TOPページへ 交通事故相談サイト


前月へ 2018/12 次月へ



■【2018/12/03】東京地裁 H28-2-25判決 賃料差額、転居費用、慰謝料などclick!

■【2018/12/04】札幌地裁判決 H28-3-30 事故の概要などclick!

■【2018/12/05】札幌地裁判決 H28-3-30 将来の医療費などclick!

【2018/12/06】 札幌地裁判決 H28-3-30 将来の入院雑費、介護費用

札幌地裁判決 H28-3-30 将来の入院雑費、介護費用

 

(6)将来の入院雑費  978万9354円⇒978万9354円
⇒弁護士は、被害者の余命46年につき、1年当たり54万7500円の入院雑費が生じるとして、
1500円×365日×17.8801=978万9354円を請求しています。

⇒損保らは、入院雑費が必要な状態であることは認めるとした上で、不確定要素もあるから、仮に将来の入院雑費が認められても、定期金による賠償を命ずるべきであると反論しています。

⇒裁判所は、被害者は症状固定時から引き続き46年の余命期間にわたって入院する必要があり、本件事故による被害者の損害として、上記期間中、1年当たり1500円×365日=54万7500円の入院雑費が生ずることになったものと認められる。
将来の入院雑費として、54万7500円×17.8801=978万9354円を認定しています。

(7)将来の介護費用 9330万4001円⇒3915万7419円
⇒弁護士は、 症状固定時から6年は母親が病院で被害者に付き添い、介護するが、その後の40年は親戚、知人または職業介護人に介護を依頼せざるを得ないと主張し、

‐評固定時から6年、日額1万円の家族介護料として
1万円×365日×5.057=1852万6305円の介護費用が生じること。

△修慮紊40年、日額1万6000円の職業介護料として
1万6000円×365日×(17.8801−5.0757)=7477万7696円の介護費用が生じること。
将来の介護料として、´△旅膩廚9330万4001円を請求しています。

⇒損保らは、承知しておらず、不確定要素もあるので、仮に将来の介護費用が認められるとしても、定期金による賠償を命ずるべきであると反論しています。

⇒裁判所は、被害者は、症状固定時から引き続き46年の余命期間にわたって入院する必要があり、母親は、症状固定後も毎日、被害者に付き添い、体位交換、痰吸引、おむつ交換などをしていることが認められるとした上で、本件事故による被害者の損害として、上記期間中、日額6000円、年額219万円の介護費用を認定しています。6000円×365日×17.8801=3915万7419円
そして、母親の年齢等に鑑みれば、上記期間中に母親以外の者に付添いを依頼する必要が生ずるものと認められるが、被害者が入院する病院においては、相当程度の看護がなされる蓋然性が認められるから、本件事故による損害としては、上記のとおり認めるのが相当であるとしています。

NPOジコイチのコメント
在宅介護ではなく、治療先で入院介護を続けると、入院雑費が発生する?
症状固定後の入院を想定したことがなかったので、少し、驚きました。
もう1つは、完全看護の病院であっても、遷延意識障害者の長期間の介護を前提にしている治療先は日本には、存在しません。
弁護士が、院内介護であっても、家族や職業介護人の介護が必要であることを丁寧に立証した結果、本件では、介護日額6000円が認定されたのです。

損保にしてみれば、在宅介護ではなく施設介護となってホッとしていたのですが、将来の治療費で 1億2731万7960円、将来の入院雑費で978万9354円、この段階ですでに、1億3710万7314円も認定されているのです。挙げ句の果てに、将来の介護費用で在宅介護並みの9330万4001円も毟り取られたのでは、堪ったものではありません。
「どうせ、46年も生きることはないのですから、ここは定期金払いで?」 非人道的な反論を繰り返していたのですが、介護日額が6000円となったことで、ホッと胸をなで下ろしたに違いありません。

 

■【2018/12/07】札幌地裁判決 H28-3-30 介護用品の買い換え費用click!

■【2018/12/10】札幌地裁判決 H28-3-30 逸失利益click!

■【2018/12/11】札幌地裁判決 H28-3-30  近親者固有の慰謝料click!

■【2018/12/12】(察傍都地裁 H28-1-21判決click!

■【2018/12/13】京都地裁 H28-1-21判決 将来の治療費などclick!

■【2018/12/14】京都地裁 H28-1-21判決 逸失利益などclick!

戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト