交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 支払基準 > 自賠責保険支払基準
交通事故外傷と後遺障害


■1覚えておくこと=理屈はあとからついてくる、自賠3法の立証責任click!

■2重過失減額自賠3法の立証責任click!

■3自賠法13条 保険金click!

■4傷害部分の損害click!

■5慰謝料の計算方法click!

■6後遺障害部分の損害、後遺障害慰謝料+逸失利益click!

■7逸失利益と基礎収入click!

■8年齢別平均給与額click!

■9死亡による損害click!

■10自賠責保険の理屈、自動車損害賠償保障法の目的と運用=被害者救済click!

■11請求の形態click!

■12共同不法行為click!

■13異時共同不法行為click!

■14請求者への情報提供click!

■15自賠責保険と対人賠償保険の関係click!

■16自賠責保険の時効click!

■自賠責保険各論 1診療費click!

■自賠責保険各論 2治療関係費click!

■自賠責保険各論 3その他の費用=認定される損害click!

■自賠責保険各論 4その他の費用=認定されない損害click!

■自賠責保険各論 5消極損害、休業損害click!

■自賠責保険各論 6給与所得者の休業損害click!

■自賠責保険各論 7事業所得者の休業損害click!

■自賠責保険各論 8パートタイマー、アルバイト、日雇労働者の休業損害click!

■自賠責保険各論 9家事従事者の休業損害click!

■自賠責保険各論 10慰謝料click!

■自賠責保険各論 11その他の慰謝料click!

■自賠責保険各論 12死亡による損害click!

■自賠責保険各論 13死亡による逸失利益、逸失利益の計算click!

自賠責保険各論 14有職者

自賠責保険 各論

 

14有職者

 

(年間収入額または年相当額のいずれか高い額−生活費)×就労可能年数ライプニッツ係数
計算後の端数は千円以上を切り上げて万円単位とします。 
さらに、年間収入額を採用して逸失利益を算出するときは、所得税控除前の所得金額に基づいて計算します。

 

(1)年間収入額と年相当額

原則として、事故前1年間の実際の収入額と死亡時の年令に対応する年令別平均給与額の年相当額を比較して、
いずれか高い額を収入額とします。
ただし、年間収入額が年令別平均給与額の年相当額を大きく下回るときは、果たして有職者であったのかの疑義が
生じることになり、このときは、照会や調査が行われます。

“鏗下圓了猖柑の年令が35歳未満で収入額の立証が可能な者
実際の収入額、全年令平均給与額の1年分、年令別平均給与額の1年分を比較し、最も高い額を収入額とします。
自賠責にしては大英断ですが、シッカリと仕掛けが講じられています。
自賠責の使用する平均給与額なるものは、平成12年度の賃金センサスをベースに、その後の賃金動向を反映して
0.999倍したものと説明されています。なにも、そんな面倒なことをしなくても、厚生労働省政策調査部は毎年、
金センサスを編纂、 発表しています。当然に、地方裁判所もこれを採用しています。
年令別平均給与額と毎年発行される賃金センサスとは、似て非なるもので、実は露骨な差が生じています。 
任意保険も、賃金センサスではなく、低い方の年令別平均給与額を採用しています。
死亡事案は、被害者請求で自賠認定額を獲得、保険屋さんとは協議しないで、直ちに訴訟提起することが常識となっています。

余談ですが、最近、保険屋さんはローカル地域では、都道府県別全年令平均給与額を使用しています。
この場合、東京であれば月額48万9000円となりますが、岩手県では33万3200円となるのです。

 

 

全国計は、41万5400円ですが、北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨木・栃木・群馬・埼玉・新潟・富山・石川・福井・長野・岐阜・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄の46都道府県中、36道県が平均を下回っているのです。
保険屋さんが嫌われる理由は、東京では48万9000円の都道府県別を使用せずに、全国平均の41万5400円を提示し、沖縄では逆に41万5400円の全国平均を無視して32万4900円の都道府県別を提示しているのです。
なんとも言えない、唾棄すべき汚さです。

 
 

∋故前1年間の収入額を立証することが困難な者
35歳未満では、全年令平均給与額と年令別平均給与額を比較し、高い金額を採用します。
35歳以上であれば、年令別平均給与額を採用します。

D蠻退職者を除く退職後1年を経過していない失業者

 
 

事故前1年以内に失業や退職をした者で、非自発的に廃業した事業所得者を含みます。
さらに、早期退職者または退職優遇制度等の適用を受けて退職した者で、その後職業に就く意思があり、雇用保険の求職者給付を受けている者を含みます。
これに対して定年退職者とは、定年により退職した者、または早期退職者、退職優遇制度等の適用を受けて退職した者であって、その後、職業に就く意思が無く、雇用保険の求職者給付を受けていない者を言います。
有職者として取扱いがなされ、収入額は、退職前1年間の収入額が採用されます。

 

(2)有職者の認定方法

 

有職者とは、事故以前より職業を有していたこと、稼動の対価として収入を得ていることが要件となります。 
下記の確認がなされます。
“鏗下圓凌Χ箸陵無
給与所得者については、会社・雇用主から在職証明を取り付けること、
商工業・自由業者等は、市町村の所得証明、同業者組合等の職業証明を取り付けること、
資料の信憑性に疑義があるときは、さらに調査を持続するとして、特に高齢者の職業証明書には、注意すると記載されています。

高齢の農業従事者については、被害者名義で作成された所得証明書を取り付け、被害者自身の農業所得額が確認されたときに限って有職者として認定がなされます。
有職者、無職者の認定は被害者の死亡した時点で判断がなされます。

 
 

事故当時、有職であった被害者が事故により欠勤が続き解雇されたケース、自営業を営む被害者が、事故により経営が困難となり廃業し、死亡時に無職となったケースは有職者として取扱いがなされます。 
事故時、有職であった被害者が、死亡時までに定年退職となり、死亡時に無職となったときは、その他働く意思と能力を有する者の扱いで認定がされます。

 

■自賠責保険各論 15被害者が、幼児・児童・生徒・学生・家事従事者であったとき、click!

■自賠責保険各論 16その他働く意思と能力を有する者click!

■自賠責保険各論 18死亡本人の慰謝料click!

■自賠責保険各論 20損害額の算出方法click!

■自賠責保険各論 21遺族配分click!

■自賠責保険各論 22特殊事案の扱いclick!

■自賠責保険各論 23死亡に至るまでの傷害による損害click!

■自賠責保険各論 24後遺障害による損害click!

■自賠責保険各論 25逸失利益click!

■自賠責保険各論 26後遺障害慰謝料click!

■自賠責保険各論 27損害額の算出方法click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト