交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 支払基準 > 異議の申立
交通事故外傷と後遺障害


■1反省と検証click!

■2新しい医証の検討click!

■3異議申立書の作成click!

■4異議申立、申請に必要なものclick!

■5 Nliro調査事務所、自賠・共済紛争処理機構の選択click!

■6異議申立と時効click!

■7異議申立と各論click!

■8実際の成功例、異議申立の検証(1)申述書=最初の後遺障害申請で事故後の具体的な支障を説明したもの、click!

■(2)Nliro調査事務所の認定等級の誤りを正したもの、click!

■(3)カルテを取りつけて反論したもの、click!

■(4)専門医の診断書で反論したもの、click!

■コラム 異議申立のまとめclick!

■(5)Nliro調査事務所の間違いを厳しく指摘したもの、click!

■(6)RSDに対して、自賠責保険・共済紛争処理機構に対する申立を行ったもの、click!

■(7)7回目の異議申立を、自賠責保険・共済紛争処理機構に行い6級を獲得したもの、click!

■(8)Nliro調査事務所が否定した他覚的所見について反論を加えたもの、click!

■(9)ノーコメントと回答した医師の回答書に基づき等級が否定され、クレームを入れたもの、click!

■(10)6ヵ月を経過した後に、再度、異議申立を行い、等級を獲得したもの、click!

■(11)理学療法士の後遺障害被害者請求で添付した申述書、click!

■(12)膝関節の動揺性、click!

■(13)僧職の被害者に正座のできない後遺障害が残り、申述書を添付、現実の支障をクローズアップしたもの、click!

■(14) (13)と同じ被害者で、橈骨神経麻痺が無視されたこと、click!

■(15)専門医の診断書で反論したもの、click!

(16)CPDにより正常産道が確保できないもの、

後遺障害に関する異議申立

8実際の成功例、異議申立の検証

 

(16)CPDにより正常産道が確保できないもの、

 

 
平成○年○月○日
 
○○保険株式会社 御中
 

異議申立書

 
      申立人氏名  ○○ ○○
      住所  
      TEL  
 

貴社より回答のあった後遺障害の調査結果につき、下記のとおり異議の申立をいたします。

 
 

自賠責会社   ○○保険株式会社

証明書番号    
被害者名    ○○ ○○ 
事故発生月日 平成○年○月○日

添付資料  大阪府立○○病院 産婦人科の診療録

 

異議申立の主旨
本件については、左膝の神経症状で12級12号が認定されています。
しかし、もう一つの訴えである産道狭窄や骨盤骨の変形は否定されています。

この結果を持参して、大阪府立○○病院 産婦人科の○○医師に意見を伺いました。
○○先生は、私のカルテを取り寄せ、XP撮影で仙骨変形を認め、CPD=児頭骨盤不均衡の病名と診断、結果としてC/S=帝王切開術を選択したものとの説明がなされ、私は専門ではないが、自賠責の判断は間違っているとの指摘がなされました。
入院経過抄録の写しを添付して異議の申立をしなさいとの指示で、コピーを受け取りました。

出産は帝王切開の選択で、無事終了しましたが、事故以来、腰部痛は頑固に継続しており、現状でも改善が見られません。
○○先生の指示に従い、本件の後遺障害について異議の申立を行います。
ご面倒を掛けますが、再審査を宜しくお願い申し上げます。

 

以下余白



 

CPD、Continuing Professional Development、骨盤の広さに対して赤ちゃんの頭が大きいことを意味しています。
しかし、本件は、交通事故受傷による骨盤骨折と仙骨骨折を原因として、骨盤が狭くなっているのです。
正常産道が確保できていないことを立証した結果、11級10号が認定され、併合10級となりました。 

 

■(17)研修医+ヤブ、カルテの取りつけ、click!

■(18)高次脳機能障害、click!

■(19)右肩関節打撲、click!

■(20)耳鳴り・めまい・ふらつきと右肩の機能障害click!

■9最後に、異議申立からの撤退click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト