浮腫が進行しており、事故から3日目に脳死が宣告されました。
重傷頭部外傷の死因の多くは、脳ヘルニアを原因とする脳死によるものです。
脳死とは、脳幹・小脳を含む全脳の腫脹により、脳ヘルニアとなり、全脳組織の血流が停止した状況を言います。 脳死になると呼吸調節機能は喪失、心臓血管運動中枢も機能を喪失します。  
したがって、人工呼吸と体液栄養管理を完璧に実施しても、循環系の疲弊のために数日以内に心停止に至るのです。脳組織は壊死から融解へと進みます。
奇跡は絶対にあり得ないのですが、被害者は無言無動ではありますが、血色もよく、皮膚もしばらくは暖かいので、 穏やかに呼吸をしているようにさえ見えるのです。
これは、レスピレーター=人工呼吸器で管理されているからなのですが、脳死宣告の直後は、少なくとも外見上は、とても、お亡くなりになったとは考えられません。
本件では、18歳を頭に3人の男の子が残されました。
門真の文化住宅に出向いたとき父親の骨壷が押入れに放置されていました。
親族が何人も集まってはいたのですが、賠償だけに、関心がある様子には唖然・愕然としました。
長男を説得し、後見人に弁護士を依頼、強欲親族の排除をしたのですが、妨害もあり大変苦労をしたことが、いまだに、思い出されます。


■11[脳神経損傷の全て]click!

■12[視神経損傷]click!

■13[動眼神経麻痺]click!

■14[聴神経損傷]click!

■15[嗅神経損傷]click!

■16[顔面神経麻痺]click!

■17[外傷性てんかん]click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト