交通事故110番 
まず初めに!コンテンツ掲示板相談メール会員サイトサイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害高次脳機能障害頚・腰部捻挫判例の解説健康保険&労災保険保険の約款支払基準別表物損扮セン他
top > コンテンツ > 健康保険&労災保険 > 労災保険のやりとり
健康保険&労災保険


労災保険の保険金給付
具体的事例(1-28)

1-10 11-20 21-28

 ■温泉療養やマッサージも労災保険に請求が出来るか?click!

 ■夫の交通事故受傷で妻が付添ったが付添看護料は請求出来るのか?
 
労災保険の看護料が認められる支給要件です。

@傷病の状態が重篤であって、絶対安静を必要とし常時医師又は看護婦の監視と随時適切な処置を
  講ずることを要する場合、

A傷病の状態は必ずしも重篤ではないが、 手術などによって比較的長時間にわたり常時医師又は
  看護婦の監視と随時適切な処置を講ずる必要がある場合、

B傷病労働者の病状から判断して、常態として体位変換又は床上起座が禁止されているか
  又は不可能な状態、

C傷病労働者の病状から判断して食事、用便ともに自由を弁じ得ないため常態として
 介助が必要である場合、

とされています。

例によってお上の文章ですから「弁じ得ない?」「常態として?」等、
理解困難な文字の羅列が続いておりますが、
基準看護病院以外で先の4つの支給要件に該当すれば 支払がなされます。
しかし、先の要件を満たして厚生労働省の基準看護を取得していない治療先を探し出すことが
奇跡に近いのです。殆ど支給されることはないと理解して下さい。

看護費用の範囲ですが、看護料、受付手数料、紹介手数料、看護担当者の往復旅費、食事代、
寝具料の一切の費用が認められます。


 ■個室の差額ベッド料は請求が出来るか?click!

 ■治癒とはどんな状態を説明するのか?click!

 ■転職前の疾病が転職後に悪化した?click!

 ■外国の医療機関で治療を受けたが、労災に請求が可能か?click!

 ■労災保険の休業給付は休業4日目から支給される?click!

 ■年2回のボーナスは賃金総額に含まれるのか?click!

 ■法人で20%を負担しても休業補償給付を労災保険に請求出来るか?click!

 ■労災保険の支給制限について?click!

前のページに戻るこのページの最初に戻る

TOPページへ交通事故相談サイト