交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 健康保険&労災保険 > 後遺障害の申請
健康保険&労災保険


 後遺障害の申請

後遺障害診断書は必ず、自賠責保険と労災保険の2通 を用意します。
後遺障害診断を受け、診断書を回収した時点で、先ず、自賠責保険に対して請求を行います。

労災保険は自賠責保険の認定額を確認し、支給調整を行う必要があるのです。
従って、労災に先に持ち込んでも、それを理由に認定作業が保留となるのです。

自賠責保険より認定結果が通知された段階で、
手元の労災保険の診断書を労働基準監督署に持ち込むのです。

程なく、労基署より障害認定日の通知がなされます。
この指定日にXPやMRIを持参して労基署に出掛けます。
これで完了です。

注意点です。
自賠の認定等級が予想よりも低い場合は、異議の申立てを実施します。
でも、これを労災保険に説明すると認定作業が保留となります。
従って、労働基準監督署で確認された場合は「考えていない」と回答するのです。
「行いません」と言うと嘘になります。ご注意下さい。

自賠等級を上回る等級が労災保険で認定された場合「同一事故の同一傷病で国が○級を認定し、
任意団体に過ぎない自賠責保険が○級は何事か!到底、納得出来るものではない」として、
異議を申し立てます。Nliro調査事務所は、これで「キャン」です。


前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト