TOPページへ 交通事故相談サイト


前月へ 2018/05 次月へ



■【2018/05/01】部位別後遺障害の見直し 上肢の神経麻痺click!

■【2018/05/02】部位別後遺障害の見直し 人工骨頭、人工関節に置換したものclick!

■【2018/05/07】部位別後遺障害の見直し 上肢 長管骨の変形click!

■【2018/05/08】部位別後遺障害の見直しclick!

■【2018/05/09】部位別後遺障害の見直し 脊柱の圧迫骨折と破裂骨折click!

■【2018/05/10】部位別後遺障害の見直し 8級2号 脊柱に中程度の変形を残すもの?click!

■【2018/05/11】部位別後遺障害の見直し 11級7号 脊柱に変形を残すもの?click!

■【2018/05/14】部位別後遺障害の見直し 11級7号 脊柱に変形を残すもの?click!

■【2018/05/15】部位別後遺障害の見直し 胸腰椎の運動機能の評価および測定click!

■【2018/05/16】部位別後遺障害の見直し 脊柱の荷重障害click!

■【2018/05/17】部位別後遺障害の見直し 脊柱における等級認定のルールclick!

■【2018/05/18】部位別後遺障害の見直し その他の体幹骨の変形click!

■【2018/05/21】コンテンツの見直し 物損全般click!

■【2018/05/22】コンテンツの見直し 物損全般 新車賠償と代車費用click!

■【2018/05/23】コンテンツの見直し物損click!

■【2018/05/24】コンテンツの見直し 物損 車両評価損、格落ち損害click!

■【2018/05/25】コンテンツの見直し 物損 全損諸費用click!

■【2018/05/28】コンテンツの見直し 物損 全損諸費用5)請求できる費用とは?click!

【2018/05/29】コンテンツの見直し 物損 時価額の算出方法

コンテンツの見直し物損 時価額の算出方法

(6)時価額の算出方法
時価とは、車が事故に遭う直前の価格です。
裁判所の見解は、同じ車種、年式、型式、同じ様な使用状態、走行距離の条件に合った車を中古車市場で購入するときの価格です。中古車販売店、地域、人気車種であるかどうかで、販売価格は変わってきます。
また同じ中古車を発見できないときもあります。

1)新車登録後、1カ月以内では?
減価償却定率法に基づいて時価を算出することになります。

減価償却 定率法

日数

4年

6年

日数

4年

6年

1

0.998

0.999

16

0.975

0.983

2

0.997

0.998

17

0.973

0.982

3

0.995

0.997

18

0.972

0.981

4

0.994

0.996

19

0.970

0.980

5

0.992

0.995

20

0.969

0.979

6

0.990

0.994

21

0.967

0.978

7

0.989

0.993

22

0.965

0.977

8

0.987

0.992

23

0.964

0.976

9

0.986

0.990

24

0.962

0.975

10

0.984

0.989

25

0.961

0.974

11

0.983

0.987

26

0.959

0.973

12

0.981

0.986

27

0.958

0.972

13

0.979

0.985

28

0.956

0.971

14

0.978

0.984

29

0.955

0.970

15

0.976

0.983

30

0.953

0.968


法定償却年数

乗用車

軽四輪

4年

その他

6年

貨物車

ダンプ式

4年

その他

5年

2)新車登録後、1カ月〜1年では?
経過月数定率法未償却残存率表で算出します。

経過月数定率法未償却残存率表

月数

4年

6年

月数

4年

6年

0

1.000

1.000

7

0.715

0.800

1

0.963

0.968

8

0.681

0.774

2

0.908

0.938

9

0.649

0.750

3

0.866

0.908

10

0.619

0.726

4

0.825

0.880

11

0.590

0.703

5

0.787

0.852

12

0.562

0.68 1

6

0.750

0.825

 

3)新車登録後1〜7年では?
この年数の自動車は、街中で最も多く走っており、中古車市場でも活発に取引されています。
したがって、先の例に比較すれば、安定した中古車価格を知ることができます。

時価額の簡易算出法は、レッドブックの小売欄に掲載されている中古車価格を時価とします。 
レッドブックはオートガイド社が毎月発行する、「オートガイド自動車価格月報」 のニックネームで、最高裁の判例でも取り上げられており、損保もこれにより時価額を算出しています。
レッドブックには小売価格、下取り価格、卸売価格、新車価格が掲載されています。
被害者は、事故日に一致する月の月報の小売価格欄をチェックしてください。

中古車情報誌により、時価額を算出します。

レッドブックは書店で販売されておらず、東京地区の業者価格を基準に作成されており、地域の実情を反映していないという問題点もあります。
中古車情報誌の代表的なものに、カー・センサー、GOO、輸入車中古自動車価格ガイドブック、などがあり、最近では、複数の中古業者が情報誌を発行しガソリンスタンドなどで無料配布しているケースも見受けます。
これらの複数の情報誌から同じ車種をピックアップしその平均価格で賠償を求める方法も有効な請求方法です。

4)新車登録後、8年以上では?
税法上の減価償却は、軽四輪4年、その他の乗用車6年、貨物トラックはダンプ式が4年、その他のトラックは5年で償却を完了します。
償却後の残価は、新車購入価格の10%となります。
それ以降は、なん年が経過しても10%という考え方ですから、これでは実態に合いません。
そこで、新車登録後、8年以上の時価は、中古車情報誌により算出します。

東京地裁判決H9-2-26
10年経過のベンツを輸入車中古自動車価格ガイドブックにより、100万円を認めています。

減価償却定率法により購入時の新車価格の10%を時価にする?
減価償却定率法により、購入時の新車価格の5%を時価にする?
事故日から車検終了日までの日数に対し、1日2000円を掛けた価格を時価にする?

大阪地裁判決 H2-12-20
14年3カ月を経過した車の時価を車検満了日までの96日に対して、1日当り2000円を掛け19万2000円の使用価値を認めています。

どの解決がベストか? 中古車情報誌に掲載されていれば、これがベストの選択です。
最後の1日2000円は、次の車検で廃車を考えている程度の車と思われます。
減価償却定率法の採用が一般的ですが、これでは、日頃の車の手入れや使用している地域によって車の外観や性能にバラツキが生じます。
残りの車検期間も影響すると考えられるのです。
一筋縄では行きませんが、被害者の交渉力が試されます。
 

■【2018/05/30】部位別後遺障害の見直し:神経系統の機能または精神の後遺障害click!

■【2018/05/31】部位別後遺障害の見直し 頭部外傷による障害1中枢神経系 頭部外傷による障害 click!

戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト