TOPページへ 交通事故相談サイト


前月へ 2018/02 次月へ



■【2018/02/01】遷延性意識障害110番 訴訟中に死亡?click!

【2018/02/02】遷延性意識障害110番 個室の使用は?

遷延性意識障害110番 個室の使用は?

 

Q3. 将来介護料には、一時金賠償と定期金賠償の2つがある?

一時金賠償は、法的擬制※がなされて金額が計算されていますが、遷延性意識障害者の将来の介護費用では、将来の不確定要素が大きいことから、損保側よりは、定期金賠償が妥当なのではないかとの提案がなされています。

しかし、定期金賠償では、加害者側の損保が、将来的に、経営破綻したときに、履行がなされなくなる可能性があるということや、早期の死亡を期待しているなど、被害者感情として受け入れ難い問題点などがあり、交通事故の後遺障害事案における裁判実務では、一時金賠償が主流となっています。

※法的擬制
法律用語としては、性質の異なるものを同一のものとみなして同じ効果を与える取扱いを言います。
例えば、相続では、民法886条1項で、胎児をすでに生れたものと見なしています。
擬制は、それが事実に反することを承知の上で、法政策的な考慮からとられる措置であり、推定とは異なり、反証によってその効果が覆されることはありません。
法令上、擬制は、「みなす」 という言葉で表現されています。

Q4. 遷延性意識障害者では、個室の使用ができる?

個室を使用しても、損保が差額ベッド料を負担することはありません。
受傷直後は、医師の判断により、ICUや個室での管理となりますが、容体が安定すれば、一般病棟、つまり、大部屋に移ることになります。

遷延性意識障害者の家族は、
‘院中でも、静かな療養環境で、遷延性意識障害となった家族の介護に専念したいこと、
∩延性意識障害者を他人の目に晒したくないこと、
B臧屋では、肺炎など、感染症の危険が増大すること、

これらの理由から、個室を希望されることが多いのですが、損保にとっては、それを認めれば1カ月で30万円以上の差額ベッド料を負担しなければならないことになります。

現在、NASVAの運営する療護センターでは、遷延性意識障害者全員をワンフロア病棟システムで治療を行っており、看護師の目が行き届くことや、人の気配や声などの外的刺激は、患者の意識回復に役立つなどの利点も報告されています。

これらの理由から、損保が個室の費用を認めることはありません。
 

■【2018/02/05】遷延性意識障害110番 リハビリ治療?click!

■【2018/02/06】遷延性意識障害110番 脳死と遷延性意識障害?click!

■【2018/02/07】遷延性意識障害110番 裁判所が認める介護費用?click!

■【2018/02/08】脊髄損傷110番 脊髄とは?click!

■【2018/02/09】脊髄損傷110番 脊髄損傷における問題点click!

■【2018/02/13】脊髄損傷110番 脊損の分類click!

■【2018/02/14】脊髄損傷110番 損傷レベルと麻痺の現れ方click!

■【2018/02/15】脊髄損傷110番 脊損における後遺障害等級click!

■【2018/02/16】脊髄損傷110番 弁護士の立証 被害者の原状回復click!

■【2018/02/19】脊髄損傷110番 弁護士の立証 施設介護でも家族介護が必要click!

■【2018/02/20】脊髄損傷110番 3カ月を経過すると、治療先を追い出される?click!

戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト