交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 支払基準 > 自賠責保険支払基準
交通事故外傷と後遺障害


■1覚えておくこと=理屈はあとからついてくる、自賠3法の立証責任click!

■2重過失減額自賠3法の立証責任click!

■3自賠法13条 保険金click!

■4傷害部分の損害click!

■5慰謝料の計算方法click!

■6後遺障害部分の損害、後遺障害慰謝料+逸失利益click!

■7逸失利益と基礎収入click!

■8年齢別平均給与額click!

■9死亡による損害click!

■10自賠責保険の理屈、自動車損害賠償保障法の目的と運用=被害者救済click!

■11請求の形態click!

■12共同不法行為click!

■13異時共同不法行為click!

■14請求者への情報提供click!

■15自賠責保険と対人賠償保険の関係click!

■16自賠責保険の時効click!

■自賠責保険各論 1診療費click!

■自賠責保険各論 2治療関係費click!

■自賠責保険各論 3その他の費用=認定される損害click!

自賠責保険各論 4その他の費用=認定されない損害

自賠責保険 各論

 

4その他の費用=認定されない損害

 

(1)出張先、旅行先で交通事故にあったときの帰宅旅費?

事故が発生しなくとも、必要となる費用ですから、認定されません。

 

 

しかし、傷害の状況から列車で帰る予定が飛行機を選択せざるを得なくなったときは、その運賃の差額が請求できるとされており、これは認定されます。

 

(2)治療のため帰郷する場合の経費

これは大学生が事故受傷後、帰郷して治療を受けるときの旅費のことです。
看護ができないとか、故郷の方が都会で治療に適しているときは、相当因果関係が有りとして認定されます。

 

(3)講習会や各種稽古事の費用

事故により受講できなくなった予備校の夏季講習会やお茶、お花の費用は損害としては認められません。

 

 

ただし、これは自賠責保険の見解です。
任意保険もガードは堅いのですが、あなたの交渉力次第です。

 

(4)医療器具の購入代

原則として認められません。
治療上必要で医師の証明がなされるものは、所長決裁で認めるとされていますが、該当するものがありません。
ポータブル人工呼吸器、レスピレーターの経験はありますが、国から無償で供与されました。

 

(5)着衣の損傷

物損の対象となります。
自賠責保険は、自賠法で定められた最低限の対人保険ですので、これは認められません。

 

 

 
 

■自賠責保険各論 5消極損害、休業損害click!

■自賠責保険各論 6給与所得者の休業損害click!

■自賠責保険各論 7事業所得者の休業損害click!

■自賠責保険各論 8パートタイマー、アルバイト、日雇労働者の休業損害click!

■自賠責保険各論 9家事従事者の休業損害click!

■自賠責保険各論 10慰謝料click!

■自賠責保険各論 11その他の慰謝料click!

■自賠責保険各論 12死亡による損害click!

■自賠責保険各論 13死亡による逸失利益、逸失利益の計算click!

■自賠責保険各論 14有職者click!

■自賠責保険各論 15被害者が、幼児・児童・生徒・学生・家事従事者であったとき、click!

■自賠責保険各論 16その他働く意思と能力を有する者click!

■自賠責保険各論 18死亡本人の慰謝料click!

■自賠責保険各論 20損害額の算出方法click!

■自賠責保険各論 21遺族配分click!

■自賠責保険各論 22特殊事案の扱いclick!

■自賠責保険各論 23死亡に至るまでの傷害による損害click!

■自賠責保険各論 24後遺障害による損害click!

■自賠責保険各論 25逸失利益click!

■自賠責保険各論 26後遺障害慰謝料click!

■自賠責保険各論 27損害額の算出方法click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト