TOPページへ 交通事故相談サイト


前月へ 2018/07 次月へ



■【2018/07/02】部位別後遺障害の見直し 末梢神経系 ムチウチclick!

■【2018/07/03】部位別後遺障害の見直し ムチウチの後遺障害、4つの認定要件?click!

■【2018/07/04】部位別後遺障害の見直し ムチウチの治療期間など、損保との攻防?click!

■【2018/07/04】高次脳機能障害の症状について?click!

■【2018/07/05】高次脳機能障害の症状 注意障害について?click!

【2018/07/06】頭部外傷後、注意障害のみを残す珍しい例?

頭部外傷後、注意障害のみを残す珍しい例?

 

症例2 頭部外傷後、注意障害のみを残す珍しい例?

59歳の専業主婦が、横断歩道を歩行中に、対向右折軽自動車に跳ね飛ばされました。
傷病名は、急性硬膜外血腫、外傷性くも膜下出血、頭蓋底骨折、気脳症、右鎖骨遠位端骨折です。
幸い、急性硬膜外血腫、外傷性くも膜下出血は、いずれも小規模なもので、保存的治療で改善が得られており、頭蓋底骨折でも、めまい・平衡機能障害、嗅覚や味覚に悪影響を与えていません。

受傷から3カ月目のWAIS-係〆困任蓮言語性IQ 99、動作性IQ 103、総合IQ 101であり、知的機能には問題がありません。
記憶では、WMS-R検査を受けましたが、結果は、標準値以上でした。
念のため、遂行機能についてもBADS検査を受けたのですが、なんの問題点もありません。
珍しいことですが、この女性には、注意障害のみが認められたのです。

TMT-A検査のテストチャート

ランダムに記載された1〜25の数字を1から順番に線で結び、作業完了までの所要時間を測ります。

TMT-B検査のテストチャート

ランダムに記載された1〜13の数字と「あ」から「し」のひらがなを、1→あ→2→い…と数字とひらがなを交互に結び、作業完了までの所要時間を測ります。TMT-B検査のみ制限時間が5分と決められており、時間内にできなかった場合は評価不能と診断されます。
どちらの検査も、必ずテストチャートで練習を行ってから本検査に入り、本人にしっかり説明をします。

本件の被害者では、A検査でも標準の2倍以上の時間を要し、B検査は5分内に終わらず、評価不能と診断されました。
本人は、満点を取ろうと一生懸命、丁寧に取り組んだのに、制限時間のことは聞かされておらず、とても不愉快と怒っていたのですが、制限時間のことは、立ち合った家族も確認しており、聞いていないは、注意力の選択と切り替えに障害があることを自ら証明したことになります。

主治医は、検査結果により、自動車の運転は当分禁止すると、この女性に指示・通告しました。 自動車の運転では、道路の交通状況に合わせて、ハンドル、アクセルやブレーキの操作など、注意の分配
が求められます。
注意の分配がうまくいかないと、同時並行的な作業はできなくなるのです。

この女性には、高次脳機能障害で9級10号、右鎖骨の変形と痛みで12級5号、併合8級が認定されました。

注意障害を測定するその他の検査には、
PASAT 数列の復唱・逆唱 仮名ひろいテスト、注意機能スクリーニング検査などがあります。

※パサート
この検査は聴覚的な情報処理能力、注意配分能力を測定することができます。
ランダムに読み上げられる1〜9の数字を1回ずつ、足し算していきます。
足し算をしながら、加算する数字を覚え、次の数字を足していく作業ですが、次々に数字が読み上げられていくため、集中力が要求されます。
集中力が続かず、すぐに諦める、イライラする、拒否するなど、結果として中止となることが予想される検査です。

※仮名ひろいテスト
無意味文と物語文があり、どちらも、「あ、い、う、え、お」 を末梢していくテストです。
無意味文では、注意障害、注意の分散機能を検査します。
物語文では、文字の末梢と物語の内容を同時に読み取る必要があり、前頭葉機能である二重課題を検査しています。

※注意機能スクリーニング検査
ランダムに並んだ数字から指示された数字を消し込んでいきます。
3回、繰り返し、見落としや間違いの数を見ることで注意力を数値化していきます。
特別な装置や器具がいらない、被検者に過度の心的負担をかけず、短時間で実施できるために採点・評価が比較的簡単です。
この検査を継続的に実施し、回復度合いを測定しているリハビリテーション病院も見られます。

 

■【2018/07/09】高次脳機能障害の症状 知的機能?click!

■【2018/07/10】高次脳機能障害の症状 記憶障害?click!

■【2018/07/11】記憶障害の続き?click!

■【2018/07/12】高次脳機能障害の症状 遂行機能障害?click!

■【2018/07/13】高次脳機能障害の症状 社会的行動障害?click!

■【2018/07/17】社会的行動障害の続き?click!

戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト