交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 支払基準 > 異議の申立
交通事故外傷と後遺障害


1反省と検証

後遺障害に関する異議申立

1反省と検証

 

外傷性頚部症候群における、非該当の代表的な通知書を紹介します。

「ご提出を頂きました○○病院の後遺障害診断書、XP・MRI、初診時からの治療経過に基づき、慎重に検討いたしましたが、頚部痛、後頭部痛の訴えについて画像上、特段の異常所見は認められず、有意な神経学的異常所見にも乏しい等、自覚症状を裏付ける客観的な医学的所見は認められませんでした。 また、治療状況からも将来にわたり残存する障害とは捉えがたいことから、自賠法施行例で規定されております後遺障害等級には該当しないと判断いたします。」

「頚部痛左頚部から左上肢にかけての放散痛、痺れ、頭痛については、画像上、経年性変化は認められるものの、本件事故による骨折等の器質的損傷は認めがたく、自覚症状を裏付ける客観的な医学的所見に乏しいことに加え、その他受傷態様、治療状況等も勘案した結果、将来においても回復が困難と見込まれる障害とは捉え難いことから、自賠責保険における後遺障害には該当しないものと判断します。」

Nliro調査事務所の第一次審査では、顧問医がチェックすることなく、爺さんが独自で認定していること、
JA共済では、原則として、頚椎捻挫は全件を非該当にすること、
顧問医、JA共済の職員からもたらされた内部情報です。

「画像上、経年性変化は認められるものの、本件事故による骨折等の器質的損傷は認めがたく?」
Nliro調査事務所は、自賠法別表に基づいて後遺障害を認定する準行政機関であるのです。

 

14級9号

局部に神経症状を残すもの、
目立った他覚的所見が認められないが、神経系統の障害が医学的に推定されるもの、画像所見は得られないが、自覚症状に一致した神経学的所見が認められるもの、

12級13号

局部に頑固な神経症状を残すもの、
他覚的検査により神経系統の障害が証明されるもの、
自覚症状に一致する画像所見と神経学的所見の両方が認められるもの、

 

そして、自賠法別表では、上記の認定基準を定めています。
であれば、経年性、外傷性を問題とすることが、越権行為であり、間違っているのです。
さらに、爺さんに、画像を読み込む能力はありません。
経年性の変性が事故受傷をきっかけとして発症したときは、損害賠償では、引き金理論として議論されており、これについて、東京地裁民事27部、交通事故専門部は、年齢相応の変性所見であれば、つまり、疾患と認定されない限り、素因減額の対象にならないと結論しています。
したがって、年齢変性でも、外傷性所見でも、自覚症状と画像所見が一致すれば、Nliro調査事務所は、12級13号を認定しなければならないのです。

「本件事故による骨折等の器質的損傷は認めがたく?」
そんなことは、否定の理由になりません。
なぜなら、初めから頚椎捻挫で後遺障害の申請をしているのであって、脱臼や骨折を主張していないからです。
なんかい読み直しても、不愉快でムカムカしますが、そこは冷静になって対策を考えなければなりません。

(1)提出した後遺障害診断書のチェック
,匹里茲Δ兵覚症状が認められるか、
⊆覚症状をXPやMRIの画像で証明できているか、
自覚症状を神経学的異常所見で説明できているか、
後遺障害認定の要件は、上記の3つのポイントです。

お手元の後遺障害診断書の写しを検証すれば、これでは、非該当もやむを得ないことが、判明するはずです。
では、治療先の主治医が悪いのか、それは間違った理解です。
医師は治療を担当しているのであって、「どう書けば、なんの検査をして立証しなければならないか、」
こんなことは知らないのです。
医師の仕事、使命は、後遺障害診断書の書き方を承知していなくても達成できるのです。
では、なにが悪かったのか、後遺障害の認定の仕組みを理解していなかったあなたの責任です。

この反省に立って、異議申立を構築しない限り、非該当は繰り返されます。
 

■2新しい医証の検討click!

■3異議申立書の作成click!

■4異議申立、申請に必要なものclick!

■5 Nliro調査事務所、自賠・共済紛争処理機構の選択click!

■6異議申立と時効click!

■7異議申立と各論click!

■8実際の成功例、異議申立の検証(1)申述書=最初の後遺障害申請で事故後の具体的な支障を説明したもの、click!

■(2)Nliro調査事務所の認定等級の誤りを正したもの、click!

■(3)カルテを取りつけて反論したもの、click!

■(4)専門医の診断書で反論したもの、click!

■コラム 異議申立のまとめclick!

■(5)Nliro調査事務所の間違いを厳しく指摘したもの、click!

■(6)RSDに対して、自賠責保険・共済紛争処理機構に対する申立を行ったもの、click!

■(7)7回目の異議申立を、自賠責保険・共済紛争処理機構に行い6級を獲得したもの、click!

■(8)Nliro調査事務所が否定した他覚的所見について反論を加えたもの、click!

■(9)ノーコメントと回答した医師の回答書に基づき等級が否定され、クレームを入れたもの、click!

■(10)6ヵ月を経過した後に、再度、異議申立を行い、等級を獲得したもの、click!

■(11)理学療法士の後遺障害被害者請求で添付した申述書、click!

■(12)膝関節の動揺性、click!

■(13)僧職の被害者に正座のできない後遺障害が残り、申述書を添付、現実の支障をクローズアップしたもの、click!

■(14) (13)と同じ被害者で、橈骨神経麻痺が無視されたこと、click!

■(15)専門医の診断書で反論したもの、click!

■(16)CPDにより正常産道が確保できないもの、click!

■(17)研修医+ヤブ、カルテの取りつけ、click!

■(18)高次脳機能障害、click!

■(19)右肩関節打撲、click!

■(20)耳鳴り・めまい・ふらつきと右肩の機能障害click!

■9最後に、異議申立からの撤退click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト