交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 部位 ・等級別判例の解説 > 神経障害
交通事故外傷と後遺障害


■14級9号「頚・腰部捻挫を中心とする神経症状・神経障害」click!

■12級13号「頚・腰部捻挫を中心とする神経症状・神経障害」click!

■9級10号「神経障害」click!

■7級4号「神経機能障害」click!

■5級2号「神経機能障害」click!

■3級3号「神経機能障害」click!

2級1号「神経機能障害」

神経機能障害  2 級 1 号

 

( 1 )判例傾向

2 級 1 号「「神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの、」
多少、自用を弁ずることができるもの、

期間・地裁名

S62-2-27 大阪地裁〜 H15-8-25 横浜地裁

訴えの件数

17 件

認・否

認 16 件、否 1 件、

労働能力喪失率

20 〜 100 %、最多は 100 %で 12 件、

喪失期間

6 〜 49 年、最多は 67 才以上までを認めた 15 件、

( 2 )地裁、保険屋さんの比較

地裁、任意保険支払基準の比較

損害項目

地裁基準

任意基準

後遺障害慰謝料

2370 万円

1120 〜 1400 万円

喪失率

100 %

100 %

喪失期間

67 才までのフル期間

ここまで来れば、フル期間

( 3 )シミュレーション

37 才男子会社員、喪失率 100 %、喪失期間 30 年が認められた場合、

後遺障害慰謝料

1990 万円

逸失利益

544 万 5700 円× 1.0 × 15.372 = 8372 万円
介護料  24 万円× 12 ヶ月× 17.159 = 4942 万円
介護雑費  5 万円× 12 ヶ月× 17.159 = 1030 万円

合計

1 億 6714 万円

保険屋さん

44 万 4500 円× 12 ヶ月× 1.0 × 12.462 = 6648 万円
6 万 5000 円× 12 ヶ月× 17.159 = 1339 万円
1100 万円
合計 9087 万円

544 万 5700 円は男性・産業計・年令別平均賃金( H14 賃金センサス)、 15.372 は 30 年に対応するライプニッツ係数、
44 万 4500 円は保険屋さんの使用する年令別平均給与額、男子 37 才です。 
17.159 は平均余命年数 40 年間に対応するライプニッツ係数、

自賠責保険の認定額、 2590 万円を差し引いて獲得額は 1 億 4124 万円です。
裁判所が弁護士に認める報酬は、判決額の 10 %、 1412 万円となり、訴訟の対象になります。

判決では、事故日起算で判決額の 5 %が遅延損害金として認定され、
事故日から判決日まで 2 年が経過していれば、 1400 万円を超えます。

( 4 )独立行政法人 自動車事故対策機構の介護サービス

後遺障害等級

種別

月額認定介護料

1 級 1 号 植物状態

特擬

6 万 8440 〜 13 万 6880 円

1 級 1 号 常時介護

5 万 8570 〜 10 万 8000 円

2 級 1 号 随時介護

2 万 9290 〜 5 万 4000 円

2 級 2 号 随時介護


お問い合わせ

名称

独立行政法人 自動車事故対策機構

所在地

〒 102-0083  東京都千代田区麹町 6-1-25

TEL

03-5276-4485

政府出資法人 自動車事故対策機構は、
重度後遺障害被害者に対して介護料の支給を行っています。
従来は 1 級 1 号の内、
植物状態の被害者に限定の介護料等の支給範囲と支給金額が拡大されています。

尚、現行の受給者も、現行制度と新制度のいずれか一方を選択することが出来ます。

支給対象費用は、介護費用として支出した額となり、従来のものに加え、
訪問看護や入浴サービス等、対象範囲が拡大されました。 
この新制度は H13-7 から実施されており、
自動車事故対策機構より支給される介護料は、裁判では既払金の控除対象になりません。

等級認定後、出来るだけ早く請求をしなければなりません。

 


■1級1号「神経機能障害」click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト