交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 支払基準 > 自賠責保険支払基準
交通事故外傷と後遺障害


■1覚えておくこと=理屈はあとからついてくる、自賠3法の立証責任click!

■2重過失減額自賠3法の立証責任click!

■3自賠法13条 保険金click!

4傷害部分の損害

自賠責保険支払基準

 

4傷害部分の損害
 

損害項目

損害額の認定

応急手当費

必要かつ妥当な実費

診察料

初診料、再診料、往診料で必要かつ妥当な実費

入院料

医師が必要を認め流以外は、原則として普通病室=大部屋で必要かつ妥当な実費、

投薬・手術・処置料

治療のために必要かつ妥当な実費、

通・転・入・退院費

通院・転院・入退院に必要な交通費として必要かつ妥当な実費、
自家用車は1km当たり15円

付添看護料

○入院看護料
12歳以下の子供に近親者等が付き添ったときは、4100円〜上限額1万9000円
○自宅看護料または通院看護料
職業付添看護を受けたときは、立証資料により必要かつ妥当な実費、
近親者等、2050円〜上限額1万9000円、

諸雑費

○入院1日、定額1100円、
○通院または自宅療養中の場合は、必要かつ妥当な実費、

柔道整復等の費用

免許を有する柔道整復師、指圧師、鍼師、灸師が行う施術費用で必要かつ妥当な実費、

義肢等の費用

必要かつ妥当な実費、但し、メガネ代は5万円を上限とする、

診断書等の費用

必要かつ妥当な実費、

文書料

必要かつ妥当な実費、

その他の費用

社会通念上、必要かつ妥当な実費、

休業損害

1日5700円〜上限額1万9000円、5700円以上は源泉徴収票による立証を要す、

慰謝料

治癒・症状固定の場合
総期間≧実治療日数×2の計算で求めた低い数字に4200円を掛ける、
中止の場合
総期間+7≧実治療日数×2の計算で求めた低い数字に4200円を掛ける、

 

 

■5慰謝料の計算方法click!

■6後遺障害部分の損害、後遺障害慰謝料+逸失利益click!

■7逸失利益と基礎収入click!

■8年齢別平均給与額click!

■9死亡による損害click!

■10自賠責保険の理屈、自動車損害賠償保障法の目的と運用=被害者救済click!

■11請求の形態click!

■12共同不法行為click!

■13異時共同不法行為click!

■14請求者への情報提供click!

■15自賠責保険と対人賠償保険の関係click!

■16自賠責保険の時効click!

■自賠責保険各論 1診療費click!

■自賠責保険各論 2治療関係費click!

■自賠責保険各論 3その他の費用=認定される損害click!

■自賠責保険各論 4その他の費用=認定されない損害click!

■自賠責保険各論 5消極損害、休業損害click!

■自賠責保険各論 6給与所得者の休業損害click!

■自賠責保険各論 7事業所得者の休業損害click!

■自賠責保険各論 8パートタイマー、アルバイト、日雇労働者の休業損害click!

■自賠責保険各論 9家事従事者の休業損害click!

■自賠責保険各論 10慰謝料click!

■自賠責保険各論 11その他の慰謝料click!

■自賠責保険各論 12死亡による損害click!

■自賠責保険各論 13死亡による逸失利益、逸失利益の計算click!

■自賠責保険各論 14有職者click!

■自賠責保険各論 15被害者が、幼児・児童・生徒・学生・家事従事者であったとき、click!

■自賠責保険各論 16その他働く意思と能力を有する者click!

■自賠責保険各論 18死亡本人の慰謝料click!

■自賠責保険各論 20損害額の算出方法click!

■自賠責保険各論 21遺族配分click!

■自賠責保険各論 22特殊事案の扱いclick!

■自賠責保険各論 23死亡に至るまでの傷害による損害click!

■自賠責保険各論 24後遺障害による損害click!

■自賠責保険各論 25逸失利益click!

■自賠責保険各論 26後遺障害慰謝料click!

■自賠責保険各論 27損害額の算出方法click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト