交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 新高次脳機能障害のすべて > 高次機能障害の立証方法?
交通事故外傷と後遺障害


1高次脳機能障害として認定されるための入口部分の3つの要件?

 高次脳機能障害の立証方法?



1高次脳機能障害として認定されるための入口部分の3つの要件?

(1)傷病名が脳挫傷、びまん性軸策損傷、びまん性脳損傷、急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下出血、脳室出血であること、 
骨折後の脂肪塞栓で呼吸障害を発症、脳に供給される酸素が激減した低酸素脳症は、これに該当します。

(2)それらの傷病がXP、CT、MRIの画像で確認が出来ること、

(3)頭部外傷後の意識障害が少なくとも6時間以上続いていること、もしくは健忘症あるいは軽度意識障害が少なくとも1週間以上続いていること、

意識障害とは、半昏睡〜昏睡状態で呼びかけに開眼・応答しない状態で、JCSが3桁、GCSが8点以下のもの、軽度意識障害とはJCSが2〜1桁、GCSが13〜14点のものを示しています。
意識障害の分類は、以下で説明するJCSとGCSの分類があります。

Nliro調査事務所は、初診時、約6時間後、約24時間後、約1週間後、約1ヵ月後、1ヵ月以上の6段階で意識障害の推移を確認できる、「頭部外傷後の意識障害についての所見」 独自の書式を用意して意識障害のレベルを判定しています。

ジャパン・コーマ・スケール(JCS)
日本で考案、医療機関、救急隊で広く使用されており、3-3-9度方式とも説明します。

刺激なしで覚醒

1清明とはいえない
2見当識障害あり
3名前、生年月日言えず

1
2
3

刺激すると覚醒

1呼びかけで容易に開眼
2疼痛刺激で開眼
3疼痛・呼びかけでやっと開眼

10
20
30

刺激しても覚醒せず

1疼痛に対し払いのけ動作
2疼痛に少し手足を動かす
3疼痛に反応せず

100
200
300

 

グラスゴー・コーマ・スケール(GCS)
国際的に使用される分類です。

 

開眼

1自発的
2音刺激により
3痛み刺激により
4痛みでも開眼せず

4
3
2
1

 

言語

1見当識あり
2見当識なく錯乱
3不適当な言葉
4理解し得ない音声
5なし

5
4
3
2
1

 

運動

1命令に従う
2払いのける
3疼痛に対し逃避
4異常な屈曲
5疼痛で伸展
6なし

6
5
4
3
2
1

トータル

 

 

最高15点、最低3点となります。

通常11点以上で中程度の障害を残し、7点以下の被害者は死亡、植物状態の可能性が高いと言われています。

2神経系統の機能の異常?

高次脳機能障害の後遺障害等級は、神経系統の機能の異常+それに伴う社会適合性の低下を総合的に判断して1つの等級が決められています。
であれば、被害者としては、神経系統の異常と、それに伴う社会適合性の低下の両方を丹念に立証しなければならないという結論に到達します。

そして神経系統の機能の異常は、画像、神経心理学的テストで得られる他覚的所見のことです。

当然ながら、Nliro調査事務所は、この結果を最も重要視しています。

神経系統の機能の異常を立証する諸検査の全て、

MRI

1.5テスラ以上の解像度が必要、

MRアンギオ

脳・頚部主幹動脈の異常をチェック、

スペクト検査

脳内の血流異常をチェック、

ぅ撻奪噺〆

ブドウ糖、酵素の代謝を観察、脳の局在の機能や神経受容体の異常をチェック、

MRIテンソールイメージ

錐体路→脳梁→帯状回→大脳半球→脳弓、神経線維の減少や短縮を画像で描出、異常が視覚で確認できます、

神経心理学的検査

3項目、11の検査で明らかにします、

Г修梁召慮〆

嗅覚脱失、味覚脱失、めまい・失調・平衡機能障害では、耳鼻咽喉科における検査、視野異常の半側空間無視等、眼に症状があれば眼科における検査が必要、
四肢に麻痺が認められるのであれば、整形外科、神経内科の検査が必要です、

ここでのポイントは、これらの全ての検査項目が、キチンと実施されているかを検証しなければなりません。
何故なら、Nliro調査事務所は、「この検査が不足していますから、受けて下さい?」
こんな指摘は、絶対に行われず、提出されたものだけで判断しているからです。
そして、大多数で検査が省略されており、立証不足を原因として等級が薄められているのです。

 

 

 


■神経系統の機能の異常?click!

■3社会適合性の低下?click!

■4神経系統の障害に関する医学的所見?click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト