交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 支払基準 > 自賠責保険支払基準
交通事故外傷と後遺障害


■1覚えておくこと=理屈はあとからついてくる、自賠3法の立証責任click!

■2重過失減額自賠3法の立証責任click!

■3自賠法13条 保険金click!

■4傷害部分の損害click!

■5慰謝料の計算方法click!

■6後遺障害部分の損害、後遺障害慰謝料+逸失利益click!

■7逸失利益と基礎収入click!

■8年齢別平均給与額click!

■9死亡による損害click!

■10自賠責保険の理屈、自動車損害賠償保障法の目的と運用=被害者救済click!

■11請求の形態click!

■12共同不法行為click!

■13異時共同不法行為click!

■14請求者への情報提供click!

■15自賠責保険と対人賠償保険の関係click!

■16自賠責保険の時効click!

■自賠責保険各論 1診療費click!

■自賠責保険各論 2治療関係費click!

■自賠責保険各論 3その他の費用=認定される損害click!

■自賠責保険各論 4その他の費用=認定されない損害click!

■自賠責保険各論 5消極損害、休業損害click!

■自賠責保険各論 6給与所得者の休業損害click!

■自賠責保険各論 7事業所得者の休業損害click!

■自賠責保険各論 8パートタイマー、アルバイト、日雇労働者の休業損害click!

■自賠責保険各論 9家事従事者の休業損害click!

自賠責保険各論 10慰謝料

自賠責保険 各論

 

10慰謝料
 

 

(1)慰謝料認定の基本、慰謝料の積算と対象日数

慰謝料とは、交通事故受傷による精神的・肉体的苦痛を金銭に評価したものです。
余談ですが、被災労働者を救済する労災保険にこの概念はありません。
また、任意保険支払基準・地方裁判所支払基準は、時間の経過と共に慰謝料の日額は逓減していきます。
例えば、任意保険の入院では、最初の3ヵ月までは日額8400円ですが、入院15ヵ月目となると日額1266円と逓減するのですが、ここでは自賠責保険支払基準を解説することになります。

自賠責保険では入院・通院の区別はありません。
さらに、日額が逓減することもなく、最初から最後まで一律4200円で計算がなされます。
基本となる計算式は、総治療期間≧実治療日数×2に4200円の単価を掛けて求めます。
つまり、治療開始日から完了日までの期間と、この間の入院を含む実治療日数を2倍したものとを比較し、
小さい数字に4200円を掛けて算出するのです。
ただし、この計算式が適用出来るのは、医師の治療と柔道整復師の施術に限られます。
あんま・マッサージ・指圧師・はり師・きゅう師の施術については、実治療日数が慰謝料の対象日数となります。

総治療期間とは事故日から最終治療日までのことです。
ただし、治療最終日が治癒見込、中止、転医、継続となっているときは、総治療期間に7日を加算して計算します。 
総治療期間+7日≧実治療日数×2となるのです。
また、検査のみを行ったときでも、当該検査日を実治療日数に含めて計算します。

余談ですが、自賠責保険の慰謝料は、入院、通院の区別はなく、総治療期間×単価で計算され、任意保険・
地方裁判所支払基準では、入院、通院の区別がなされ、受傷からの時間の経過で慰謝料は逓減していきます。
被害者によっては、この狭間で、自賠よりも低い慰謝料の提示がなされることがあります。
例えば通院6ヵ月では、
自賠責保険は、4200円×180日=75万6000円です。
任意保険では、逓減され、64万3000円となります。
被害者としては、なんとか自賠責の計算法で示談して欲しいと考えるのですが、しかし、治療費を含む総損害額が
120万円を突破しているときは、問答無用で任意保険支払基準が採用されます。 

 

損害費目

計算式と損害額

慰謝料

4200円×365日=153万3000円

主婦の休業損害

5700円×190回=108万3000円

通院交通費

220円×2×190回=8万3600円

治療費

57万円

合計

326万9600円

 

(2)治療期間の認定方法

治療期間とは、事故日から治療最終日までのことです。
7日加算の扱い
自賠責保険8号様式の診断書には、治癒、治癒見込、継続、転医、中止、死亡を記載する欄があります。
最終治療日の診断書に、治癒見込、継続、転医、中止と記載されている場合は、7日を加算します。
総期間+7日≧実治療日数×2で求められた小さい日数に4200円を掛けて傷害慰謝料を求めます。
治療期間7日間で、実治療日数が4日の場合、
従来の計算式では、7≧4×2、4200円×7日間=2万9400円、
7日を加算した場合は、7+7≧4×2、4200円×8日間=3万3600円でチョッピリですが増えます。
治療が柔道整復師の場合も、同じく適用されますが、鍼灸師、マッサージは加算されません。
こんなこと、全く憶える必要がありません。

検査の扱い
検査のみを行ったときも、当該検査日を実治療日数に含めます。

J数の医療機関等で治療を受けた場合の治療期間
東海病院で3/1〜3/30の間に実通院日数20日
MS鍼灸院で3/31〜4/29の間に実通院日数10日のケースは、
(20日×2)+10日=50日<30日+30日=60日となり、慰謝料の対象日数は50日となります。
つまり、全ての医療機関の治療や施術を通算して治療期間を積算します。

 

(3)特別な場合の慰謝料対象日数の算定

.プス装着期間

 

 

Q 長管骨及び脊柱の骨折・変形等でギプスを装着しているとき?
長管骨に接続する三大関節部分の骨折・変形等で長管骨を含めギプスを装着しているとき?
体幹ギプスを装用しているとき?

A 長管骨とは、上肢で上腕骨・橈骨・尺骨、下肢で大腿骨・脛骨・腓骨のこと、3大関節とは、
上肢では、肩、肘、手関節、肩甲骨・鎖骨・手根骨部分、下肢では、股、膝、
足関節で、腸骨・恥骨・坐骨・膝蓋骨・距骨・踵骨・足根骨部分のこと、
体幹ギプスとは、肋骨・胸骨を一体として装着するもののことです。
上記の3つに該当するギプス固定期間は、実治療日数として算定されます。
ギブスシーネ、ギブスシャーレ、シーネ固定は、ギプス装着と認められますが、頚椎を固定するポリネックやコルセット、
鎖骨を固定するクラビクルバンド、肋骨を固定するバストバンド、サポーターはギブス固定とは判断されず、
慰謝料の対象日数から除外されます。
さらに、脱臼、捻挫によるギプス装着や、上記の´↓0奮阿離プス装着の取扱いは、日常生活への影響の程度を勘案し、
実態に応じて個々に判断するとされています。
ギプスシーネとはギプスを半分にカットした皿の部分で固定している状態、ギプスシャーレとは、皿とふたの部分に
カットされており、治療やマッサージのときにふたを外します。 シーネとは、副木のことです。

▲プス装着期間と入通院日が重複するとき、
入通院日数とギプス装着期間とは、重複して対象日数とはしません。

D民‘が重複するとき、
医療機関に入通院中に歯科の治療を受ける、柔道整復師の施術を受けるときで、通院日が重複した日は
実治療日数1日として計算されます。

け診の取扱い
通院と同様の扱いがなされ、通院実日数に加算されます。

ゼ宅看護
滅多にありませんが、医師の指示により、入院介護に代えて自宅看護を行ったときは、当該看護日数を入院による
実治療日数と同様に取り扱います。 
このケースでは、医師の証明書が必要となります。

 
 
 

■自賠責保険各論 11その他の慰謝料click!

■自賠責保険各論 12死亡による損害click!

■自賠責保険各論 13死亡による逸失利益、逸失利益の計算click!

■自賠責保険各論 14有職者click!

■自賠責保険各論 15被害者が、幼児・児童・生徒・学生・家事従事者であったとき、click!

■自賠責保険各論 16その他働く意思と能力を有する者click!

■自賠責保険各論 18死亡本人の慰謝料click!

■自賠責保険各論 20損害額の算出方法click!

■自賠責保険各論 21遺族配分click!

■自賠責保険各論 22特殊事案の扱いclick!

■自賠責保険各論 23死亡に至るまでの傷害による損害click!

■自賠責保険各論 24後遺障害による損害click!

■自賠責保険各論 25逸失利益click!

■自賠責保険各論 26後遺障害慰謝料click!

■自賠責保険各論 27損害額の算出方法click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト