交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 新高次脳機能障害のすべて > 後遺障害等級と用語の説明
交通事故外傷と後遺障害


後遺障害等級と用語の説明

 後遺障害等級と用語の説明



後遺障害等級別表機_雜遒鰺廚垢觚絨箴祿

等級

内容

1

1神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの、「身体機能は残存しているが高度の痴呆があるために、生活維持に必要な身の回り動作に全面的な介護を要するもの、」

2

1神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの、「著しい判断力の低下や情動の不安定などがあって、一人で外出することができず、日常の生活範囲は自宅内に限定されている。
身体動作的には排泄、食事などの活動を行うことができても、生命維持に必要な身辺動作に、家族からの声掛けや看視を欠かすことができないもの、」

 

後遺障害等級別表

等級

内容

3

3神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、終身労務に服することが出来ないもの、「自宅周辺を一人で外出できるなど、日常の生活範囲は自宅に限定されていない。また声掛けや、介助なしでも日常の動作を行える。しかし記憶や注意力、新しいことを学習する能力、障害の自己認識、円滑な対人関係維持能力などに著しい障害があって、一般就労がまったくできないか、困難なもの、」

5

2神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの、 「単純繰り返し作業などに限定すれば、一般就労も可能。ただし、新しい作業を学習できなかったり、環境が変わると作業を継続できなくなったりする問題が生じる。このため一般人に比較して作業能力が著しく制限されており、就労の維持には、職場の理解と援助を欠かすことができないもの、」

7

4神経系統の機能または精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの、「一般就労を維持できるが、作業の手順が悪い、約束を忘れる、ミスが多いなどのことから一般人と同等の作業を行うことができないもの、」

9

10神経系統の機能または精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの、「一般就労を維持できるが、問題解決能力などに障害が残り、作業効率や作業維持力などに問題があるもの、」

これまで、労災、Nliro調査事務所は、神経と精神の障害を別系統に分けて判断する傾向でした。
しかし、精神は脳神経系の働きの一つです。 そうなると精神障害は広い意味での神経系の障害となります。 

例えば、頭部外傷により記銘力障害・知能の低下・感情障害等の精神障害と、眩暈・耳鳴・頭痛等の神経障害が残存したケースでは、実務上、分離して等級を認定することは困難です。
したがって、現在では、これらの症状を総合して、等級を認定することになっています。
特に、中枢神経系の後遺障害として9級以上を認定するケースでは、複数の後遺障害を個別に評価するのではなく、全体病像を総合的に評価、1つの後遺障害等級を決めています。

神経と精神の障害と説明されていますが、精神障害は、他人に対して誤解を与える表現です。
神経系統の機能の障害と、それに伴う社会適合性の低下と読み替えて理解をして下さい。

(1)1級1号=常時介護を要するもの?

重度の神経系統の機能または精神の障害のために、生命維持に必要な身の回り処理の動作について、常に他人の介護を要するもの、身体機能は残存しているが高度の痴呆があるために、生活維持に必要な身の回り動作に全面的介護を要するもの

 

(2)2級1号=随時介護を要するもの?

高度の神経系統の機能または精神の障害のため、随時介護を要するもの、
著しい判断力の低下や情動の不安定などがあって、一人で外出することができず、日常の生活範囲は自宅内に限定されている。 身体動作的には排泄、食事などの活動を行うことができても、生命維持に必要な身辺動作に、家族からの声掛けや看視を欠かすことができないもの、

 

(3)3級3号=終身にわたり、およそ労務につくことが出来ないもの?

生命維持に必要な身の回り処理の動作は可能であるが、高度の神経系統の機能または精神の障害のため、終身にわたりおよそ労務につくことができないもの、
自宅周辺を一人で外出できるなど、日常の生活範囲は自宅に限定されておらず、また、声掛けや、介助なしでも日常の動作を行えるが、記憶や注意力、新しいことを学習する能力、障害の自己認識、円滑な対人関係維持能力等に著しい障害があり、一般就労が全くできないか、困難なもの、

 

労務とは、労働者としての作業だけでなく、主婦の家事、児童や学生の就学・学習も含まれます。

 

何処から見ても働けそうに見えても、大脳巣症状、四肢の麻痺、錘体外路症状、記憶力や感情の障害、人格の変化、知能の低下等で、どうしても社会に出て働くことができない場合は、3級3号が認定されています。

 

大脳巣症状とは、大脳の特定の部位に器質的損傷を受けたために、日常使っている言語や道具が何を意味するのかを理解出来ない状態のことです。

 

タバコとマッチの区別がつかない?


パンツがはけない?


いくら教えても理解ができない状態が繰り返されます。

麻痺の症状が軽度なものであっても、精神の障害のために他人が常時付添って指示をしない限り労務の遂行が出来ない場合も3級3号に該当します。

(4)5級2号=終身にわたり極めて軽易な労務のほか服することが出来ないもの?

神経系統の機能または精神の著しい障害のため、終身にわたり極めて軽易な労務の他、服することができないもので、単純繰り返し作業などに限定すれば、一般就労も可能であるが、

ただし、新しい作業を学習できなかったり、環境が変わると作業を継続できなくなったりする問題が生じ、このため一般人に比較して作業能力が著しく制限されており、就労の維持には、職場の理解と援助を欠かすことができないもの、



(5)7級4号=労働能力が一般平均以下に明らかに低下しているもの、

中程度の神経系統の機能または精神の障害のため、精神身体的な労働能力が一般平均人以下に明らかに低下しているもので、一般就労を維持できるが、作業の手順が悪い、約束を忘れる、ミスが多いなどのことから一般人と同等の作業を行うことができないもの、


昔は、タバコ屋の店番程度? と説明されていました。

 

(6)9級10号=就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの、

一般的労働能力は残存しているが、神経系統の機能または精神の障害のため、社会通念上、その就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもので、一般就労を維持できるが、問題解決能力などに障害が残り、作業効率や作業維持力などに問題があるもの、

専門医の立場から、自動車の運転が不適当である、高所作業が危険で認められない場合がこれに該当します。


前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト