交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 部位 ・等級別判例の解説 > 女子の顔面 の醜状痕
交通事故外傷と後遺障害


顔面の醜状痕7級

顔面の醜状痕  7 級

 

( 1 )判例傾向

顔面の醜状痕  7 級 12 号、 7 級相当、

期間・地裁名

S57-9-27 浦和地裁〜 H14-10-31 京都地裁

訴えの件数

40 件

認・否

認 34 件、否 6 件、

労働能力喪失率

14 〜 56 %、最多は 20 %以上で 10 件

喪失期間

10 〜 49 年、最多は 27 年以上で 9 件、

男性 1 名、女性 19 名で女性が圧倒的です。 逓減法は 1 件認められています。
逸失利益の否定は 6 件ですが、内 4 件は 1100 〜 1500 万円の
慰謝料が認められています。
注目すべきは、 6 才・ 10 才・ 11 才の若年者に逸失利益が認められている事実です。

いずれも判決要旨は、「顔面の醜状により、職業の制限や機会の困難さという
将来の就職のマイナス要因を招来する蓋然性が推認される!」 そのように説明しています。
口を揃えて説明しますが、判例を見る限り、その説明が嘘であるのは明白です。

大阪地裁 S61-11-20 判決
顔面の醜状痕で 7 級 12 号の等級認定を受けたものの、
前額・右頬部の瘢痕は化粧をすれば相手に不快感を与えない程度に回復した
女子生命保険外交員の訴えに対して 10 年間について
9043000 円の逸失利益を認めています。

広島高裁岡山支部 H10-3-26 判決
7 級に相当する 18 才女子スチュワーデス専門学校生に対して症状固定から
67 才までの期間について 1135 万 8000 円の逸失利益を認めました。

保険屋さんは顔面の醜状痕で、逸失利益が発生するのは、
モデル・女優・タレント等の明らかに顔が収入の基本となっている場合に
限られると説明しています。
経験則では、これを認めたとしても 35 〜 40 才に達するまでの年数が目一杯です。

裁判実務では対象となる職業をここまで厳格には見ていません。

家族で飲食店を営んでいた家庭の主婦、ホステスさん、保険の外交員、
接客の仕事につく可能性の高い学生さんはちゃんと認められているのです。

それでは被害者が、普通の家庭の主婦の場合はどうでしょうか?

奈良地裁葛城支部 H12-7-4 判決
顔面の醜状痕で 7 級の認定を受けた 44 才専業主婦の訴えに対して、
「顔面の醜状痕は髪型により殆ど隠れる位置にあり、被害者の年令・
職業を考えると本件醜状が将来の労働能力に影響を与えると認めるのは
困難として独立した逸失利益を否定、慰謝料で斟酌すべきである!」 
このように説明し、後遺障害として 1500 万円の支払いを命じています。

家庭の主婦であっても、後遺障害慰謝料で斟酌されるのですから、
嘘つきの保険屋さんと話し合って自賠範囲の 1051 万円で
示談をする必要はサラサラありません。

( 2 )地裁、保険屋さんの比較

地裁、任意保険支払基準の比較

損害項目

地裁基準

任意基準

後遺障害慰謝料

1000 万円

500 万円

喪失率

20 %以上

逸失利益を否定

喪失期間

被害者の年令により 10 〜 25 年

自賠内

( 3 )シミュレーション

37 才女子会社員、喪失率 20 %、喪失期間 25 年が認められた場合、

後遺障害慰謝料

1000 万円

逸失利益

391 万 2000 円 ×0.2 × 14.094 = 1103 万円

合計

2103 万円

保険屋さん

自賠内

391 万 2000 円は女性・産業計・年令別平均賃金( H14 賃金センサス)、
14.094 は 25 年に対応するライプニッツ係数、

訴訟で獲得できた損害賠償額は 2103 万円ですが、
この内の 1051 万円は自賠責保険に対する被害者請求で先行取得しています。 
2103 − 1051 万円= 1052 万円、裁判所が弁護士に認める報酬は
10 %の 100 万円ですから、訴訟対応は微妙なところです。 
通常は、紛センでの解決となります。


■顔面の醜状痕12級click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト